ピクシブ百科事典

99式自走155mmりゅう弾砲

きゅうきゅうしきじそうひゃくごじゅうごみりりゅうだんほう

99式自走155mmりゅう弾砲とは、陸上自衛隊にて運用される自走榴弾砲である。 75式自走155mm榴弾砲の後継として1985年から研究開発が始まり、1999年に採用された。 愛称は「ロングノーズ」で、略称は「99HSP」。
目次[非表示]

特徴

本車の特徴は2つあり、1つ目の特徴は目に見えて75式自走155mmりゅう弾砲よりも長砲身化した155mm砲である。この砲は75式と口径こそ同じだが、砲身長を75式の30口径から52口径へ約1.7倍に延長しており、これにより最大射程は75式の約20kmから約30kmと1.5倍にまで伸びた。なお、これは通常弾の場合であり、ベースブリード弾とすることで射程を延長した93式長射程りゅう弾を使用すれば、最大射程は約40kmと約2倍になる。
二つ目の特徴は75式よりも進化した自動装填装置にある。75式では砲弾のみ自動装填ではあったが、本車は砲弾と装薬の両方を自動装填することができる
これは自動装填装置を有するドイツのPzH2000やイギリスのAS-90でも実用化されていない(実用化されているのは砲弾の自動装填のみ、ただしPzH2000は薬莢式弾薬も装填できる為その弾薬を使っているときは両方の自動装填が可能)。
さらに99式弾薬給弾車と砲塔右後部のハッチ前で連結することで驚異的な量の砲弾と自動装填による火力投射が可能となる。
自衛装備としてはブローニングM2重機関銃を1丁装備している。

関連イラスト

本車に関するイラストを紹介してください。

別名・表記ゆれ

99HSP 99式自走155mm榴弾砲

関連タグ

陸上自衛隊 自走砲

関連記事

親記事

自走砲 じそうほう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「99式自走155mmりゅう弾砲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 654

コメント