ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:大川透

虚刀流唯一の六刀流の剣士で、鑢七花鑢七実の父親である。
普段は尾張城地下の武器庫で、四季崎記紀変体刀を含む、数多の武器を管理している。

大乱の首謀者飛騨鷹比等の首を取り、大乱を収めた事で英雄と呼ばれていたが、妻を殺した疑いを掛けられて家族共々無人島に追放された。鑢七実の天才性を恐れて鑢七花を跡取りに決めていた。だが、鑢七実虚刀流を習得していることを知り、殺そうとしたところを、鑢七花によって殺された。

歴代虚刀流当主は情報が少ないが故に謎が多いとされてきたが、六枝の場合は逆に「情報が多過ぎて正体不明」とされていた。しかも「男だった(女だった)」「痩せていた(太っていた)」というように正反対の情報が対になって出てくる始末。

それもその筈、鑢六枝の実態は、六人で一人という規格外であった。
筋肉の塊のような男『私』、ナナフシのような棒人間『僕』、球体人間『俺』、千歳の子供『拙者』、青い女『あたし』、刀のような牙を持つ喋る斑の犬『儂』、この六人で一本のである。組織という訳ではなくあくまで個人であり、全て六枝本人である。
自分の可能性の全てを引き出し、ありとあらゆる自分を実現できるため、飛騨鷹比等からは「確率の悪魔」と呼ばれた。

映像媒体で見られる姿は恐らく『私』。子供たちは人間として育ってほしかったから極力"一人"でいるようにしていたのだろうと否定姫は後日談にて推測している。

関連イラスト

死ねばいいのに…



関連タグ

刀語 虚刀流 剣士 確率の悪魔 鑢みぎり 鑢七花 鑢七実

関連記事

親記事

刀語 かたながたり

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「鑢六枝」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「鑢六枝」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13669

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました