ピクシブ百科事典

美雪ケイ

みゆきけい

漫画『ウルトラ超伝説』にのみ登場するアンドロフロルの人間態としての姿。

概要

漫画『ウルトラ超伝説』にのみ登場するアンドロフロル地球上での仮の姿
ちなみにマルスウルフも人間態としての姿が登場しているが、明確な名前が判明しているのは彼女だけだったりする。

ボブカットの髪型が特徴的な美しい女性で、初登場となる第2部ではテニスウェア姿で密かに活動していた模様。コスモテクターが隠されていた南極の地下神殿では王族に相応しい豪奢なドレスとティアラという正装姿を披露している。

なお、身体能力は地球人よりも遥かに高く、ギナが地球の警備とグア軍団の調査をしていたウルトラ戦士十数名を抹殺する現場を目撃した際は一瞬の隙をついてギナの前から消えて高いフェンスを一飛びで乗り越えて失せる等の芸当をやってのけていた。
また、マルスからは片思いを寄せられている節がある。

ウルトラの星の過去を舞台にした第4部(ただしパラレルワールド)では地球からウルトラの星へ向かう親善大使たちが乗り込んでいた宇宙船アース号の搭乗員として登場しており、ウルトラの星への侵略を目論むボア軍団が開発した“BH砲”の実験の影響で発生した時空の歪を通じてプロメテウストランと邂逅し、そこでウルトラ兄弟達やこれまでの経緯を含むアース号の記憶を残した張本人である事やウルトラの星の起源と存亡の危機を伝え得ていた。

如何やら描写からウルトラタワーの建造にも携わっているようだが、その事から彼女こそが後々のウルトラの星の始祖となった地球人だったのか、それとも未来から過去へと渡りウルトラの星の誕生に関わった存在なのかという何方とも取れる表現であったのだが、結局その謎については明かされる事無く物語が終了してしまった為、詳細については不明のままとなっている。

関連項目

アンドロフロル ウルトラ超伝説

関連記事

親記事

アンドロフロル あんどろふろる

コメント