ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

名古屋市営地下鉄上飯田線への直通運転を目的に、2002年(平成14年)に登場した名古屋鉄道の通勤形車両で、名鉄初のステンレス車両である。わずかな期間しか運用されなかった、国鉄63系割り当て車の3700系(初代)を除くと、100系200系に次いで登場した20m車両となっている。4両編成8本(32両)が在籍。


名鉄小牧線を走っていた旧式18m車両は置き換えられ、2003年(平成15年)3月27日の上飯田線開業と同時に、同路線の電車は当形式と名古屋市営地下鉄7000形に統一された。


本線系と分けて運行されるため、名鉄初となる新機軸を他車に先立って多く取り入れている他、市営地下鉄7000形も定期検査が名鉄舞木検査場で行われる関係で、機器類は7000形と共通化している。客室設備も扉間ごとにロングシートとクロスシートを交互に配置しているのも特徴だが、全線での走行時間が短いだけでなくローカル線での装備ではオーバースペックだと指摘する声もあり、特に通勤時間帯ではクロスシート付近の乗降口に立ち席客が集中すると出られなくなる事が多い。

なお、市営地下鉄7000形同様に6両編成化が可能になっているが、小牧線の需要そのものが低い為にその計画はない(まさし宝の持ち腐れ状態となっている)。


なお、ほとんど知られていないが、新製直後、営業運転開始までのごくわずかな期間、ミュージックホーンがついていた。その音色はなんとJR東日本の特急車両と同じという驚きの仕様になっていた。理由は不明ながら営業運転時には撤去されてしまったため、幻の存在となっている。


運用

原則、名鉄小牧線と地下鉄上飯田線の運用に限定されているが、かつては毎年8月に開催している「日本ライン夏まつり納涼花火大会」開催時は名鉄犬山線へ乗り入れて新鵜沼折り返しの臨時列車としても運用されている。

舞木検査場で行われる車両定期検査の際は、回送列車として名鉄犬山線名古屋本線の線路を走行する。


編成表

←上飯田犬山→
編成表ク310モ320モ330ク340
MT構成Tc1M1M2Tc2
搭載機器CPVVVF/SIV,PTVVVF,PTCP
第1編成311321331341
第2編成312322332342
第3編成313323333343
第4編成314324334344
第5編成315325335345
第6編成316326336346
第7編成317327337347
第8編成318328338348

関連項目

小牧線 名古屋鉄道名鉄 上飯田線 名古屋市営地下鉄

300系 名鉄100系 100系200系 名古屋市交通局7000形

関連記事

親記事

名古屋鉄道 なごやてつどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1224

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました