ピクシブ百科事典

金柑

きんかん

柑橘類の一種。 低木に飴玉ほどの小さな実をたくさん付ける。 そのままでは苦みや酸味が強いため、蜂蜜や砂糖に漬けて食する。
目次[非表示]

金柑【きんかん】とは、柑橘類の一種である。

概説

ムクロジ目ミカン科キンカン属の植物
常緑低木で、秋から冬にかけて一口大ほどの小さな実を付ける。

原産は中国で、英名の「カムクヮト【Kumquat/Cumquat】」は、「金柑」の広東語読みに由来する。

日本には江戸時代後期に、中国からの難破船が静岡県清水港に漂着し、それを救った礼として「金柑の砂糖漬け」が贈られ、試しにその金柑の種を蒔いてみたところ発芽し、その成木が全国に広まったとされている。
産地は宮崎県がトップで、年間出荷量の1/3前後を占めている。

実が小さいため、丸ごと、もしくは皮だけを食する。
実の酸味と皮の苦みが強いため、多くは蜂蜜砂糖に漬けたり、甘露煮にして食する。
生薬としては喉の薬として知られ、現在ではのど飴(特にノーベル製菓の『はちみつきんかんのど飴』)として親しまれている。

関連イラスト

金柑
きんかんたまたま!



関連タグ

植物 果物 柑橘類
のど飴 はちみつきんかんのど飴

pixivに投稿された作品 pixivで「金柑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5027

コメント