ピクシブ百科事典

RYO-Ⅱ

りょうつー

「銀魂」の世界に存在する感染型ウイルス。

概要

この一連のエピソードは『こち亀』の30周年を記念し、恐らく『バイオハザード』を元ネタにしたお話である。
猿飛あやめの証言によれば、かつてマルコメ族がアンデラス戦役において猩猩星を迎撃するために使ったとされる地獄のウイルスである。
感染した者は誰かさんのように、金にがめつく強欲で、賭博やパチンコをやったり床屋で角刈りをするなど、いかにも駄目なおっさんになってしまう。

マユゾン事件

ある日、亀有防衛軍と名乗る攘夷志士が事故に見せかけてウイルスをばら撒いたことによって、感染した市民の眉毛が誰かさんのようにつながって暴走する事件が発生する。
マユゾンと呼ばれた人々は、一斉に市民を襲ってその者をマユゾンにして増やしていく。何とか逃れた銀時らは、安全なパチンコ店に立てこもるも、マユゾンと化し、『バイオハザード』でいうチェーンソーなキャラのポジションと化したお妙さんによってバリケードを壊される。
マユゾンの大軍に追われて絶体絶命の危機を迎えるも、一人だけ抗体をもった人物がいた。
その人とは何と銀時だった。元々ダメ人間である彼にはウイルスが効かなかった。
銀時は幕府が開発したワクチン『B-超5963(ぶちょうごくろうさん)』を搭載したからくり大筒『莫迦門(ばかもん)』を大空に向けて発射することで人々を救う。

pixivに投稿された作品 pixivで「RYO-Ⅱ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4447

コメント