ピクシブ百科事典

秋葉流

あきばながれ

『うしおととら』の登場人物。

概要

CV細谷佳正

獣の槍伝承者候補の一人。伝承者候補でありながら獣の槍に執着はなく、むしろとらに興味を持つ。
潮とは婢妖との戦いで協力して以来、よき兄貴分として何度も力を貸している。
との過去の凶暴振りを聞いていたため当初は疑い戦ったが、最終的に和解した。

武器は錫杖と独鈷(どっこ)。
独鈷を使った結界術を得意としており、彼が放つ独鈷はまるで意志があるかのように動き、標的を拘束する。
また逃げ回ったり攻撃回避を装いながら気づかれずに結界を張り、一気に敵を結界に閉じ込めるといった頭を使った戦いも得意とする。
法術も三日月型の法力の弾を無数に浴びせる『弧月』、高速に回転する大きな法力の弾を叩きつける『月輪』など、強力なものを使いこなす。

幼少の頃から本気を出さずして何でもできてしまう天才だったが、その反面処世術に疎く、彼がその才能を発揮すればするほど社会から孤立していった。
いつしか自分は本気で生きてはいけないと思い込み、何事も真剣に取り組まなくなっていったが、その心には虚無感だけが残り、それを隠して生きてきた。
潮の良き兄貴分として振舞っていたが次第に潮に信頼されることが重荷になっていく。
多くの人や妖怪の心を掴み信頼を勝ち取っていく潮の姿は、彼にとってなりたくても決してなれない眩しく輝く英雄そのものだったのである。

そんな折白面の使いがあらわれてこちら側に寝返らないかと言ってきた。
最初は笑い飛ばし相手にもしなかったが、心の虚無感を指摘され更に本気になれる相手は仲間の中にいると言うのである。
「雷と炎の化生──とら…」と・・・。


作者曰く「潮の光に照らされて滅んで行く存在」。純粋な光のような潮では決して救えない者として描かれている。
そしてそんな彼が望んだのはとらとの真剣勝負だった。
とらもまたかつて己の運命を呪い全てを憎んでいた存在だったが故に流の絶望と苦しみを理解し、その勝負を受けたのだろう。

ちなみに単行本巻末のおまけではバイクを独創的かつスタイリッシュに乗りこなす姿が描かれ、多くの読者の腹筋を崩壊させた。

関連項目

うしおととら 蒼月潮 とら 獣の槍

pixivに投稿された作品 pixivで「秋葉流」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 263671

コメント