ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この地震の公式の名前は基準に達していないため、命名されていない。
鳥取県中部の地震・鳥取県中部地震」などと呼ばれたりする。

概要

  • 2016年10月21日14時7分に発生したM6.6の地震で、鳥取県中部で最大震度6弱をで観測した。


隣接する広島県・岡山県はもちろん大阪府でも強い揺れが感じられた。

本震

震源地は鳥取県中部で、この地震の規模はMj(気象庁マグニチュード)6.6/Mw(モーメントマグニチュード)6.2で、震源の深さは11kmとなっている。鳥取県の倉吉市、湯梨浜町、北栄町で最大震度6弱を観測したほか、関東地方から九州地方までで震度1以上の揺れを観測した。

震度都道府県市町村
6弱鳥取県倉吉市 湯梨浜町 北栄町
5強鳥取県三朝町 鳥取市
岡山県真庭市 鏡野町
5弱鳥取県琴浦町 日吉津村
島根県隠岐の島町
※震度4以下は省略
※緊急地震速報「マグニチュード6.7~6.8 最大震度6強」と予測し、発表しています。



長周期地震動階級

最大で長周期地震動階級3を観測した。

階級地方地域
3中国・四国鳥取県中部
2近畿大阪府南部 兵庫県北部
中国・四国鳥取県西部 徳島県北部
1中部長野県中部 愛知県西部
近畿滋賀県南部 兵庫県南東部
中国・四国鳥取県東部 島根県東部 島根県隠岐地方 高知県東部
(出典:気象庁ホームページ長周期地震動階級より)

地震のメカニズム

北北西-南南東走向の左横ずれ断層型の地震で、地殻内で発生した地震であった。山陰地方では地盤が年間3~4cm東へ動いているため、ひずみの蓄積しやすい地域が島根県の東部から兵庫県の北部にかけて帯状に連なっており、地震が起きやすい地域である。

これまでに知られていない断層が動いたために、気象庁は「地震は活断層がない場所でも起こる」としている。

周辺では過去に『1943年鳥取地震』『2000年鳥取県西部地震』が発生し、いずれも震度7相当の揺れを観測した可能性がある。

前兆現象

この地震が発生する約1年前から地震が頻繁に起き始め、鳥取県中部は元々地盤のひずみが溜まり易い場所故に近年地震が相次いぎ、この日も午前中に震度4の地震が起こっていた。

余震活動

その後も同地域で熊本地震程ではないが、余震が発生し、最大震度4を観測するM5.0の最大余震が発生した。

被害や支援

倉吉市などで古い建物が壊れるなどの被害が相次いだが、幸い死者は出なかった。
文化財にも建物の壁が剥がれ落ちたり、石が落下するなど広い範囲で被害が発生した。
また収穫直前であったが大量に落下して商品価値を失うなどの農業被害も発生。
大阪市阿倍野区にある日本一高いビル「あべのハルカス」では、安全装置が働き、エレベーターが停止した。

民間の支援では、地震で落下した様々なナシを購入する動きがあった。


関連タグ

地震 震災 西日本の直下地震 震度

周辺の過去の地震

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災):1995年(平成7年)1月17日5時46分頃に淡路島付近を震源として発生した地震。『20世紀に発生した戦後最悪の震災』となり、観測史上初の震度7を記録した。死者・行方不明者数は6437人
大阪府北部の地震:2018年(平成30年)6月18日7時58分頃に大阪府北部を震源として発生した地震で、大阪府で震度6弱を記録した。なお、震度6以上の観測は、阪神・淡路大震災以来である。死者数は6人。

西日本で発生が懸念されている巨大地震

南海トラフ巨大地震:東海・東南海・南海・日向灘を震源として繰り返し発生している巨大地震。歴代の地震の中には東北地方太平洋沖地震の規模を上回る規模の地震も発生している。

外部リンク

地震調査研究推進本部(鳥取県の地震活動の特徴) 地震調査研究推進本部(鳥取県中部の地震の評価) 鳥取県中部の地震(Yahoo!JAPAN) 長周期地震動の影響、長野や高知で観測 大阪のあべのハルカスでエレベーター停止(産経)

関連記事

親記事

地震 じしん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鳥取県中部地震」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61

コメント