ピクシブ百科事典

南海トラフ巨大地震

なんかいとらふきょだいじしん

南海トラフ沿いが震源域とされる巨大地震。
目次[非表示]

概要

南海トラフの地震は、M8~9クラスの巨大地震を90~150(中世以前は200)年の周期で発生している。この地震にはいくつか発生パターンが存在し、東海東南海南海日向灘の震源域で同時に連動する(宝永型)か、そのいづれかの震源域で発生し、もう片方がタイムスパンで連動して発生する(安政型)と考えられている。もちろん、単独で発生する可能性もあるが、震源域が同時連動、あるいは時間差連動がほとんどでのため、単独の可能性は低い。また、2006年から南海トラフの海底の15カ所で音波を発信する装置を使い地殻変動の調査をした結果、震源域では1年間に平均3~5cmずつひずみが蓄積されている。特に1年間に高知県沖で5.5cm、三重県沖では5.1cmという5cm超えのひずみが蓄積されており、最大のところでは遠州灘と紀伊水道沖では年間6cm程度のひずみが蓄積されていることが分かっている。しかし、これらは観測点のある場所で推定したものなので、観測点のない場所では推定ができていない。
時間差連動の昭和東南海地震・昭和南海地震は、安政東海・南海地震などと比較すると最も規模が小さく、東は浜名湖沖で、西は室戸海盆の東側で破壊が止まっており、東海地震の震源域までは連動していない。よって東海地震の震源域では安政東海地震を最後に160年以上地震が発生していない状態が続いているため、現在は164年分のひずみが蓄積されていると思われる。
最大でM(マグニチュード)9.1で、最悪の場合の死者数は約32万人、経済的被害は約220兆円に上ると想定している。発生したら最悪の場合は東日本大震災を上回る被害が出る可能性も否定できない。

将来の地震発生確率

  • 地震の規模 M8~9クラス
  • 地震発生確率 30年以内に、70%~80%
  • 平均発生間隔 88.2年 


被害想定

<
原因最悪の場合の死者数
津波約23万人
建物の倒壊約8万人
火災約1万人


関連動画

※この動画には衝撃的な映像が含まれています。精神的なストレスが生じる可能性がありますので、ご注意ください。

南海トラフ巨大地震のシミュレーション


南海トラフ想定震度分布



関連項目

地震 災害 防災 宏観異常現象

pixivに投稿された作品 pixivで「南海トラフ巨大地震」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 814

コメント