ピクシブ百科事典

3150系

さんぜんひゃくごじゅっけい

名古屋鉄道の鉄道車両
目次[非表示]

2004年10月に登場した3300系の2両編成版。系譜・機能的には3100系の後継だが、設計負担低減のためモ3400・ク3300と同一設計としている。

共通運用されている3100系と同様ミュージックホーン・自動放送装置・車内チャイムは搭載していないので、2200系1700系が使われる特急・快特運用に増結車として入った場合ミュージックホーンを鳴らすことは出来ないが、自動放送や車内チャイムに関しては連結相手のものが流れる。

第1次車

3151Fから3154Fが該当する。仕様は3301Fと同一で、座席配置は転換クロスシートとロングシートを交互に配置したもの。制御装置は3151Fのみ三菱製で、他の3本は東芝製。

第2次車

3155Fから3159Fが該当する。2007年度に5本が増備された。ラッシュ時に3150系・3300系のクロスシート車が使われると「積み残し」が発生したため、これより車内座席配置がオールロングシート化された。
この他行先表示器のオーロラビジョンR-STAYの照明が白色LEDへ、扉横の手すりの無塗装化などの仕様変更が行われている。

第3次車

3160Fから3163Fが該当する。2008年度に4本8両が製造された。
2次車同様のオールロングシート仕様で、座席の形状も従来通りだが2代目5000系に準じたマイナーチェンジが実施されている。
まず行先表示器がオーロラビジョンからフルカラーLEDへ変更され、優先席が各車4名分から10名分に増え、優先席エリアのつり革とスタンションポールは黄色のものを採用、区別を図った。この他運転席直後の車椅子スペースから折り畳み座席がなくなった。

第4次車

3164Fから3166Fが該当する。2008年12月に落成した。
3次車と殆ど変わらないが、側扉付近の床が黄色に着色されている。

第5次車

3167Fから3169Fが該当する。2015年4月に2本が、2016年4月に1本が落成した。
4次車から7年ぶりの製造で、大幅なマイナーチェンジが実施された。まずスカートの形状が変更され、塗装がグレーからスカーレットに、前面の灯具類の上部の塗装が黒に、灯具類より下部の塗装がスカーレットに変更されている。また、新たに側面の窓上のスカーレットの細めのライン1本が追加され、外観が大きく変わっている。この新塗装は徐々に従来車にも波及している。
台車も4次車までのボルスタレス台車とは違い、ボルスタ台車のFS571形が採用された。この台車は瀬戸線用の4000系と同一である。

pixivに投稿された作品 pixivで「3150系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1173

コメント