ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

名古屋鉄道(名鉄)唯一の飛び地路線である瀬戸線では直流1500V昇圧後、本線系から転属してきた6000系、瀬戸線専用の6600系ツリカケ駆動6750系が運用されていた。

しかしこれら車両の老朽化が目立ち始めたため、2008年の瀬戸線栄町乗り入れ30周年を記念して従来車を取り替えるべく投入されたのが本系列である。2014年までに4両編成18本が製造された。


車内はオールロングシート。客用ドア上の鴨居部分にはLCDモニタが装備されている。表示内容は停車駅の案内や所要時間、乗車マナーや扉の開閉の注意などで、2000系ミュースカイ」などの特急形車両とは違い、ニュースやCMは流れない。

また、名鉄の非ワンマン車(かつ特急車両以外)では珍しく自動放送装置を持つ。これは本系列が置き換えた6750系から続く瀬戸線車両に共通する特徴。


車体は3300系(3代目)に準じたステンレス製。ただし、通常は鋼鉄やFRPで作られることの多い先頭部もステンレスで製作されている。これは(車庫の)尾張旭検車区が、住宅街の中にあるという周辺環境の問題から有機溶剤系の塗装設備が設置できなかったためである。そのため先頭部や帯もステッカー式とした無塗装車体であるが、耐候性の高い油性塗料による塗装の必要のある台車や床下機器は、トラックで舞木検査場へ運んだ上で塗装している。

また、路線にカーブが多いことからボルスタ付きの台車を装備しており、この設計は後年本線用3300系増備車・後継の9500系にも反映された。



編成表

←尾張瀬戸栄町→
車番ク4000モ4050モ4150ク4100
MT構成Tc1M1M2Tc2
機器構成CPVVVF,PTSIV,PTCP
第1編成4001405141514101
第2編成4002405241524102
第3編成4003405341534103
第4編成4004405441544104
第5編成4005405541554105
第6編成4006405641564106
第7編成4007405741574107
第8編成4008405841584108
第9編成4009405941594109
第10編成4010406041604110
第11編成4011406141614111
第12編成4012406241624112
第13編成4013406341634113
第14編成4014406441644114
第15編成4015406541654115
第16編成4016406641664116
第17編成4017406741674117
第18編成4018406841684118

関連タグ

名古屋鉄道(名鉄) 4000系 名鉄瀬戸線

名鉄300系300系 名鉄3300系3300系

関連記事

親記事

名古屋鉄道 なごやてつどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1177

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました