ピクシブ百科事典

選択的夫婦別姓

せんたくてきふうふべっせい

選択的夫婦別姓は法律上のシステムであり、別姓と同姓を選択できるシステムである。
目次[非表示]

概要

このシステム婚姻の際、両者のを同じものにするか、あるいは結婚前の二人の姓をそのまま使うかということを選択できるというシステムであり、通常このシステムは法律により決められている。

諸外国

諸外国においては「法律において規定が存在する」「法律において認められていない、具体的には姓の変更を認めない」「法律で特に定められていない」場合が存在し、国の内部でもルールが異なる場合もあり、男女間の差異も存在していると思われる。

日本

日本国の場合、日本人同士の結婚においてはどちらかの( 日本の場合姓は失われている )に統一されることが民法において定められており、現状では「法律により苗字が統一することが定められている」唯一の国( 過去においてはいくつかこの制度が取られた国が存在したが、違憲等の理由により廃止された )となっている。

問題点等

日本のシステムに関しては明治時代に定められたものであり、、そしての旧来の考え方に基づく決定であったと思われ、そのため近年においては「世界の事情に合わない」などの意見が存在しているものの、逆に「伝統家族の絆が失われる」との意見も存在する。

民法改正

これらの意見のため民法を改正し日本でも同様のシステムにしようという話も存在するが、特にこれは野党が熱心であるため、国会にて審議されることは少なく、また旧姓を通称として使用できるするという意見もあるものの通名の問題もあり難しいとされ、もし改正された際の運用に関してもそれまでのシステムの変更になりさらに煩雑となることが分かっているため、政府の腰は重い。

関連項目

夫婦別姓 結婚 法律 民法

参照

wikipedia夫婦別姓

コメント