2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

三幻魔の1体で自分の表側表示の罠カード3枚を墓地に送った場合のみに特殊召喚できる。

OCG版

特殊召喚・効果モンスター
星10/炎属性/炎族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの表側表示の罠カード3枚を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は、自分の墓地の永続罠カードの数×1000アップする。
(2):1ターンに1度、相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。セットされたそのカードを破壊する。この効果の発動に対して魔法・罠カードは発動できない。

解説

攻撃力は墓地の永続罠の数×1000ポイントになるため、デッキの半分以上を永続罠にしライトロード名推理等で墓地肥やしのギミックを加えると攻撃力が10000を超えることも珍しくない。
またセット魔法・罠カードにチェーンされない魔法・罠カード破壊効果を持っているため安全に攻撃を通すことが可能。
マスタールール2への移行で奈落の落とし穴等は防げなくなったが三幻魔ではもっとも専用デッキの組みがいのあるモンスターである。

なお、その「三幻魔ではもっとも専用デッキの組みがいのあるモンスター」という点が注目されてか、舞台がGXから5D'sの世界へと移ったタッグフォース4以降においても専用構築された【神炎皇ウリア】使いが登場するため、他の神クラスのカードの中でゲーム中においては最も戦うことの多い相手でもあった。
しかも、その【神炎皇ウリア】使いが何か特別な力の持ち主だとかでもないただの幼女であることも注目された。

後に専用カードとして「ハイパーブレイズ」が登場。
罠カードの弱点である「セットしたターンは発動できない」のためウリアを出すためにかかっていた時間を「裏側表示の罠カードを墓地へ送る事もできる」ことで短縮できる。
またウリアの攻撃宣言時に手札・デッキから罠カードを送りつつ、そのターン中、ウリアの攻撃力をフィールドと墓地の永続以外も含めた全ての罠カードの数×1000ポイントにするという攻撃力変動効果や、1ターンに1度手札1枚をコストに墓地の三幻魔を手札に加えるか召喚条件を無視して特殊召喚する効果と非常に強力。
OCG化の際に無くなってしまった後述のアニメ効果の一部を再現したものであり、よりアニメ版に近い使い方ができるようになった。

アニメ版

効果モンスター
星10/炎属性/炎族/攻 0/守 0
自分フィールド上の罠カード3枚を
墓地に送った場合に特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度だけ、相手フィールド上にセットされている
罠カード1枚を破壊する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
罠の効果を受けず、魔法・効果モンスターの効果は
発動ターンのみ有効となる。
このカードの攻撃力・守備力は自分の墓地の罠カード1枚につき
1000ポイントアップする。
このカードが墓地に存在する時、手札の罠カードを墓地に送ることで、
墓地のこのカードを特殊召喚することができる。
このターン、自分フィールド上に他のモンスターが存在する場合、
このカードは攻撃をすることができない。

解説

アニメでは召喚条件はセットされた罠カード3枚を生贄に捧げることであり、墓地の永続罠カード以外の罠カードも含め、その数に比例して攻撃力が上がる効果。
また、相手によって破壊された場合、自分のスタンバイフェイズに手札の罠カードを墓地に送ることで墓地から特殊召喚できる効果をもっていた。
ただし、この効果で特殊召喚したこのカードは、このカード以外のモンスターが自分フィールド上に存在する場合そのターン攻撃できなかった。
OCGに比べ罠をセットしたターンに特殊召喚でき攻撃力上昇効果も使いやすく蘇生効果も持っているため非常に強力。
三幻魔の中で最初に召喚されたのにもかかわらず最後までフィールド上に残っていたモンスターである。

関連タグ

遊戯王OCG 遊戯王GX 三幻魔 オシリスの天空竜 安田宇里亜

関連記事

親記事

三幻魔 さんげんま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123418

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました