ピクシブ百科事典

葉中のどか

はなかのどか

ゲーム「逆転裁判2」の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:笹本菜津枝(テレビアニメ版)

逆転裁判2』第2話の登場人物。21歳。
大学で超心理学(超常現象やオカルト)を研究している女性で、被害者の霧崎哲郎綾里真宵と彼女の故郷である倉院の里を紹介した人物。
のんびりとた口調で喋るマイペースな性格で、どこかズレた発言が多い。
ちなみに蕎麦アレルギー持ち。

名前の由来は「鼻か、喉か」

関連イラスト

鼻か喉か鼻か耳



関連タグ

逆転裁判2
逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
霧崎哲郎 葉中未実
成歩堂龍一 綾里真宵 綾里キミ子 堀田院長















ネタバレ























霧崎哲郎を殺害した真犯人であり、その正体は一年前に死亡したのどかの姉・葉中未実である。
当時は看護師として霧崎の病院で働いていたのだが、職場環境はかなり非人道的で、いつ看護師たちの過労による医療事故が起こってもおかしくない状態だったようである。
そして一年前、遂に恐れていた事態が起こってしまい、未実は投薬ミスで14人もの患者を死なせてしまったばかりか、その数日後に交通事故を起こして妹ののどかまで死なせてしまう。
この事故で顔に大火傷を負っていた未実は、病院で顔を復元する整形手術を受ける際に妹の写真を提出することで妹の顔と人生を手に入れた。

事故から一年後、のどかとして過ごしていた未実は、霧崎から「事故死した未実を霊媒して念書を書かせたい」という相談を持ち掛けられる。霊媒をされたら自分が生きていることがバレてしまうため、未実は真宵の伯母のキミ子に協力してもらい、霊媒中に霧崎を殺害して真宵に罪を被せる計画を実行する(キミ子は自分の娘の春美を倉院流霊媒道の次期家元にするために前々から真宵を排除しようとしており、未実と利害が一致していた)。
霧崎の殺害には成功したが、真宵の弁護を行った成歩堂龍一に法廷で犯行と正体を暴かれ、全てを認めた。

なお、未実は妹ののどかと違ってオカルトの類が嫌いである。

pixivに投稿された作品 pixivで「葉中のどか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8527

コメント