ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

南海トラフにおける地震は、M(マグニチュード)8クラス以上の巨大地震が100~150(中世以前は200、短期では90)年の周期で発生しているが、ごくまれにスーパーサイクルと呼ばれるM9クラスの超巨大地震も発生している(但し、この発生周期や確率に関しても数少ないデータを元にして算出したもので、人間のタイムスケールで考慮した場合、信憑性が低いことに注意)。

この地震にはいくつか発生パターンが存在し、東海東南海南海・(日向灘)の震源域で同時に連動する(全割れ)か、そのいずれかの震源域で発生し、もう片方がタイムスパンで連動して発生する(半割れ)と考えられている。もちろん、単独で発生する可能性もあるが、震源域が同時連動、あるいは時間差連動が殆どのため、単独の可能性は非常に低い。また、2006年から南海トラフの海底の15カ所で音波を発信する装置を使い地殻変動の調査をした結果、震源域では1年間に平均3~5cmずつひずみが蓄積されている。特に1年間に高知県沖で5.5cm、三重県沖では5.1cmという5cm超えのひずみが蓄積されており、最大のところでは遠州灘と紀伊水道沖では年間6cm程度のひずみが蓄積されていることが分かっている。しかし、これらは観測点のある場所で推定したものなので、観測点のない場所では推定ができていない。

時間差連動の昭和東南海地震・昭和南海地震は、安政東海・南海地震などと比較すると最も規模が小さく、東は浜名湖沖で、西は室戸海盆の東側で破壊が止まっており、東海地震の震源域までは連動していない。よって東海地震の震源域では安政東海地震を最後に160年以上地震が発生していない状態が続いている。


  • 将来の地震発生確率と被害想定 ※1
地震の規模M8~9クラス・最悪の想定はM9.1
地震の種類海溝型地震
発生領域
  • 東海地域(駿河湾)
  • 東南海地域(熊野海盆・遠州海盆)
  • 南海地域(土佐海盆・室戸海盆)
  • 日向灘(日向海盆)※2
地震発生確率20年以内に60%程度・30年以内に70%~80%・40年以内に90%
平均発生間隔88.2年
想定最大震度7
津波の想定最大20m以上
経済的被害約220兆3000億円・20年間では約1410兆円(M9.1の場合)
想定死者数約32万人⇒約23万1000人(M9.1の場合)

(出典:地震調査研究推進本部日本経済新聞ウェザーニュース読売新聞より)

※2 日向灘はプレートの沈み込み帯の構造上、南海トラフの震源域から外して考えることも多い。

 

最大M9.1で、最悪の場合の死者数は約32万人、経済的被害は約220兆円に上ると想定していた。しかし、のちに想定死者数は従来の想定よりも約9万人も減少し、死者数約23万1000人となり、巨大地震発生から20年間の経済的被害は1410兆円に上ると新たに見直された(想定死者数の見直しは2019年5月31日、経済的被害の見直しは2018年6月7日に行われた。ただしこれでもまだ甘く、西に隣り合う琉球海溝を巻き込むなどで更に規模の大きいものが発生する可能性を唱える学者もいる。

ただ、あくまでも最悪の想定であるため、上記のことが必ず起きるというわけではない。むしろ、M8クラスの巨大地震が発生する可能性の方が高いが、M8クラスの規模でも大きな被害を伴うため、油断できない地震である。また、防災対策としては昭和東南海地震などのM8クラスの地震を想定して対策してしまうと、それを上回る規模で地震が発生するなどした場合は、再び想定外を生んでしまうきっかけになるため、対策を行うには最悪クラスをもとに行う必要がある。


発生したら最悪東日本大震災を上回る被害が出る可能性も否定できない。


地震の発生パターン

南海トラフ巨大地震には、3種類の発生パターンが存在している。なお、この記事では、国が想定していないパターンも記載する。


  1. 通常のサイクルで発生する巨大地震(M8クラス以上)
  2. 3連動型の巨大地震(最大でM9クラス)
  3. 琉球海溝の一部も連動することで発生する巨大地震(M9クラス以上)

このうち3つ目の発生パターンについては「極めて稀な現象」として国の想定からは外されているが、一部の地震学者による研究及び調査にて2000年に1回の間隔で発生している可能性が指摘されている。


詳細

  • 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)との違い

南海トラフ巨大地震と東北地方太平洋沖地震との決定的な違いは、震源域が陸域にも及んでいる場所も存在することに加え、津波が揺れている最中に到達してしまう地点も存在することだ(早いところでは、地震発生からわずか数分で津波が到達する可能性のある地点も存在するため、場所よっては避難にかけられる時間は殆どない)。そのため、東北地方太平洋沖地震よりも桁違いな範囲で震度7の揺れに襲われる可能性があり、大被害になる可能性は非常に高い。

そもそも、日本は戦後1回も震源域が陸域にも及んだM8以上の巨大地震に襲われたことがないため、防災上非常に対策の難しい地震とも言える(東北地方太平洋沖地震の震源域は9割以上が海域であるため、殆ど陸域には及んでいない)。


  • 南海トラフ巨大地震は別の地震や火山活動も引き起こす

M8以上の海溝型地震が発生すると、非常に広い範囲で地殻変動が起こるため、その周辺地域などでは大地震が続発しやすくなり、火山活動も活発化させる。

そのため、南海トラフ巨大地震だけを重点的に対策をとっていると、別の誘発地震などの対策を全く考慮していないために、また想定外を引き起こし兼ねないと指摘する者もいる。

実際に、過去の南海トラフ巨大地震においても、「1回発生して終了」ということは一切なく、震源域やその周辺地域で誘発地震や火山活動が活発化していた記録が残っており、東北地方太平洋沖地震においても同様のことが起きている。実際に東北地方太平洋沖地震を例の挙げると、M9.0の本震発生後にわずか数十分も経たないうちに静岡県伊豆地方でM4.6・最大震度5弱、翌日の3時59分には長野県北部でM6.7・最大震度6強、本震発生から4日後には静岡県東部でM6.4・最大震度6強などの大地震が相次いで起きていた。


過去の地震

南海トラフでは、M8以上に地震を繰り返し起こしているが、昭和の地震は歴代の地震の中でも最も規模が小さい。なお、過去の地震は遡るほど不明点が多く、見逃されている地震がある可能性もあるので、注意してください

南海トラフで引き起こされた巨大地震は基本的に現在の震度階級で震度7相当の揺れに見舞われたと推定される地震が多い


確実に起きたとされる地震

  • 白鳳地震(M9クラスの可能性)
発生日684年11月29日
震央(震源地)南海道沖と推定(東海道沖も連動した可能性)
地震の規模M8.3~8.4(M8~9クラス

飛鳥時代の後期、天武天皇歴13年10月14日(西暦684年11月29日)に起きたM8~9の南海トラフ沿いが震源域とされる巨大地震。記録によると、南海道沖が震源とされていたが、東海道沖も震源域であったと推定されている。なお、この地震で集落が海に沈んだ場所があるとされている。


  • 仁和地震
発生日684年11月29日
震央(震源地)南海道沖~東海道沖と推定
地震の規模M8.0~8.5(M8~9クラス

平安時代前期の仁和3年7月30日(西暦887年8月26日)に、M8.0~8.5の南海トラフ沿いが震源域とされる巨大地震。南海道沖~東海道沖が震源域とされ、記録によると、近畿地方の被害は宝永地震を上回るほどであったと推定されている。


  • 永長地震
発生日1096年12月17日
震央(震源地)東海道沖と推定
地震の規模M8.0~8.5

嘉保3年11月24日(西暦1096年12月17日)に、東海道沖が震源域とされるM8.0~8.5の巨大地震が発生した。東海地方の津波記録や畿内付近で震害記録がある。

津波による社寺などが400余が流出したという記録もある。


  • 正平地震
発生日1361年7月26日
震央(震源地)南海道沖と推定(東海道沖も連動した可能性)
地震の規模最大でM8.5

室町時代前期の正平16年6月24日(西暦1361年7月26日)に最大でM8.5の南海トラフ沿いが震源域とされる巨大地震が発生した。南海道沖と推定されるが、東海道沖も連動した可能性があるとしている。

軍記物語には、誇張的表現や創作による不正確な記述もあるが、津波の存在は事実としている。


  • 明応地震
発生日1498年9月20日
発生時刻8時頃
震央(震源地)東海道沖~南海道沖と推定
地震の規模M8.2~8.6
最大震度(不明だが、震度7に相当する揺れが襲った可能性
津波津波高は最大で36m超と推定

(出典:明応東海地震(1498)による、駿河湾沿岸の津波被害-東京大学地震研究所)|


室町時代の明応7年8月25日(西暦1498年9月20日)8時頃にM8.2~8.6の南海トラフ沿いが震源域とされる巨大地震が発生した。なお、明応の時代は複数の地震が相次いで発生したとされるが、被害の記録から東海・東南海・南海の震源域がほぼ同時に発生したとされる。

揺れの記録は、福島県京都府までの広範囲に及び、東海道一帯では大規模な津波が発生した。浜名湖も現在は汽水湖になっているが、津波によって陸地が決壊される前は、淡水湖であった。


発生日1707年10月28日
発生時刻13時47分頃と推定
震央(震源地)和歌山県南方沖と推定
地震の規模M8.4~8.9Mw8.7~9.3
最大震度7と推定
津波
  • 津波高は最大で25m程度と推定
  • 津波の被害は、韓国(済州島)にも及んだと推定
備考この地震は、富士山の大噴火を誘発している

(出典: 連動型巨大地震としての宝永地震 (1707)


宝永4年10月4日(西暦1707年10月28日)14時頃に遠州灘~四国沖(日向灘)をM8.6~9.3の巨大地震が発生した。同時に東海・東南海・南海・(日向灘)の震源域全てのプレート破壊が起きたとみられており、日本最大級の地震として知られる。研究者によっては、震度6以上であったエリアは東北地方太平洋沖地震の1.4倍と計算されており、宝永地震の規模はM9.1~9.3(スマトラ島沖地震と同規模)であったとみている者もいる。

死者数は少なくとも2万人と推定され、被害は西日本から太平洋側一帯に及んだ。特に津波の被害が大きく、内陸数kmまで津波が達した地点もあり、沿岸地域は壊滅状態となった。

宝永地震の49日後に富士山の側面が大爆発(宝永噴火)を起こした。


発生日
  • 1854年12月23日(安政東海地震)
  • 1854年12月24日(安政南海地震)
発生時刻
  • 9時~10時頃と推定(安政東海地震)
  • 16時20分頃と推定(安政南海地震)
震央(震源地)
  • 遠州灘と推定(安政東海地震)
  • 和歌山県南方沖・或いは四国沖と推定(安政南海地震)
地震の規模
  • M8.4・Mw8.6(安政東海地震)
  • M8.4・Mw8.7(安政南海地震)
最大震度
  • 7と推定(安政東海地震)
  • 6強程度と推定(安政南海地震)
津波
  • 津波高は両地震ともに最大で10m以上と推定
    • 最大で22.7m程度と推定(安政東海地震)
    • 最大で16.1m程度と推定(安政南海地震)
  • 津波はアメリカ(サンフランシスコ)の沿岸にも到達
備考安政南海地震では、和歌山県広川町で浜口梧陵の「稲むらの火」という逸話が知られている

(出典: 遠地地震波形から推定される 1854年安政東海・南海地震の津波励起時刻


嘉永7年・安政元年11月4日(西暦1854年12月23日)9時頃に南海トラフの東側に位置する三重県南東沖~駿河湾を震源とするM8.4~8.6の巨大地震が発生し、さらに約32時間後の11月5日(12月24日)16頃に誘発される形で西側の紀伊水道~四国沖を震源とするM8.4~8.7の地震が発生した。いずれもプレート境界で起きたとされるM8クラスの巨大地震であった。また、「安政の大地震」の一つとしても知られる。

被害は伊豆から四国にかけての広範囲に及び、死者数千人、倒壊家屋は3万棟以上という大被害をもたらした。いずれの地震も津波は20m以上を超えたという記録がある。

安政南海地震では、和歌山県広川町で、水田の稲むらに火を放ち、住民を高台へ誘導した浜口梧陵の「稲むらの火」の逸話が知れている。これを基に、11月5日を「津波防災の日」として制定されている。

これらの地震の約半年前には伊賀上野地震(安政伊賀地震)が発生している。


  • 昭和東南海地震
発生日1944年12月7日
発生時刻13時35分頃
震央(震源地)三重県南東沖
地震の規模Mj7.9・Mw8.1~8.2
最大震度7と推定(当時は震度7の階級は存在しないため、最大震度6となっている)
津波最大値は9m程度
備考戦時中に起きた地震であるため、この地震の詳細は不明となっている

昭和19(1944)年12月7日13時35分頃に三重県南東沖を震源とするM7.9~8.2の巨大地震が発生した。静岡県の御前崎市や三重県の津市などで震度6を観測した。この地震は「昭和四大地震(鳥取地震・三河地震・昭和南海地震)」の一つでもある。

三重県では8~10mの津波が来襲し、死者・行方不明者は1223人、負傷者は2684人に達し、被災した家屋は9万5000棟以上に及んだ。

太平洋戦争中で報道規制が行われていたため、詳細情報は不明となっている。


  • 昭和南海地震
発生日1946年12月21日
発生時刻4時19分頃
震央(震源地)和歌山県南方沖
地震の規模Mj8.0・ Ms8.2・Mw8.1~8.4
最大震度6(現在の6弱~6強程度)
津波最大値は6m程度

※なお、気象庁のデータでは、最大震度5となっている。


昭和21(1946)年12月21日4時19分頃に和歌山県南方沖を震源とするM8.0~8.4の巨大地震が発生した。西日本では最大で震度6を観測し、震度5以上を観測したエリアは東海・北陸地方から九州地方にかけての広範囲に及んだ。「昭和四大地震」の一つで、約2年前には昭和東南海地震が発生したている。

震動時間は約9分間継続したらしいが、激しく揺れた時間は、1~2分前後であった。津波は東海~九州地方にかけて沿岸に来襲し、三重県、徳島県、高知県では4~6mに達した。

死者・行方不明者は1443人、負傷者は2684人に達し、被災した家屋は約4万棟に及んだ。


南海トラフの可能性がある地震

  • 康和地震

永長地震から2年と少し後の承徳3年1月24日(西暦1099年2月22日)に西日本に被害を与えた大地震。内陸地震と考えられているが、この地震による津波を疑わせる記録が土佐(高知県)にあったことから永長の東海道沖と対になる南海道沖地震である可能性が浮上している。


  • 慶長地震(南海トラフ巨大地震ではない可能性が浮上)
発生日1605年2月3日
発生時刻不明
震央(震源地)近年の研究で南海トラフ沿いで発生した巨大地震ではない可能性が濃厚になっているが、現状では特定できていない
  1. 東海道沖~南海道沖?(南海トラフ沿いの津波地震として発生した説)
  2. 東海道沖~南海道沖?(南海トラフ沿いの海溝軸寄りで発生した説)
  3. 房総半島南東沖と和歌山県南方沖?(南海トラフと房総沖の2つの地震が発生した説)
  4. 関東地方南東沖?(房総沖で地震が発生した説)
  5. 鳥島近海?(伊豆・小笠原海溝で発生した説)
地震の規模M8前後と推定
最大震度不明(有感の記録は、関東で複数あるが、西日本ではわずか京都の1件だけで、その信憑性が疑問視されている)
津波
  • 最大で10m前後と推定
  • 『大岩慶長宝永碑』には、高さ30mの津波が襲ったことが記されている

(出典: 26750129 研究成果報告書南海地震の碑を訪ねて ーUJNR06巡検ガイド(2006.11.8)ーより)


江戸時代初期の慶長9年12月16日(1605年2月3日)に起こったとされる地震。房総半島から薩摩(鹿児島県)にかけて大津波が襲ったことは確実だが肝心の地震動の記録が少なく、伊豆・小笠原海溝、あるいは房総半島沖で起きた可能性も指摘されており南海トラフ発生説はあくまでその中の一説に過ぎない。

しかし、近年の研究やシミュレーションで、5つ目の伊豆・小笠原海溝の鳥島近海を震源として発生した地震として仮定した場合、津波が到達する範囲や有感となる地震動の範囲がほぼ一致していることが判明している。具体的には、


  1. 2010年に伊豆・小笠原海溝の周辺(父島近海)で発生したM7.8の大地震では、地震動・津波の以下の点で慶長地震と酷似している
    1. 関東から東北で揺れを感じた一方で、西日本では揺れを感じなかったという点
    2. 津波が関東や西日本にも到達している点
  2. 2013年に行われたシミュレーションでは、鳥島周辺で起きた地震と仮定した場合、津波の到達範囲や特徴が一致したことが判明している
    1. 関東~九州の広範囲に津波が押し寄せる点
    2. 伊豆諸島・近畿・四国で周辺よりも津波が高くなる点

が挙がる。そのため、慶長地震は伊豆・小笠原海溝における巨大地震という説がより濃厚になってきているため、南海トラフで発生した巨大地震という説は格段に低くなっている。なお、この研究は2011年の東日本大震災を受けて、「“伊豆・小笠原海溝で巨大地震は発生しない”というのは、研究不足による思い込みに過ぎない」ということが指摘されるようになったことで行われた研究である。

しかし、この説については実際に伊豆・小笠原海溝でM8クラス以上の巨大地震が発生することを証明できなければ確定にはならない。


なお、この9年後の慶長19年10月25日(1614年11月26日)に西日本太平洋沿い各地で大地震と津波の記録があり、こちらこそが本当の南海トラフ地震だとする説がある。一部研究機関に採用されており、その場合地震規模は昭和の地震と並んで小規模なモノだったとされるが、無関係な越後高田や会津でも地震記録があり、誤記の可能性もあるが不確定である。


  • 西暦紀元頃の地震(M9クラスの可能性)

地質調査から現代の約2000年前にもM9に匹敵する南海トラフ地震が発生していたと見られているが、三重や四国、九州の一部調査点において津波堆積物が宝永の2倍以上厚いことや2000年前の分のみ堆積物が確認された地点が存在したことから、宝永を上回る規模の大津波が発生し押し寄せていた可能性が浮上。一部学者からは更なる対策を求める声が上がっている。


琉球海溝との連動型超巨大地震

歴史を遡ると、南海トラフは南西諸島海溝と連動して活動した可能性を示唆する痕跡が見つかっている。

室戸岬や御前崎には海成段丘と呼ばれる隆起地形が存在するが、それと酷似する地形が鹿児島県の喜界島にも存在している。隆起量などが非常に酷似しており、発生時期もほぼ同時期に形成された可能性が高いと示唆されている。つまり、少なくとも御前崎~喜界島までの断層が一度にずれ動いた可能性がある痕跡が見つかっており、周期で考慮すると前回の発生時期が千数百年前と推定されていることから、次に起こる巨大地震は政府の想定を超える超巨大地震になる可能性も否定はできない(このような連動型の超巨大地震は約1000年以上の間隔で発生している可能性があるため、気づかれていない可能性がある)。


なお、南海トラフの先にある琉球海溝では地質構造がM9クラスの2004年スマトラ島沖地震を起こしたプレートと非常に酷似しており、過去にもM7~8クラスの巨大地震が繰り返し発生し、中には地震の規模がM7クラスというM8には届かないにもかかわらず、30m近い津波が襲来したという異常な現象が起きたと記録が残る地震もある。


南海トラフ想定震源域内で発生した海溝型地震

今まではしばらくの間、静穏化が継続していたが、2010年代に入ってからM6以上の地震がいくつか発生し始めている。


2016年三重県南東沖の地震

2016年4月1日11時39分頃に南海トラフの想定震源域とされる三重県南東沖でM6.5の地震が発生し、和歌山県古座川町で震度4を観測した。なお、この地震は2cm程度の津波発生していたことや、微動地震が活発化していたことが後日明らかになっている。当初は、プレート内の地震と疑われたが、解析した結果、プレート境界で起きた地震と判明した。なお、この付近におけるM6以上のプレート境界型の地震は約72年ぶりである。

この地震の2週間後に平成28年熊本地震が発生した。



長周期地震動階級

最大で中部地方と近畿地方で階級1を観測した。

階級地方地域
1中部愛知県西部
近畿大阪府北部 大阪府南部

(出典:気象庁ホームページ長周期地震動階級より)


関連動画


2019年日向灘の地震

2019年5月10日8時48分頃に南海トラフの想定震源域とされる日向灘でM6.3の地震が発生し、宮崎県で最大震度5弱を観測した。震度1以上は北東側に兵庫県北部までの広範囲に及んだ。なお、М6以上の日向灘を震源とした地震で震度5弱以上の観測は約22.5年ぶりとなり、令和初となった。この地震の約1時間前に宮崎県、鹿児島県大隅地方、鹿児島県薩摩地方で最大震度3を観測するM5クラスの地震が発生していた。気象庁は直ちに南海トラフに結び付くものではないという見解を示し、基準値(M6.8以上)を下回る値であったため、詳しい調査を行わない方針(気象庁会見)。一方で専門家は、長期的に見た場合は前震の可能性も否定できないとしている。結局はどちらにしても油断できない。

震度都道府県市区町村
5弱宮崎県宮崎市 都城市

※震度4以下は省略

※緊急地震速報「マグニチュード6.5 最大震度5弱」と予測し、発表しています。

※都城市の一部地域では震度5強相当を観測したと推定。



長周期地震動階級

最大で九州地方で階級1を観測した。

階級地方地域
1九州福岡県筑後地方 熊本県熊本地方 熊本県球磨地方 宮崎県北部平野部 宮崎県南部平野部 宮崎県南部山沿い 鹿児島県薩摩地方

(出典:気象庁ホームページ長周期地震動階級より)


地震活動

M5以上の地震を掲載している。

  • 2019年
地震発生日時刻震源地規模(M)最大震度
3月27日9時11分日向灘M5.43
15時38分日向灘M5.44
5月10日7時43分日向灘M5.63
8時48分日向灘M6.35弱

地震のメカニズム

西北西~東南東方向の圧力軸を持つ逆断層型のプレート境界型地震である。

 

南海トラフに関連する情報

平成29年(2017年)11月1日に地震の予知は不可能として、『東海地震に関連する情報』から『南海トラフに関連する情報』に変えて、運用を開始した。

現在、気象庁が調査を開始する対象となる現象は以下のとおりである。


情報の種類発表条件
臨時
  • 南海トラフ沿いで異常な現象が観測され、その現象が南海トラフ地震と関連するかどうか調査を開始した場合、または調査を継続している場合
  • 観測された現象を調査した結果、南海トラフ地震発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと評価された場合
  • 観測された現象を調査した結果、南海トラフ地震発生の可能性が相対的に高まった状態ではないと評価された場合
定例「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」の定例会合において評価した調査結果を発表する場合

対象となる現象
想定震源域内でM7.0以上の地震が発生(実際に、東北地方太平洋沖地震発生の約2日前にM7.3の前震が発生していた)
想定震源域内でM6.0以上の(或いは震度5弱以上を観測した)地震が発生し、ひずみ計で当該地震に対応するステップ状の変化以外の特異な変化を観測
1カ所以上のひずみ計で有意な変化を観測し、同時に他の複数の観測点でもそれに関係すると思われる変化を観測している等、ひずみ計で南海トラフ沿いの大規模地震との関連性の検討が必要と認められる変化を観測するステップ状の変化以外の特異な変化を観測
その他、想定震源域内のプレート境界の固着状態の変化を示す可能性のある現象が観測される等、南海トラフ地震との関連性の検討が必要と認められる現象を観測

(出典:気象庁ホームページより)


南海トラフ地震臨時情報

「南海トラフ地震臨時情報」には以下の種類が存在する。


種類発表条件備考
調査中
  • 監視領域内でM6.8以上の大地震が発生
  • 1カ所以上のひずみ計での有意な変化と共に、他の複数の観測点でもそれに関係すると思われる変化が観測され、想定震源域内のプレート境界で通常と異なる「ゆっくりすべり(スロースリップ)」が発生している可能性がある場合など、ひずみ計で南海トラフ地震との関連性の検討が必要と認められる変化を観測
  • その他、想定震源域内のプレート境界の固着状態の変化を示す可能性のある現象が観測される等、南海トラフ地震との関連性の検討が必要と認められる現象を観測
この段階では、南海トラフ巨大地震との関連性は不明である
巨大地震警戒想定震源域内でMw8.0以上の巨大地震を確認した場合地震発生時に津波からの避難が間に合わない地域の住民は1週間事前避難を行う
巨大地震注意
  • 想定震源域内でMw7.0以上の大地震を確認した場合
  • 異常なスロースリップを確認した場合
日頃からの備えを再確認し、必要に応じて避難をする
調査終了「巨大地震警戒」「巨大地震注意」のどちらにも当てはまらなかった場合

情報の信憑性

正直なところ、『南海トラフ地震臨時情報』を鵜吞みにすると危険である。その理由としては、


  • 南海トラフ巨大地震の発生を事前に予測した例が一切ない
  • 気象庁の文書には以下の注意書きが含まれている。
    • 世界の事例ではM8.0以上の地震発生後に隣接領域で、M8クラス以上の地震が7日以内に発生する頻度は十数回に1回程度」という注意書きが書かれている(巨大地震警戒)
    • 世界の事例ではM7.0以上の地震発生後に隣接領域で、M8クラス以上の地震が7日以内に発生する頻度は数百回に1回程度」という注意書きが書かれている(巨大地震注意)

などが理由である。

発表されなくても、突発的に発生するおそれもあるため、必ずしも発表されるわけではない

また、気象庁は『南海トラフに関連する情報』に切り替えてからは、『東海地震に関連する情報』を発表することはない。


地震の予測

南海トラフ沿いの巨大地震は複数の地震予測方法が知られており、いずれも2030年~2040年の間に発生する計算になっている。


時間予測モデル

時間予測モデルとは、次の巨大地震までの間隔と前回の巨大地震のすべり量は比例するというモデル。それは高知県室津港の隆起量を用いて計算されている。室津港では、宝永地震・安政南海地震、昭和南海地震の3回での隆起量が知られている。


地震名隆起量発生間隔発生年
宝永地震1.8m147年(安政南海地震まで)1707年
安政南海地震1.2m92年(昭和南海地震まで)1854年
昭和南海地震1.15m現在70年以上経過1946年
西日本大地震(仮)??????2034年?

活動期と静穏期から予測

海溝型巨大地震が発生する前後では内陸直下型地震が増加することが知られている。主に南海トラフ沿いの巨大地震が発生する前は約40~50年前から増加し、発生後は約10年程度活動する傾向が見られている。求め方としては「活動期の最初に発生した地震発生年+海溝型巨大地震発生前の内陸型地震続発期間=海溝型巨大地震発生予測年」となる。「海溝型巨大地震発生前の内陸型地震続発期間」は前回の巨大地震の規模が小さければ小さいほど短くなる。

  • 1995(阪神・淡路大震災)+40=2035年?

