ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ジェット!ジェット!ジェットマン!Let's go!飛び出せ!

情報

情報


概要

概要

鳥人戦隊ジェットマン』のOP主題歌。

影山ヒロノブ氏が『光戦隊マスクマン』以来、3度目のヴォーカルを担当している。

また、当時のシリーズのOPは主に歌謡曲を中心に活躍する作曲家が起用されていたが、本作品ではアニメ子供向け番組の作曲を手掛けていたつのごうじ氏が起用されており、当OPは王道のヒーローソングへの原点回帰と言う面が強い曲となった。


余談

余談

のちにパワーレンジャーシリーズを手掛けることになる米国のプロデューサー、ハイム・サバン氏はヒーローの名前を力強く連呼する本曲を特に気に入っており、東映鈴木武幸氏の前で歌って見せたという。


「未来戦士」「時を飛び越え」という歌詞が登場するが、これらの要素が劇中で実際に使われるのは本作から9年後のこととなる。


関連リンク

関連リンク

TVサイズ

フルサイズ

LIVE映像

8bit


関連タグ

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン オープニング(スーパー戦隊)

こころはタマゴ:ED曲


地球戦隊ファイブマン←鳥人戦隊ジェットマン→恐竜戦隊ジュウレンジャー


ジェットコンバットガシャット:『仮面ライダーエグゼイド』のライダーガシャット。変身音声がこの曲とモロに被っている。


爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP:OPテーマ「GET THE WORLD」が作曲と歌手が一緒。曲調もこの曲を意識したものとなっている。

情報

情報


概要

概要

鳥人戦隊ジェットマン』のOP主題歌。

影山ヒロノブ氏が『光戦隊マスクマン』以来、3度目のヴォーカルを担当している。

また、当時のシリーズのOPは主に歌謡曲を中心に活躍する作曲家が起用されていたが、本作品ではアニメ子供向け番組の作曲を手掛けていたつのごうじ氏が起用されており、当OPは王道のヒーローソングへの原点回帰と言う面が強い曲となった。


余談

余談

のちにパワーレンジャーシリーズを手掛けることになる米国のプロデューサー、ハイム・サバン氏はヒーローの名前を力強く連呼する本曲を特に気に入っており、東映鈴木武幸氏の前で歌って見せたという。


「未来戦士」「時を飛び越え」という歌詞が登場するが、これらの要素が劇中で実際に使われるのは本作から9年後のこととなる。


関連リンク

関連リンク

TVサイズ

フルサイズ

LIVE映像

8bit


関連タグ

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン オープニング(スーパー戦隊)

こころはタマゴ:ED曲


地球戦隊ファイブマン←鳥人戦隊ジェットマン→恐竜戦隊ジュウレンジャー


ジェットコンバットガシャット:『仮面ライダーエグゼイド』のライダーガシャット。変身音声がこの曲とモロに被っている。


爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP:OPテーマ「GET THE WORLD」が作曲と歌手が一緒。曲調もこの曲を意識したものとなっている。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

鳥人戦隊ジェットマン(楽曲)
2
鳥人戦隊ジェットマン(楽曲)
2
ジェット!ジェット!ジェットマン!Let's go!飛び出せ!

情報

情報


概要

概要

鳥人戦隊ジェットマン』のOP主題歌。

影山ヒロノブ氏が『光戦隊マスクマン』以来、3度目のヴォーカルを担当している。

また、当時のシリーズのOPは主に歌謡曲を中心に活躍する作曲家が起用されていたが、本作品ではアニメ子供向け番組の作曲を手掛けていたつのごうじ氏が起用されており、当OPは王道のヒーローソングへの原点回帰と言う面が強い曲となった。


余談

余談

のちにパワーレンジャーシリーズを手掛けることになる米国のプロデューサー、ハイム・サバン氏はヒーローの名前を力強く連呼する本曲を特に気に入っており、東映鈴木武幸氏の前で歌って見せたという。


「未来戦士」「時を飛び越え」という歌詞が登場するが、これらの要素が劇中で実際に使われるのは本作から9年後のこととなる。


関連リンク

関連リンク

TVサイズ

フルサイズ

LIVE映像

8bit


関連タグ

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン オープニング(スーパー戦隊)

こころはタマゴ:ED曲


地球戦隊ファイブマン←鳥人戦隊ジェットマン→恐竜戦隊ジュウレンジャー


ジェットコンバットガシャット:『仮面ライダーエグゼイド』のライダーガシャット。変身音声がこの曲とモロに被っている。


爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP:OPテーマ「GET THE WORLD」が作曲と歌手が一緒。曲調もこの曲を意識したものとなっている。

情報

情報


概要

概要

鳥人戦隊ジェットマン』のOP主題歌。

影山ヒロノブ氏が『光戦隊マスクマン』以来、3度目のヴォーカルを担当している。

また、当時のシリーズのOPは主に歌謡曲を中心に活躍する作曲家が起用されていたが、本作品ではアニメ子供向け番組の作曲を手掛けていたつのごうじ氏が起用されており、当OPは王道のヒーローソングへの原点回帰と言う面が強い曲となった。


余談

余談

のちにパワーレンジャーシリーズを手掛けることになる米国のプロデューサー、ハイム・サバン氏はヒーローの名前を力強く連呼する本曲を特に気に入っており、東映鈴木武幸氏の前で歌って見せたという。


「未来戦士」「時を飛び越え」という歌詞が登場するが、これらの要素が劇中で実際に使われるのは本作から9年後のこととなる。


関連リンク

関連リンク

TVサイズ

フルサイズ

LIVE映像

8bit


関連タグ

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン オープニング(スーパー戦隊)

こころはタマゴ:ED曲


地球戦隊ファイブマン←鳥人戦隊ジェットマン→恐竜戦隊ジュウレンジャー


ジェットコンバットガシャット:『仮面ライダーエグゼイド』のライダーガシャット。変身音声がこの曲とモロに被っている。


爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP:OPテーマ「GET THE WORLD」が作曲と歌手が一緒。曲調もこの曲を意識したものとなっている。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    箱入り令嬢、ダーリンの溺愛レッスンにとろけちゃうっ♥異世界アンソロジー

    cover illustration:うすくち 漫画:春乃まい、奏多えい、美中、Secco、吉見キヨ 原作:赤井茄子、おおまななせ、宮田紗音、四季夏果、待鳥園子

    読む
  2. 2

    ホストと社畜

    河尻みつる

    読む
  3. 3

    悪役令嬢のはずなのに溺愛ルートが加速中!?どういうことですの?アンソロジーコミック①

    風ことら(カバーイラスト),榎のと/原作:田山歩,かづか将来/原作:かのん,燈火/原作:瑪々子,森乃タピ/原作:三香,こっぺらら/原作:瀬尾優梨

    読む

pixivision

カテゴリー