ピクシブ百科事典

臼砲

きゅうほう

大砲の一種。かつては投石器の一種であり、大砲の分類の中では最も古いもののひとつ。
目次[非表示]

名前の由来

英語ではMortar(モルタル)と呼ばれている、本来の意味は乳鉢の意味だが、極端に肉厚で短い砲身である見た目が臼に似ることから同種の砲がMortarと呼ばれ、訳されて臼砲となった。

歴史

中世時代、中国から火薬が伝わると、これを使った新しいタイプの投石器として射石砲が発明された。
この頃の大砲は、名前通り石を砲弾として使用し、後に鉄球に進化しても基本的には実体弾であり、要塞や城の城壁を破壊するのには向いていたが対歩兵戦闘には当然ながら不向きだった。
また、当時の大砲は戦場で鋳造するある種のオーダーメイド兵器であり、当然移動できないが、上記の通り、対歩兵戦闘が中心となる野戦ではそもそも需要が無い為特に問題ではなかった。

やがて榴弾が発明されると、大砲はあらゆる戦場は花形となった。当然臼砲も例外ではなくヨーロッパ各国でもてはやされた。
当時臼砲は戦場で使用される火砲の中で最も大口径であり強力な兵器であった。短砲身ゆえ命中精度や射程距離に難はあるが、砲身が短いと言う事は大口径でも重量が削減できると言う事であり、運搬手段が馬か人間以外なかった当時としては重要な点であった。寧ろ当時は鉄砲の射程距離も大して長くなかったので欠点としてとらえられること事態が稀である。

また、この頃の臼砲はその製造法も鋳造と簡易なモノであり、金属を溶かし、それを型に流し込む技術と設備があれば特別な技術を必要としなかった。
逆に高性能砲であるカノン砲は旋盤による掘削を必要とし高度な技術を必要とした。また、材料にも上質な鋼鉄を必要とするため高額であり、十分な数をそろえることができ無かった。
そのため臼砲は高性能砲を補う低性能砲と言う形で運用されてきた。

近代以降

近代に入ってからも、臼砲の扱いは基本的には変わらなかったが一部の新興国、特に明治期の日本では重要な戦力となった。当時の日本の冶金技術ではカノン砲に求められる上質な鉄を生産することができず、製造ラインが確立されても材料は輸入に頼っていた。そのため低質な鉄やともすれば青銅でも生産できる臼砲は重要な戦力として重宝された。

第一次大戦が勃発するとより軽量で利便性の高いグレネードランチャー迫撃砲が戦闘の主体となり、臼砲の役目は分厚いコンクリートで防御された要塞や防御陣地を打ち砕く事に主眼が置かれるようになる。
曲射砲の中でも大仰角(概ね45°)で発射する臼砲の弾道は、文字通り真上からの砲撃であり、最も弱い部分を破壊できる。

しかし考えようによっては単に中世に戻っただけの事であり、他の火砲に比べても汎用性が劣る上に、冶金技術が発展すると、射程距離が長く軽量な榴弾砲カノン砲が登場し始めた。
さらに、近代以降の臼砲は祖の機構ゆえ製造法なども榴弾砲などと同じになり、射程不足を補うため長砲身化した結果見た目にも変化がなくなってしまった。
第二次大戦以降は陸・海・空のミサイルが主流となり、臼砲の最後の存在意義であるコンクリート要塞の破棄も航空機で代替できるようになった(寧ろ頭上からの攻撃は航空機の得意分野であり、命中精度や射程に関しては比べるまでもない)。
こうして価値を失った臼砲は400年余りの長い歴史に幕を下ろした。

世界最大の大砲

臼砲の特徴は大口径・短砲身であり、普通の大砲ではまず見ないような大口径砲が多数ある。有名どころでは、第二次大戦でドイツが製造した60㎝カール自走臼砲であるが、実はこれよりも大口径の大砲がある。
クリミア戦争のセヴァストポリ要塞の戦いの為に製造されたマレット臼砲がそれである。口径は何と36インチ(約914㎜)と、口径だけで言えばすべての火砲の中で最大であり(80㎝列車砲よりもでかい)、現在もこの記録は破られていない(いまさら破る奴はいないだろうが…)。因みに英国製
因みに、同じく36インチの砲口径を持つ火砲としては米軍の迫撃砲リトル・デーヴィットがある。超重戦車マウスと言い、欧米人のネーミングセンスを疑いたくなる。

臼砲艦

臼砲は海戦でも活躍した。ケッチと呼ばれる小型の帆船に臼砲を1~2門程度載せ、その大威力で艦砲射撃を行うための艦である。
その威力からボム・ケッチ、爆弾ケッチなどとも呼ばれ、艦名は伝統的に火山や爆発を示唆する単語が用いられた。
また、臼砲の発射に耐える為に頑丈な船体構造を持っており、それを利用して極地探検に用いられたモノも有る。

関連タグ

大砲
迫撃砲(英語名が同じMortarである。)

pixivに投稿された作品 pixivで「臼砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8882

コメント