しかし、南海トラフでは使用できるデータが非常に少なく、室津港の隆起量についてもたった一カ所のデータのみで700kmに及ぶ長大領域全体を評価できるのかなど、複数の問題点が存在する。


南海トラフは地球全体で見てもトップクラスに過去の地震記録が多く残っている海溝なのだが、それらをもってしても未来の地震予測は非常に大雑把にしか出来ていない。地震予測の難しさと、地球という存在の壮大さを感じざるをえない話である。


西南日本活動期

平均100年に1回の間隔で発生している南海トラフ巨大地震だが、発生前後(発生の数十年前~発生後約10年程度)は西南日本で、地震活動が活発化することで知られている。研究によると、静穏期のおよそ4倍程度にまで膨れ上がり、それは被害地震だけではなく、有感地震全体についても同様の傾向が見られている(出典: 西南日本の地震活動期と静穏期) 。

なお、現在の西南日本は、阪神・淡路大震災を境に活発化傾向にあるため、それ以降に発生した西南日本の地震活動は、長期的に見れば南海トラフ巨大地震の前兆ととらえることができる

但し、活動期・静穏期の判断は、西南日本の地震活動の状態を長期的に見て評価する必要があり、たった数日や数週間、数年という短期間での評価はできない


メカニズム

  • 発生前

南海トラフ巨大地震は、大陸プレート(ユーラシアプレート)が海洋プレート(フィリピン海プレート)の沈み込みに伴って、引きずり込まれていき、それが耐えきれなくなり、跳ね返ることによって発生する地震だが、大陸プレートが引きずり込まれていくと、プレートの固着域(アスペリティ)の影響を受けて、陸側のプレートにも応力が働き、歪が蓄積されていく。そうなると、その歪を部分的に解消しようとして、地震が発生しやすくなるため、発生前は一定期間地震の多い時期(活動期)が存在する。


  • 発生後

南海トラフ巨大地震が発生すると、固着域が剥がれて、プレートの境界で溜まっていた歪が一旦解消されるが、巨大地震の発生によって、周辺では地殻の歪みが生じ、断層に働いている力に変化が生じる。

そうなると、南海トラフ巨大地震の発生に伴って、力のかかり方が変化するため、活断層が存在している場所によっては、活断層に働く力が減少することもあれば、逆に増加する場所もあり、特に増加する場所では発生後に増加しやすくなる傾向がある。

つまり、南海トラフ巨大地震の発生によって、地殻のバランスが大きく変化すると、逆に応力が強く働くようになる断層では、発生後の暫くの間(約10年程度の期間)は、地震が増加しやすい状態が続くということだ。


これが、南海トラフ巨大地震の発生前後に西南日本で地震が活発化する理由である。


(出典: 南海トラフ巨大地震の前に内陸の地震活動は活発化するのか?



西南日本の活動履歴

最近の安政東海地震の年から活動履歴をまとめた。


  • 西南日本の活動履歴
M6.4以上の地震履歴発生年代周期
  • 伊賀上野地震: 三重県中部付近でM7.2~7.3の大地震発生
  • 安政東海地震: 12月23日9時30分頃に遠州灘(東海道沖)でM8.4~8.6の巨大地震発生
  • 安政南海地震: およそ32時間後の12月24日16時20分頃に和歌山県南方沖(南海道沖)でM8.4~8.7の巨大地震発生
  • 豊予海峡地震: 伊予灘付近でM7.4の大地震発生
1854年※活動期
  • 室戸半島付近でM7程度の大地震発生
  • 飛騨地震: 岐阜県飛騨地方でM6.7~6.9程度の大地震発生
1855年
  • 伊予・安芸でM7.2程度の大地震発生
1857年
  • 飛越地震: 岐阜県飛騨地方でM7.0~7.6の大地震発生
1858年
【およそ15年地震活動がない状態が続く】静穏期
  • 浜田地震: 島根県沖でM7.1の大地震発生
1872年
【およそ20年地震活動がない状態が続く】静穏期間(1859~1890年)
  • 濃尾地震: 岐阜県美濃中西部でM8.0の巨大な内陸地殻内地震が発生
1891年活動期
  • 紀伊大和地震: 三重県南部(奈良県・三重県の県境付近)でM6.9~7.0の大地震発生
1899年
  • 1905年芸予地震: 安芸灘でM7.2の大地震発生
1905年
  • 姉川地震: 滋賀県北部でM6.8の大地震発生
1909年
  • 北但馬地震: 兵庫県北部でM6.8の大地震発生
1925年
  • 北丹後地震: 京都府北部でM7.1~7.3の大地震発生(最大震度7と推定)
1927年
  • 静岡地震: 静岡県中部でM6.4の大地震発生
1935年
  • 河内大和地震: 奈良県でM6.4の大地震発生
1936年
  • 隠岐島近海でM6.6(7.0)の大地震発生
1940年
  • 鳥取地震: 鳥取県東部でM7.0~7.2の大地震発生(最大震度7と推定)
1943年
  • 昭和東南海地震: 12月7日13時35分頃に三重県南東沖でM7.9~8.2の巨大地震発生(最大震度7と推定)
1944年※
  • 三河地震: 三河湾でM6.6~6.8の大地震発生(最大震度7と推定)
  • およそ3日後に愛知県西部でM6.4の大地震発生
1945年
  • 昭和南海地震: 12月21日4時19分頃に和歌山県南方沖でM8.0~8.4の巨大地震発生
1946年※
  • 福井地震: 福井県嶺北でM7.0~7.1の大地震発生(最大震度7と推定)
1948年
  • 大聖寺沖地震: 石川県西方沖でM6.5の大地震発生
  • 吉野地震: 奈良県でM6.7の大地震発生
1952年
  • 徳島県南部でM6.4の大地震発生
1955年
  • 北美濃地震: 石川県加賀地方(石川県・福井県・岐阜県の県境付近)でM7.0の大地震発生
1961年
  • 若狭湾でM6.9の大地震発生
1963年
  • 豊後水道でM6.6の大地震発生
1968年
  • 岐阜県中部地震: 岐阜県美濃中西部でM6.6の大地震発生
1969年
【約26年(M7以上は35年近く)地震活動がない状態が続く】静穏期間(1970~1994年・M7以上は1962~1994年・被害地震は1949~1994年)静穏期
  • 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災): 淡路島(大阪湾)付近でM7.3の大地震発生(最大震度7)
1995年活動期
  • 山口県中部でM6.6の大地震発生(最大震度5強)
1997年
  • 鳥取県西部地震: 鳥取県西部でM7.3の大地震発生(最大震度6強)
2000年
  • 2001年芸予地震: 安芸灘でM6.7の大地震発生(最大震度6弱)
2001年
  • 福岡県西方沖地震: 福岡県北西沖でM7.0の大地震発生(最大震度6弱)
2005年
  • 能登半島地震: 能登半島沖でM6.9の大地震発生(最大震度6強)
2007年
  • 鳥取県中部でM6.6の大地震発生(最大震度6弱・長周期地震動階級3)
2016年
  • 日向灘でM6.6の大地震発生(最大震度5強・長周期地震動階級2)
2022年
  • 令和6年能登半島地震: 石川県能登地方でM7.6の巨大地震発生(最大震度7・長周期地震動階級4)
2024年
現在
次の南海トラフ巨大地震(仮名:西日本大震災)20XX年※

※は南海トラフ巨大地震が発生した年

(平成28年熊本地震等に関してはプレート境界で起きる日向灘地震関連も絡んでいる可能性があるため除いている。また、1923年以降の震度7と推定される地震は「最大震度7(と推定)」と記載。日向灘については北部で発生したプレート境界を除いた地震のみを掲載。)


  • 近畿地方の活動履歴(内陸の地震)
M6.0以上の地震履歴発生年代周期
  • 伊賀上野地震: 三重県中部付近でM7.2~7.3の大地震発生
  • 安政東海地震: 12月23日9時30分頃に遠州灘(東海道沖)でM8.4~8.6の巨大地震発生
  • 安政南海地震: およそ32時間後の12月24日16時20分頃に和歌山県南方沖(南海道沖)でM8.4~8.7の巨大地震発生
1854年※活動期
【50年以上地震活動がない状態が続く】静穏期間(1855~1908年)静穏期
  • 姉川地震: 滋賀県北部でM6.8の大地震発生
1909年活動期
  • 淡路島(明石)付近でM6.1の大地震発生
1916年
  • 北但馬地震: 兵庫県北部でM6.8の大地震発生
1925年
  • 北丹後地震: 京都府北部でM7.1~7.3の大地震発生(最大震度7と推定)
1927年
  • 河内大和地震: 奈良県でM6.4の大地震発生
1936年
  • 昭和東南海地震: 12月7日13時35分頃に三重県南東沖でM7.9~8.2の巨大地震発生(最大震度7と推定)
1944年※
  • 昭和南海地震: 12月21日4時19分頃に和歌山県南方沖でM8.0~8.4の巨大地震発生
1946年※
【およそ50年地震活動がない状態が続く】静穏期間(1947~1994年)静穏期
  • 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災): 淡路島(大阪湾)付近でM7.3の大地震発生(最大震度7)
1995年活動期
  • 淡路島付近でM6.3の大地震発生(最大震度6弱・長周期地震動階級2)
2013年
  • 大阪府北部地震: 大阪府北部でM6.1の大地震発生(最大震度6弱・長周期地震動階級2)
2018年
現在
次の南海トラフ巨大地震(仮名:西日本大震災)20XX年※

※は南海トラフ巨大地震が発生した年


  • 近畿・中国・四国地方の活動履歴
M6.4以上の地震履歴発生年代周期
  • 伊賀上野地震: 三重県中部付近でM7.2~7.3の大地震発生
  • 安政東海地震: 12月23日9時30分頃に遠州灘(東海道沖)でM8.4~8.6の巨大地震発生
  • 安政南海地震: およそ32時間後の12月24日16時20分頃に和歌山県南方沖(南海道沖)でM8.4~8.7の巨大地震発生
  • 豊予海峡地震: 伊予灘付近でM7.4の大地震発生
1854年※活動期
  • 室戸半島付近でM7程度の大地震発生
1855年
  • 伊予・安芸でM7.2程度の大地震発生
1857年
  • 浜田地震: 島根県沖でM7.1の大地震発生
1872年静穏期
【およそ40年以上地震活動がない状態が続く】静穏期間(1858~1898年)
  • 紀伊大和地震: 三重県南部(奈良県・三重県の県境付近)でM6.9~7.0の大地震発生
1899年活動期
  • 1905年芸予地震: 安芸灘でM7.2の大地震発生
1905年
  • 姉川地震: 滋賀県北部でM6.8の大地震発生
1909年
  • 北但馬地震: 兵庫県北部でM6.8の大地震発生
1925年
  • 北丹後地震: 京都府北部でM7.1~7.3の大地震発生(最大震度7と推定)
1927年
  • 河内大和地震: 奈良県でM6.4の大地震発生
1936年
  • 隠岐島近海でM6.6(7.0)の大地震発生
1940年
  • 鳥取地震: 鳥取県東部でM7.0~7.2の大地震発生(最大震度7と推定)
1943年
  • 昭和東南海地震: 12月7日13時35分頃に三重県南東沖でM7.9~8.2の巨大地震発生(最大震度7と推定)
1944年※
  • 昭和南海地震: 12月21日4時19分頃に和歌山県南方沖でM8.0~8.4の巨大地震発生
1946年※
  • 吉野地震: 奈良県でM6.7の大地震発生
1952年
  • 徳島県南部でM6.4の大地震発生
1955年
  • 若狭湾でM6.9の大地震発生
1963年
  • 豊後水道でM6.6の大地震発生
1968年
【約27年(M7以上は50年近く)地震活動がない状態が続く】静穏期間(1969~1994年・M7以上は1947~1994年)静穏期
  • 兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災): 淡路島(大阪湾)付近でM7.3の大地震発生(最大震度7)
1995年活動期
  • 山口県中部でM6.6の大地震発生(最大震度5強)
1997年
  • 鳥取県西部地震: 鳥取県西部でM7.3の大地震発生(最大震度6強)
2000年
  • 2001年芸予地震: 安芸灘でM6.7の大地震発生(最大震度6弱)
2001年
  • 鳥取県中部でM6.6の大地震発生
2016年
現在
次の南海トラフ巨大地震(仮名:西日本大震災)20XX年※

