ピクシブ百科事典

1400系

せんよんひゃっけい

ここでは近畿日本鉄道の車両、1400系・1200系・1201系・2050系について解説。
目次[非表示]

概要

1981年に登場した近畿日本鉄道の通勤形電車。車体は奈良線向けに製造された8810系9000系9200系に似ているが、2610系2800系列と同様、裾絞りが無くストレートな車体が特徴である。
制御方式は界磁チョッパ制御を採用、少しだけ省エネルギー化を果たした。
当系列は大阪線および名古屋線系統で運用されている。

スペック

最高速度110km/h
減速度(常用最大)4.0km/h/s
制御装置界磁チョッパ制御
駆動方式WNドライブ
歯車比18:85=4.72


1400系

4両編成が4本、16両在籍している。電算記号は「FC」。
第1編成から第3編成のFC01~FC05編成主に大阪線大阪上本町青山町間で運用される。第4編成であるFC07編成は2018年3月17日付けで名局の富吉検車区に転籍した。この編成のク1508に化粧室がある。

1200系

1200系は24両が製造された。第11・12編成は2410系2430系の編成組み換えで足りない先頭車・中間車としてそれぞれ2両ずつが新製され、編成の前後で顔が異なる4両固定編成を組んでいる(前後2両で車体断面、制御方式、パンタグラフ等異なる箇所が存在する)。この2編成の電算記号は「FC」。中間車・サ1380形にトイレを装備。かつては大阪線で運用されていたが、現在は主に名古屋線で運用されている。

一方で2両固定編成で登場した第1~第10編成は、ワンマン運転対応改造によって「1201系」に形式変更されている(現在「1200系」を名乗るのは前述の4両のみ)。

1201系

先述の通り1200系として落成していた2両編成10本が、ワンマン運転対応改造を受けたことにより1201系を名乗ることになった。電算記号は「RC」。
主に名古屋線を中心に運用されている。

2050系

3両編成が2本、6両在籍している。電算記号は「RC」。
番号は2000系が3両固定編成を組んでいたためそれに倣ったもの。3両固定編成ということで、近鉄名古屋線の普通・準急を中心に活躍している。

関連項目

近畿日本鉄道 近鉄 鉄道車両の形式の一覧 界磁チョッパ制御

8810系 9000系 9200系 2410系 2430系 2610系 2800系 2000系 1420系 6600系

pixivに投稿された作品 pixivで「1400系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179

コメント