ピクシブ百科事典

超高校級の人狼

ちょうこうこうきゅうのじんろう

『超高校級の人狼』とは発売元アルジャーノンプロダクトで製作された、カードを使用したTRPGである
目次[非表示]

シロとクロに分かれての、騙し合い、化かし合い、腹の探り合いでゲームは進行する。
紛れ込んだ殺人者「クロ」を暴き出し、見事「学級裁判」で処刑せよ!

超高校級の概要

『超高校級の人狼』とは、製作協力アークライト、発売元アルジャーノンプロダクトで製作された、カードを使用したテーブルゲームである。
2013年10月26日発売。さらに、拡張用の新カードセット『超高校級の人狼 MANIAX』が2014年11月28日発売。

人気のテーブルゲーム『汝は人狼なりや?』を基盤に、『ダンガンロンパ』シリーズの世界観を当てはめた、推理殺人の世界。
しかし大きく違うところは、キャラクター毎に得られる能力と、アイテムの存在
コレによって無能力であった村人でもさまざまな抑止力を持つ事が出来る。

※『超高校級の人狼』は、ゲーム内容の一部にゲーム『ダンガンロンパ』『スーパーダンガンロンパ2』のネタバレを含みます。

超高校級のルール説明

以下、人狼のルールがベースとなっているので、そちらのルールをある程度知っている前提で説明する。
基本的な進行は通常の「人狼」と同じだが、重要な変更点も多い。
アイテムや各キャラクターの能力といった新要素もそうだが、各役職に関するルールがどの役職についても異なる。

  • 1日目から、クロは1名を選んで襲撃する事ができる。この初日襲撃では、アイテムを1枚失うだけで死亡はしない。
  • 能力・アイテムの効果で襲撃が防がれ殺害が起こらなかった場合、その日投票による処刑は行わない。
  • モノミによる護衛で襲撃が防がれた場合は、殺害カウントが進む(襲撃された者の代わりにモノミが死亡するため)ので処刑は行われる。

超高校級の役職

希望陣営

シロ通常の人狼でいう「村人」。特殊な能力を持たず、議論参加して投票絶望サイドを追い詰めるのが主要な役割となる。だが、このゲームではアイテムやキャラ能力が使えるためできる事も多く、活かせばいわゆる役職持ち以上の活躍もある。
アルターエゴ通常の人狼でいう「占い師」。夜の間に生存者1人を占い、そのプレイヤーが「希望」陣営か「絶望」陣営かを調べられる重要な役職。通常の人狼と大きく異なる点は、死ぬとロール公開、「アルターエゴの死亡」が全員に通知される事。
モノミ通常の人狼でいう「狩人」。夜の間にプレイヤー1人をクロの襲撃から護衛できる。護衛対象は襲撃されても死なない。通常の人狼との最大の違いは、護衛すると自分は「爆死」として死んでしまう。爆死した場合は「爆死した」と明示されるため、襲撃による死亡とは明確に区別できる。他の大きな違いとして占われた場合に「絶望」判定になってしまう事がある。なお、プレイヤー数6人以下の場合は登場せず、代わりに護衛能力のない「絶望病患者」が登場
未来機関拡張版「MANIAX」で追加された、希望サイド役職。死亡した場合、自身のロールを公開した上で任意の3人にアイテムを1枚引かせる事ができる。クロの襲撃で死ねば、自身の真を確定させた上で残存側にアイテムの補充もできる。通常の人狼でいう「猫又」のようなトラップ的役割に加え、条件は「死亡」なので処刑でも発動する。場合によっては自らCO(名乗り出る)するなどして、自分から処刑される戦術も可能。


絶望陣営

クロ通常の人狼でいう「人狼」。夜の間にプレイヤー1人を殺害できる。このゲームではクロは必ず1人しかいないので、クロが処刑されればその時点で希望陣営の勝利である。なお、通常の人狼と異なり、殺害対象にクロである自分自身を選べる。能力等で殺害を免れる事によって、自作自演による信頼獲得も可能。
裏切者通常の人狼でいう「狂信者」。ゲーム開始時点でクロが誰なのかを知らされており、殺害能力は持たないが仲間で、クロの勝利が裏切者にとっての勝利。このゲームの裏切者は、他の裏切者が誰なのかという事もゲーム開始時に知る事ができるが、クロからは裏切者が誰なのか分からないので、間違って殺害されないようにする必要がある。通常の人狼と違い、アルターエゴに占われた場合はクロと同じ「絶望」判定となる。『MANIAX』では、プレイヤー数6人以下用に自身が死ぬと敗北の条件が加わった「ザコケモノ」が追加
絶望の残党拡張版MANIAX]で追加された、絶望サイドの新役職。自身が生きている限り、クロに対する占い判定を「希望」判定に変えてしまう能力を持つ。アルターエゴの占いだけでなく、希望・絶望の判定を行うもの全てに適用されるため非常に厄介である。強力な役職だが、 通常の人狼でいう「妖狐」のように、アルターエゴに占われると死んでしまう


超高校級の絶望陣営

超高校級の絶望通常の人狼でいう「妖狐」……なのだが、その実態は大きく異なる。シロ・クロのどちらにも属さない第三勢力というのは同じだが、最大の特徴はその勝利条件にある。超高校級の絶望の勝利条件は、「投票によって処刑される」事である。クロや裏切者にとっては、その存在を盾に安易な処刑を免れる事のできる貴重な存在でもある。通常の人狼とは異なり、クロに襲撃された場合はそのまま死ぬ。占いの判定は、誰かが死ぬまでは「希望」判定、誰かが死んだ後は「絶望」判定である。プレイヤー数6人以下の場合は登場しない。


能力・カードなど

全てのプレイヤーは、ゲーム開始時に『ダンガンロンパ』のいずれかのキャラクターとなる。
(自分のキャラを決めてもいいし、ランダムでキャラクターカードを配ってもいい)
キャラクターにはそれぞれ「性別」と「能力(いわば才能)」が設定されており、特に「能力」は役職の能力に匹敵する強力な効果を持つ。
例えば苗木誠は、「3日目の朝時間まで、自身へのクロの襲撃を無効にする事ができる」能力を持っている。

また、ゲーム開始時に、それぞれのプレイヤーには「アイテムカード」が各2枚配られる。
アイテムは全49枚、19種類。配られた際には、1度だけカードの引き直し(マリガン)が可能。
アイテムを3枚以上持つことはできず、ゲーム中何らかの要因で3枚以上になった場合は2枚になるよう捨てる。
襲撃でプレイヤーが死ぬ際、両隣のプレイヤーがアイテムを1枚渡す事が可能。
こちらも効果は強力であり、効果の使用がゲームを大きく左右する。
例えば希望のカケラは、「持ち主がクロの襲撃を受けたとき、それを無効にする事ができる。」効果を持つ。

関連動画リスト

  1. 超高校級の人狼

動画のリストです。

  1. 【超高校級の人狼】Chapter1-1

関連タグ

ダンガンロンパ ダンガンロンパ人狼
希望ヶ峰学園卓ゲ部 汝は人狼なりや?

外部リンク

ダンガンロンパ 1・2 超高校級の人狼特設サイト

人狼系なりきり推理ゲーム ダンガンロンパ人狼(アマゾン)

人狼系なりきり推理ゲーム ダンガンロンパ人狼MANIAX (拡張版)(アマゾン)

コメント