となっており、1995年に発生した大地震以降、地震活動が活発化傾向にある。そのため、今後も西南日本では南海トラフだけでなく、内陸等で起きる大地震にも注意が必要と言える。


最近の被害地震

地震名内容
兵庫県南部地震引き起こされた震災は『阪神・淡路大震災』。1995年(平成7年)1月17日5時46分頃に淡路島付近を震源として発生したM7.3の地震。『20世紀に発生した戦後最悪の震災』となり、史上初の震度7を記録し、微弱の津波を観測。死者・行方不明者数は6437人。メカニズムは右横ずれ成分を含む逆断層型の地震。この地震を境に西南日本では活動期に入ったのではないかと考えられている。
鳥取県西部地震2000年(平成12年)10月6日13時30分頃に鳥取県西部を震源として発生したM7.3の地震。震度階級改正以来初の震度6強を記録した(一部地域では震度7相当の揺れがあった可能性)。M7を超す大地震でありながら、死者数はなんと0人であった。メカニズムは左横ずれ断層型の地震。
2001年芸予地震2001年(平成13年)3月24日15時27分頃に安芸灘を震源として発生したM6.7の地震。最大で震度6弱を観測した。死者数は2人。メカニズムはスラブ内地震。
福岡県西方沖地震2005年(平成17年)3月20日10時53分頃に福岡県北西沖(旧・福岡県西方沖)を震源として発生したM7.0の地震。最大で震度6弱を観測した(研究所によっては一部地域で震度6強~7相当の揺れがあった可能性)。死者数は1人。メカニズムは左横ずれ断層型の地震。
能登半島地震2007年(平成19年)3月25日9時41分頃に能登半島沖を震源として発生したM6.9の地震。最大で震度6強(計測震度6.4)を観測し(一部地域では震度7相当の揺れがあった可能性)、金沢港で約20cmの津波を観測。死者数は1人。メカニズムは右横ずれ成分を含む逆断層型の地震。
淡路島の地震2013年(平成25年)4月13日5時33分頃に淡路島付近を震源として発生したM6.3の地震。最大で震度6弱、長周期地震動階級は2を観測した。メカニズムは逆断層型の地震で、兵庫県南部地震とずれは異なる方向を示している。
平成28年熊本地震2016年(平成28年)4月14日21時26分頃(M6.5)と4月16日1時25分頃(M7.3)にどちらも熊本県熊本地方を震源として発生した地震。国内観測史上初めて震度7を2回記録し、長周期地震動階級を導入してから初めて最大である階級4を観測した。地震の回数も内陸直下型の中では歴代最多である。死者数は272人。メカニズムは右横ずれ断層型の地震。
鳥取県中部の地震2016年(平成28年)10月21日14時7分頃に鳥取県中部を震源として発生したM6.6の地震。最大で震度6弱、長周期地震動階級3を観測した。メカニズムは左横ずれ断層型の地震。
島根県西部の地震2018年(平成30年)4月9日1時32分頃に島根県西部を震源として発生したM6.1の地震。最大で震度5強(島根県大田市の一部地域では震度6弱相当の揺れがあった可能性)、長周期地震動階級は2を観測した。メカニズムは左横ずれ断層型の地震。
大阪府北部の地震2018年(平成30年)6月18日7時58分頃に大阪府北部を震源として発生したM6.1の地震。最大で兵庫県南部地震以来初めて震度6弱、長周期地震動階級は2を観測した。メカニズムは逆断層型(北側)と右横ずれ断層型(南側)の地震。
令和6年能登半島地震2024年(令和6年)1月1日16時10分頃に石川県能登地方を震源として発生したM7.6の巨大地震最大で震度7、長周期地震動階級4を観測した。メカニズムは逆断層型の地震。なお、石川県の珠洲市周辺では2020年12月頃から地震活動が活発化し始め、その頃から異常な群発地震と地殻変動が1年以上続いていた。メカニズムは逆断層型の地震。

関連項目

地震 災害 防災 南海トラフ


浜名湖:明応地震により、陸地が破壊され、汽水湖となった。

2011年長野県北部地震:東北地方太平洋沖地震の約13時間後に発生したもう一つの震災。東北地方の被害の方が遥かに大きかったことにより、栄村の報道はあまりなく、昭和東南海地震と同様に『忘れ去られた地震』となった。


海溝型地震

東北地方太平洋沖地震東日本大震災):平成23年(2011年)3月11日に三陸沖を震源として発生した地震。『戦後最悪の震災』となり、日本の観測史上最大規模の地震となった。死者・行方不明者数は約2万2000人

大正関東地震(関東大震災):大正12年(1923年)9月1日に相模湾を震源として発生した地震。『日本災害史上最悪』となっており、日本観測史上最大の死者数を誇る。死者・行方不明者数は約10万5000人(1925年時点では14万2800人)。

※震度7は福井地震以降に導入されたたため、最大震度6となっているが、千葉県と神奈川県では現在の震度階級で震度7相当を観測したと推定されている。


外部リンク

地震調査本部(南海トラフ) 気象庁ホームページ 南海トラフ地震対策(内閣府) 宝永地震(NHK防災) 昭和東南海地震体験談映像 昭和東南海地震体験手記 最近の異常地震活動とその評価

関連記事

親記事

巨大地震 きょだいじしん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3144

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました