2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アイテム番号:SCP-294
メタタイトル:コーヒー自動販売機
オブジェクトクラス:Euclid

SCP-294とは、シェアード・ワールド「SCP_Foundation」に登場するオブジェクトの一つ。
コイツはキーボードが取り付けてあることを除けばよくあるコーヒー自販機である。50セント硬貨一枚を入れてキーボードに飲み物を入力すると買うことが可能である。
そしてコイツ、液体ならばなんでも出すことができる。飲み物はもちろん、ガソリンやニトログリセリン、高温で溶けた金属、更には音楽や医療技術といった抽象的なものも入力すれば出てくる。
ただし液体は自ら産み出しているわけではなく、別の場所から調達しているため、絶滅したリョコウバトの血といった既に存在しないものを入力しても出ず、"OUT OF RANGE"(圏外)と表示されるのみである…訳でもなくIQ99の好奇心低めの被験者の場合実在する生物の唾液などを入力した後、約800万年前に絶滅したフォベロミス・パッテルソニの脳脊髄液を出すことが出来たため、被験者に依存すると思われる。
また、ある程度知能があるのか、「今までに飲んだ中で最高の飲み物」と入力するとしっかり彼らが思っていた飲み物が出てきたり、「キリストの血」と入力すると私の血が入っていますとラベリングされたワインが出てきたという。
また、SCP-075の分泌液を注文した所、出てきたものの、注文と同時刻にSCP-075が覚醒し収容違反が発生。
ただし、「Joe」(『Cup of Joe』はコーヒーを表すスラング)を入力するとエージェント・ジョセフの生体組織が出てくるなど、不明確だったりあまりに抽象的なものだと、思わぬ結果を招くことがあるので注意。
一方で「完璧な飲料水(無臭のラベンダー色)」を入力した実験では飲んだ被験者がショックを受け遺書を遺して自殺したため、これ以降のこの液体の入力は保留されている。

関連タグ

SCP_Foundation SCPオブジェクト 自販機

SCP-261『異次元自販機』···同じく自販機のオブジェクト。
SCP-198『コーヒーを一杯』飲み物系のSCP。ただしこちらは

関連リンク

SCP-294 "コーヒー自動販売機"

関連記事

親記事

SCPオブジェクト えすしーぴーおぶじぇくと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「SCP-294」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「SCP-294」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111507

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました