ピクシブ百科事典

1700系

せんななひゃっけい

ここでは名古屋鉄道の1700系について解説。この記事では指定席車を「特別車」、自由席車を「一般車」と呼ぶことにする。
目次[非表示]

名鉄以外の1700系


概要

全車特別車特急用として登場した1600系(展望席がないのにパノラマSuperを名乗っていた)を一部特別車編成に改造した際に誕生した形式。

改造内容

  • 豊橋方先頭車だったク1600形を廃車とし、モ1700形が豊橋方を向くように方向転換。
  • モ1700形:前面貫通扉下の電照式愛称表示、自動幌、M式自動解結装置を撤去
  • サ1650形:車内の清涼飲料水自動販売機撤去、パンタグラフを撤去し一般車側の2300系へ移設。
  • 塗装を2200系と合わせる。ただし側面の大きな「1」「2」表記はせず

  →2015年から塗装を同年製造の2200系3次車に合わせた。モ1700形の前面は1600系時代に
   近いものに。

1600系だった特別車の2両と新製した一般車の2300系の4両で6両固定編成を組ませた。なお、3100系の案内表示装置の制御に対応しており、3100系を増結した際は1700系と同じ内容を表示させることが可能だった。

運用

2200系と共通運用が組まれており、空港特急、本線特急、支線特急まで幅広くこなす。2両編成の3100系3150系を増結して8両の運用もある。

早期の廃車

VVVFの加速制御プログラムを一部特別車改造時に一部書き換えているが、モーターの出力特性の違いからドン突きが酷く、更に故障も多いために早期廃車の噂が絶えなかった。その噂を裏付けるが如く、2019年12月9日に日本車輌から2200系2233・2283・2234・2284の4両が出場。いずれも特別車ユニットで、1703F・1704Fを置き換えた。置き換えられた4両は2020年2月に廃車回送された。残る2編成も2020年11月に1701Fが運用を離脱し、さらに同月2231・2281・2232・2282が出場。2021年に最後の1702Fが撮影会を行って退役。2月に廃車回送され、20年ほどの短い活躍を終えた。

関連記事

親記事

名古屋鉄道 なごやてつどう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「1700系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17836

コメント