ピクシブ百科事典

量子コンピューター

りょうしこんぴゅーたー

量子コンピューターとは量子の性質を利用して並列性を実現するとされる超すごいコンピューター。

概要

量子の重ね合わせやもつれを利用して、従来のコンピューター(以下古典コンピューター)の1億倍以上の処理速度が実現されると言われているコンピューター。
基本的なアイデアが発表されたのは1980年代だが、現在でもまだ研究途上の段階にある技術。
フィクションでも度々使用されている技術である。

古典コンピューターは0と1を使用した2進数で計算を行うが、量子コンピューターは0と1が重なり合った(つまりどちらでもある)状態にある量子ビットで計算を行うので、従来のスーパーコンピューターよりも早く、短い手順で計算が可能となる。
また計算が複雑化すればその計算スピードも加速していくので、自然数の素因数分解も時間をかけずに行うことができる。
現在の暗号化技術はこの「素因数分解には時間がかかる」という点を暗号が説かれないことの根拠にしているので、量子コンピューターが実現すれば、現在のインターネットのセキュリティが裸同然になってしまうという危険性がある。
一方、量子コンピューターは量子テレポーテーションの原理を使えば絶対に解けない(盗聴や攻撃を受けた際に必ず感知出来る)量子暗号通信も行う事が出来るとされ、この研究も同様に行われている。

現状、量子コンピューターは電子によるノイズ干渉に弱く、これをシャットアウトするために絶対零度近くにまで冷却する必要があり、筐体の大半は量子ビットを冷やすための冷凍庫となっている。そのため、常温での量子演算は研究課題の一つとして取り上げられている。
また、重ね合わせが壊れる量子デコヒーレンスなど、実現に向けた壁も複数存在するのも事実である。

pixivに投稿された作品 pixivで「量子コンピューター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント