ピクシブ百科事典

103系1500番台

ひゃくさんけいせんごひゃくばんだい

唐津線・筑肥線・福岡市地下鉄1号線(現在の空港線)直通運転用として開発された車両。
目次[非表示]

概要

福岡市営地下鉄が建設計画時、筑肥線への乗り入れが計画され最終的にOKが出たので、それに合わせて乗り入れ対応車両を作らねばならなかった。
そこで201系の車体構造に105系の前面、103系1200番台の機器を合わせた車両として開発・製造された。
前面が103系と違い、105系や119系に類似していたので、よく別形式と勘違いされるが103系である。
当初は201系の地下鉄対応型として開発されていたが、国鉄の財政悪化と、筑肥線内の運転本数が少なく回生ブレーキの効率が悪いことから、103系の機器を用いた車両となったという経緯がある。
九州島内の国鉄型車両では唯一の直流電車である(後にJR九州が同じく直流電車の303系305系を製造)。

改造

登場当初は全車6両貫通編成であったが、後に6両編成9本のうちの4本が3両編成+3両編成に分割される改造を受けている。
これは筑肥線に乗り入れる福岡市営地下鉄の車輌が筑前前原止まりになった都合上、運転本数を減らさないための措置である。
さらにローカル運用を考慮して、トイレの取り付け改造も行われた。

今後

現在JR西日本でも活躍中の103系だが、本形式が最後に引退すると思われていた。しかし、6両貫通編成については、2015年2月より順次305系に置き換えられ、103系は地下鉄直通運用からは完全撤退し、以後は3両編成による筑前前原~西唐津間のみでの運用となっている。度重なる故障に福岡市交通局側がブチ切れて車両更新を要求していたのが最大のきっかけと思われる。

関連タグ

JR九州 福岡市営地下鉄 筑肥線

pixivに投稿された作品 pixivで「103系1500番台」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3284

コメント