ピクシブ百科事典

関守日輪

せきもりひのわ

「うしおととら」の登場人物。女性。

CV水樹奈々

概要

獣の槍伝承者候補の一人。女性で、を使った法術を得意とする(正確に書くと日輪は物に念を刻んで武器へと変える『奇薙(くしなぎ)』という法術を得意としており、櫛はその術を使って武器に変えたもの。)。
作者によれば仏教系の高校に通っていて『お姉さま』と頼られる存在だとか。
優れた力を持ちながら父親に「お前がだったら」と言われていた為に自分が女であることにコンプレックスを抱き、それを克服するために獣の槍の伝承者になることに執着していた。
何の苦労も使命感もなく、成り行きで獣の槍の伝承者になったに強い怒りを抱き、それまでの戦いにおける彼の無責任ぶりを糾弾したあげくを取り上げてしまう。
しかしその直後にを狙う大量の婢妖に襲われ、頼みのも力を発揮せず危機に陥ったところをに助けられる。
それからは潮を多少なりとも認めるようになった(それでも彼には厳しく当たる)。
小説版では『鬼涙六条棍(きるいろくじょうこん)』という重量64kg(!)もある、文字通り鬼の金棒の形状をした練習用武法具を使って修業のため潮をしごいた事がある。
その後は潮と共闘したり、白面との最終決戦では婢妖黒炎から結界を守るため戦ったりと活躍した。

獣の槍で着衣を切り裂かれ乳首を晒すが恥ずかしがらない。
また単行本巻末のオマケではいじられキャラとして度々登場する。

なお、容姿、性格、表情、潮との対立性、櫛、獣の槍に受動的 → ソウルメイトな変化を経た潮に対比しての槍に対する執着性 → 執着を手放す心の流れ、などなどから女性版うしおとも言える存在でもある。

関連項目

うしおととら 蒼月潮 獣の槍 日輪

pixivに投稿された作品 pixivで「関守日輪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250731

コメント