ピクシブ百科事典

3700系

さんぜんななひゃっけい

鉄道車両の系列のひとつ。ここでは「3700形」についても紹介。
目次[非表示]

名古屋鉄道3700系

名古屋鉄道の車両で、初代から3代目までが存在。

名鉄3700系(初代)

1946年~1947年にかけて運輸省から国鉄63系電車の割り当てを受けて導入した車両。名古屋鉄道初の20m4ドア車だが、その大きさゆえに東枇杷島-枇杷島分岐点間の急カーブを曲がることが出来ず、運用区間が豊橋-栄生間に限定された。そのため運輸省規格型電車で名鉄の車両限界に合った3800系が導入されると名鉄を去り、小田急電鉄東武鉄道へ譲渡された。

名鉄3700系(2代目)

1957年から登場した木造車体のHL車の鋼体化名目で製造された車両。HL車の車体更新車は以後3700番台を割り当てていくようになり、3730系・3770系・3780系の派生系列がある。特に3780系はHL車では珍しく冷房装置を搭載しており、名鉄のHL車では最後まで在籍した。

名鉄3700系(3代目)

メイン画像の車両。3500系をベースに車体断面を箱形に変更、パンタグラフシングルアーム化などを施している。3500系が大量に増備されたため4両編成5本の在籍にとどまる。以降の4両編成の新造は3300系へ移行した。

そのほか、名鉄以外の3700の形式、主に「3700形」

  • 京成電鉄3700形:同社初のVVVF制御車両で、優等列車の主力。8両編成15本と6両編成2本の132両が製造された。内8両編成2本は北総鉄道へ貸し出され、7300形7800番台として運用されている。⇒京成3700形
  • 豊橋鉄道3700形:1963年に名古屋市電からやってきた。最後に残っていた3702号は2007年引退。
  • 広島電鉄3700形:「ぐりーんらいなー」。1984年登場の3連接車両。5編成在籍。
  • 東急電鉄3700形:運輸省規格形電車で、名鉄の3800系と概ね同類の設計をなされた電車。製造時点の車両限界が同寸でもあり、車体サイズはほぼ同じ。ただし運転条件の差からドア数や座席配置が異なる。オイルショック時名鉄のラッシュ対策として、短期間でまとまった両数調達可能ということで大手私鉄間どうしながら譲渡が実現。保安装置の変更と塗替え、改番程度の小加工で名鉄就役となった(白黒写真だとほぼ間違い探しレベル)。

pixivに投稿された作品 pixivで「3700系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2934

コメント