ピクシブ百科事典

目次[非表示]

名古屋鉄道6600系

1978年登場。名鉄瀬戸線用の通勤型電車で、同社6000系をベース車とする。当初は15本製造する予定だったが、地下新線の建設コスト増大のため製造数が減らされ2両固定編成6本の陣容となった。登場時点では「乗車時間が短い普通列車運転主体」を理由として非冷房車だったが、1985年に7000系パノラマカーの冷房装置を流用して冷房化改造。1988年には座席をロングシートに改造。晩年は4両編成で運用された。
4000系に置き換えられて2013年引退。

近畿日本鉄道6600系

1983年登場。狭軌路線である近鉄南大阪線系統用の通勤型電車。2両固定編成4本が製造された。車両デザインは同世代の8810系1400系に合わせ、製造当初から冷房装置あり。製造時期の事情から2両固定4本で打ち止めになった為、南大阪線唯一の界磁チョッパ制御ロングシート車となる。2001年から2003年にかけてリニューアル工事を実施。後輩の6400系列や6820系に交じって運用されている。
電算記号は「FT」で、歯車比は15:93=6.20に設定されている。

関連タグ

鉄道車両の形式の一覧
6000系 6750系 6200系

関連記事

親記事

鉄道車両の形式の一覧 てつどうしゃりょうのけいしきのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「6600系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1376

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました