ピクシブ百科事典

Dr.イチガキチーム

どくたーいちがきちーむ

幽遊白書に登場するチーム。

概要

幽遊白書に登場するチームで、浦飯チームの暗黒武術会2回戦の相手。人間の格闘家3名と妖怪の科学者2名で構成されている。試合には前者を浦飯幽助桑原和真幻海と戦わせ、後者は森で蔵馬飛影の邪魔をする。後述の特異な経緯もあってか、このチームのメンバーが登場する幽遊白書のテレビゲームはほぼ皆無である。

メンバー
・Dr.イチガキ...このチームの監督。マッドサイエンティストで究極の生物兵器を造ることが夢。その先駆けとして高名な武術家である三田村の弟子、円・魁・粱を操る。三人が幻海に倒され、追い詰められて切り札の戦闘妖液で巨大化するが、幽助にあっさり倒された。
・円...三田村の弟子の一人で、霊気の輪(エンゼルチャクラム)を飛ばして戦う。茶髪で両目が隠れた青年。三田村を助けるためにイチガキに身体を提供し、M-1号として操られるが、幻海の「光浄裁」により正気を取り戻す。幻海は3人とも知っており、「心身ともに強い者たち」と評価していた。
・魁...三田村の弟子の一人で、棒状の霊気で攻撃する。辮髪で髭の生えた青年。三田村を助けるためにイチガキに身体を提供し、M-2号として操られるが、幻海の「光浄裁」により正気を取り戻す。円と粱と共に決勝戦を観戦するが、100%になった戸愚呂に吸収されかける。
・粱...三田村の弟子の一人で、霊気の拳(ハウンドクロー)で攻撃する。紫色の髪で額に傷のある青年。三田村を助けるためにイチガキに身体を提供し、M-3号として操られるが、幻海の「光浄裁」により正気を取り戻す。試合後、自分達の為に怪我を負った和真の代わりに浦飯チームに加えてほしいと申し出るが、ルール上不可能だった。
・M-4号&M-5号...イチガキの助手で戦闘力は低い。妖鋼獣ガタスバルを操り、蔵馬と飛影の邪魔をする。どちらか不明だが、一人は蔵馬と飛影に瞬殺された。
・ガタスバル...イチガキが作り出した魔性力学の妖鋼獣。対妖気防御用の陰呪水を塗った鎧を纏う痛みを知らない体を持つが、一部壊れた箇所から蔵馬が薔薇棘鞭刃を回路に侵入させ、操って停止させた。

pixivに投稿された作品 pixivで「Dr.イチガキチーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21704

コメント