ピクシブ百科事典

お茶道・千利休

おさどうせんのりきゅう

「お茶道・千利休」とは、ソーシャルゲーム『戦国コレクション』の登場人物。
目次[非表示]

概要

ゲーム内でのレア度はレア。必要魔力は14。属性。
モチーフは茶人の千利休で、他のバリエーションに「賢茶」がいる。
茶道は本来抹茶を立てるものだが、この利休は紅茶だばぁしている。

アニメ『戦国コレクション』での千利休

声:早見沙織

女性しかいない《戦国世界》でも、史実と同じく茶人。ゲームの画像とは異なり、アニメでは日本茶を立てている。
武将ではなく、《秘宝》は持っていないが、茶道を通してさまざまな武将と付き合いがあった。「復讐ノ牙・明智光秀」とは茶道友達
ゲームの説明には「秀吉の知恵袋でもある陰の実力者」とあり、「太閤娘・豊臣秀吉」との絡みもあった。
良識人であり、各人のフォローに気を回している苦労人。「小悪魔王・織田信長」に脅されても物怖じしないほど肝が据わっている。

メイン回はなく、何度か脇役として登場した。

  • 8話で初登場。砂漠の真ん中で茶を立てており、やってきた信長・秀吉と禅問答を繰り広げた後、戦車との戦争に繰り出した。もっとも、この回は秀吉の迷い込んだ不思議世界が舞台のため、本人ではない可能性がある。性格も他の回とは異なり、不適な笑みを浮かべている。
  • 16話で「剣聖・足利義輝」と「斬神・柳生石舟斎」の間に勃発したロシアン女子会につき合わされる。当初は義輝の仕掛け人だったが、信長が乱入したことで審判に。なお、この回では紅茶を出している。
  • 20話、錯乱して街中をさまよっていた光秀を自宅に保護。光秀の回想で、《戦国世界》での茶道仲間だったことが語られる。その後、光秀の《秘宝》目当てに押し入ってきた信長の前に立ちふさがり、光秀は行方をくらました。
  • 26話、月明かりの差し込む部屋で、一人、茶を立てる利休の姿が。

関連タグ

戦国コレクション
千利休
太閤娘・豊臣秀吉 復讐ノ牙・明智光秀 小悪魔王・織田信長
泣きぼくろ

pixivに投稿された作品 pixivで「お茶道・千利休」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45349

コメント