ピクシブ百科事典

鷹取小夜

たかとりさや

「うしおととら」の登場人物。

概要

CV南里侑香

遠野に住む少女。あの世との交信ができるという『白い髪の女』の一族で、妖怪を見ることもできる。

鷹取家によって結界に囚われているオマモリサマと話をして慰める役割を命じられているが、鷹取家にとって『白い髪の女』は一族繁栄のためオマモリサマを留めておく道具としか見ていないらしく、鷹取家の人間でありながら一族からは冷遇されている。
(小夜の父が『白い髪の女』の一族である母と結婚したのも愛情より一族繁栄のためだと思われる)
当初は病弱と家族からの仕打ちから、暗い性格と死んだような目をしており「ごめんなさい」が口癖だった。
がオマモリサマが囚われている結界を破壊する際、それを止めに来た父との問答で「一族が没落するのにオマモリサマを解放するのか」と迫られた彼女は、自らの意志でそれでも解放すると決めた。それがきっかけとなり、彼女は自ら強くなろうと決意した。

物語終盤白面の者が復活すると『白い髪の女』の能力を使って冥界の門を開き、この世を救うために立ち上がってくれる勇敢な魂を集めた。

関連タグ

うしおととら 蒼月潮 オマモリサマ

pixivに投稿された作品 pixivで「鷹取小夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55735

コメント