ピクシブ百科事典

高橋愛

たかはしあい

日本のアイドル歌手でモーニング娘。の卒業メンバー、高橋愛に関するイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

プロフィール

性別女性
出生地福井県
生年月日1986年9月14日
血液型A型
事務所アップフロントクリエイト


概要

日本アイドル歌手で、「モーニング娘。」の卒業メンバーであり在籍期間中は歴代リーダーの中で最も長い期間リーダーを務めていた(ただし、単純な在籍期間では歴代4位である)。


顔は童顔で中学生の頃は特に黒目の大きさが目立っていた。卒業までビジュアルが安定していた珍しいメンバー。髪型は基本的にロングヘアで初期はハーフアップのツインテールなど可愛らしい髪型をしていたが、中盤以降は巻いた髪を下ろしていることが多くなった。プラチナ期突入直後と9期加入後はショートヘアにしており、9期加入後からしばらくは金髪だった。卒業後はお団子でデコ出しが多い。

加入からしばらくは訛りが抜けておらず、独特の個性だったが当時リーダーだった飯田圭織は高橋が訛る度に怒られていた模様。その独特なイントネーションと無駄に早口な喋り方からとんねるずの石橋から「テッテケテー」という愛称を貰った。本人も訛りを直すのには苦労しており、ドラマの撮影では訛りで毎回NGが出ていた。成長していくにつれてイントネーションは普通になっていき、テッテケテーの面影はあまり見られなくなったが感情がむき出しになると相変わらず訛る。
黄金期メンバーが在籍していた頃は幼さが残る喋り方&高めの声で歌声とのギャップがあったが、プラチナ期からは若干落ち着いた喋り方になった。が、卒業記念で鞘師里保と早口言葉対決をした時にはかなりテンションが上がっていた。また、父がヤンキーだったことが影響してか、驚いたりすると男口調になり、やや乱暴になる。トークがかなり苦手で、MCなどは新垣里沙に任せることが多い。本人曰く「これでも一生懸命」。
トークも出来ないが、よく噛むため最終的に何を言っているのか分からない時もある。藤本美貴曰く「噛んでこその高橋愛」らしい。

歌唱力は歴代モーニング娘。、ハロープロジェクトの中でもトップクラスで、迫力のある低音ボイスと歌詞に合わせた表現力が持ち味。ロック系、しっとりなバラード系、楽しい系と全ての分野において高レベルなテクニックを見せてくれるが唯一の欠点としては歌詞の覚えが非常に悪い。元々宝塚志望ということで発声が非常に舞台向きで裏声を使った高音もよく通る。加入当時から即戦力だったためか、黄金期メンバーがいる時期でもメインを務めることが多かった。辻希美加護亜依が卒業した後からは本格的に吉澤ひとみ藤本美貴と共にセンターを務め初め、自身がリーダーとなったプラチナ期では全てメインボーカル・センターを務めた。田中れいな新垣里沙久住小春亀井絵里と共に黄金期メンバー卒業後のモーニング娘。を支え、特に歌唱面ではつんく♂と共にレコーディング時のコーラスも担当するなど、彼女の歌声はプラチナ期と呼ばれる時期を語る上ではずせないものとなっている。
リーダーとエースを同時に務めたのは彼女が初且つ唯一である。
喉の手術をして以降は思うように歌えなくなることも多くなったが、それでも高い歌唱力を保っており、最近は調子を戻しつつある。カウントダウンコンサートでは現メンバーと共演することが多く、圧倒的な存在感をみせつけている。

ダンスに関しても平均以上で、上記の歌唱力、表現力も相まって現在のハロープロジェクトメンバーからもよく目標・憧れの人物として名前が上がる。

訛っていることが原因でNGを出すことも多かった彼女だが、演技力自体はかなり高い。特に主演を務めた「リボンの騎士」では主人公のサファイアを演じ、男と女の魂を持つ彼の繊細な感情や気持ちを巧みに演じた。また、この舞台では何着も衣装を着ている(計7着)。他にも「シンデレラ」や「ファッショナブル」でも主演を務めた。


卒業後はミュージカル女優などとして活動。特にファッションの方で活躍しており、フォロワーもかなり多い。彼女も卒業後、成功したメンバーと言えるだろう。2014年にお笑い芸人のあべこうじと結婚した。

リーダー

吉澤ひとみが卒業後サブリーダーに就任したが、リーダーの藤本美貴が瞬く間に脱退したのでいきなりリーダーに就任する形となった。当時は右も左も分からない状態だったため後輩に怒った後に泣いてしまったことも多く、初期は頼りないリーダーというイメージが強かった。しかし、自分なりにリーダーとしてメンバーを支えていき、後にプラチナ期と評価されるようになった。
上下関係が厳しいことで有名なモーニング娘。だが、高橋がリーダーの時は後輩メンバー(6期〜8期)にも「高橋さん」ではなく「愛ちゃん」と呼ばせるようにした。道重さゆみと田中れいなもジュンジュンとリンリンが馴染めたのは高橋の人柄のお陰と語っている。ただし、年の離れた9期メンバーに関しては流石に呼ばせることはNGだった。
エースとの兼任だったこともあり道重さゆみとは別ベクトルで最高のリーダーと言われている。

意外な交友関係

同期の新垣里沙とのコンビ愛ガキ』がファンの間で人気が高い。

  • 木下優樹菜とは実は「モーニング娘。LOVEオーディション21」で苦楽を共にした仲である。オーディション終了後は離れ離れになったが、木下がモデルとして芸能界入りした後は再び仲良くなっている。
  • 明石家さんまとは『ヤングタウン土曜日』で共演するようになってからメル友になった。尊敬する人物(もしくは気になる人物)であるとも公言している。
  • 輝咲玲央は地元の同じバレエ団に所属していた友人で、彼女が宝塚に入団した後も交流が続いている。そんな高橋も昔は宝塚入団を目指していたが、背を理由に断念した過去がある。

関連タグ

ハロプロ High-King ミニモニ。 水原可奈
木下優樹菜 明石家さんま 輝咲玲央

※この記事は書きかけの項目です。加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。

pixivに投稿された作品 pixivで「高橋愛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132029

コメント