ピクシブ百科事典

くるくるちゃん

くるくるちゃん

『プリパラ』の登場キャラクター、紫京院ひびき》の幼少期の姿。
目次[非表示]

ある意味ネタバレ項目なのかもしれないが、『紫京院ひびき』というキャラクターの名誉と尊厳のためにも、是が非でも!この項目に目を通して誤解無く接していただきたい。

概要

くるくるちゃんとは10年前の紫京院ひびきの姿(推定5、6歳)。黄木あじみが勝手に付けた名前だが、後にファンの間で幼少期ひびきの呼称として定着した。

庭師の人からはひびきお嬢様と呼ばれている存在である。

ふぇぇ・・・
らくがきくるくるちゃん


縦ロールの髪型が印象的なくるくるヘアーのお嬢様で、あじみが命名したのはこのくるくるした髪型から。
足の速い、手のひらサイズの四輪駆動のマシンが好きそうな男の子っぽい性格の女の子である。CVは現在のひびきと同じ斎賀みつき

らぁら達6人とアロマゲドンふわりめが兄ぃの10人はくるくるちゃんの過去を聞くためあじみによって地下パラの一室に集められ、庭師の人の証言とあじみの供述(それと南みれぃの通訳)によりひびきの壮絶な過去が判明する。
(ただし国家機密レベルのセキュリティロックでもかかっているのか、南みれぃの通訳による再現フィルムでも「ダ・ヴィンチ」という語尾は抜けなかった)


紫京院ひびきの過去

第1章・手のひら返し事件

今から10年前、(プリパラアニメ第83話)
ヨーロッパラのペルサイユという場所に紫京院家の別荘があり、そこにくるくるヘアーが印象的な足の速い女の子がいました。
彼女の名前は紫京院ひびき。幼稚園に通っている5歳くらいの女の子。

この時代から男子っぽさがあり、大人達に女の子っぽい格好をさせられていながらも裸足で泥だらけになりながら駆け回っていた。
また、幼稚園の演劇で王子様の役どころをノリノリで演じていたりとこの時代から麗人アイドルとしての頭角をあらわしていた。
そして、これから数奇な運命に翻弄されるとも知らずに同じ年頃の女の子たちとプリチケごっこなどをして仲良く遊んでいたのであった。

ある日、ひびきの両親が旅行中に生死不明になったとの連絡が入った。
幼少の彼女にとって耐え難い事件だろう。

だがそれは財閥たる紫京院家の崩壊を意味していた。
それを聞きつけた当時の執事および使用人たちが紫京院家の財産のほとんどを持ち逃げし、
同じ年頃の女の子たちも「お金持ちじゃない子と遊んではいけないと親に言いつけられた」と言い残し、ひびきとあっさりと縁を切ってしまったのだった。
両親の行方不明に続いて、次々と離れてゆく周りの人間たち……。木彫りの人形を見つめて自暴自棄におちいるひびきだった。

が、その後間を置かずに両親が生存しているという知らせが届いた。
本来ならば「両親の生存」は素直に喜ぶべき出来事なのだが、『ひびきの両親の生存』……つまり、『富豪である紫京院家の復活』を聞きつけた使用人及び同じ年頃の女の子たちは、何事も無かったように手のひらを返し関係を修復しようとした
これにより、周りの人間は《紫京院ひびき》を「ひとりの人間」としてではなく、「金ヅル」程度にしか見ていないことが判明した

救いようのない、シリアスかつ悲惨な過去である。

これによって幼いひびきの怒りが爆発し、彼女は屋敷に閉じこもり完全に心を閉ざしてしまった。
以来、ひびきは友情を信じなくなったのである。

ここまでは哀しきシリアスな展開だったのだが…。

第2章・謎のフルーツ泥棒襲来


※↓第83話以前に描かれたイラスト

あじくる



その後、ひびきの前にパイナップル頭の少女があらわれた。
彼女はかねてから屋敷の庭園のフルーツを盗み食いしており、一方的に事情を知っていたのだった。

その少女はひびきを「くるくるちゃん」と呼び、フルーツ語尾まみれの言語で話しかけてくるがひびきはその言葉自体を理解できず屋敷から追い出した。

しかし、それだけでは終わらなかった。
そのフルーツ泥棒から間を置かずに語尾まみれの言語で電話がかかってきたのだ。
びっくりして電話の受話器を置くと、次の瞬間天井裏からフルーツ泥棒が現れる。
天井の穴をふさぐことで対抗するのだが、間を置かずに柱時計の中から出現する。
柱時計のドアを閉めてフルーツ泥棒に対抗するも、その語尾まみれのフルーツ泥棒は諦めなかった。
あるときは便器の中から現れ、またあるときは換気扇から現れ…。
そして、就寝中にもフルーツ語尾まみれの言語をメガホンで叫び睡眠を妨害してくるのである。
某海外アニメキャラをイメージすればわかりやすいかもしれない。

【プリパラ】落書きまとめ


もはや謎のフルーツ泥棒から逃れるすべは無かった。


フルーツ泥棒の正体はかつての黄木あじみ
事情を知る彼女はひびきと友達になってあげようと必死に接近しており、ずっと友達になろうと呼びかけていたのだった。しかし彼女のセンスや言葉はあまりにブッ飛んだものだったため、一般的な感覚を持つひびきにはまるで通じなかったのである。

ひびきの乗る乗用車に勝るスピードで自転車で追いかけてくるあじみ。ひびきは逃れるためにヨーロッパラじゅうを駆け巡り、イパリアの美術館にたどり着いた。
そこであじみレオナルド・ダ・ヴィンチの作品を目撃し興奮している間に振り切って、
その間に髪をばっさり切りくるくるヘアーを卒業することによって2人の追走は終了したのだった。

だがこの事件によってひびきには更なるトラウマが植え付けられ、(あじみに悪意は無いのだが)「ぷり」などの変な語尾を聞く度体がアレルギーに似た拒絶反応を起こすようになってしまったのだった。

のちにこの出来事はを聞いたドロシー・ウェスト黒須あろまは、この事件を「完全にホラー」「悪魔呪いより恐ろしい」と述べている。

第3章・よみがえる悪夢

あれから、男子として間違われスカウトされたひびきは芸能界でトップスターとして登り詰め、最高のプリンスと呼ばれるまでになっていた。
信頼できる執事もでき、自身が女性と世間に公表したひびきはプリパラの改革を行っていた。あの裏切りがあっても、プリパラへの愛は唯一変わらなかったのである。
そして82話。
ひびきのもとに一通の電話がかかってきた。

紫京院ひびき「紫京院です」

上機嫌で電話に応答したのだが、受話器から聞き覚えのある声が……

???「くるくるちゃん?にゃははー」

その一言を聞いた瞬間ひびきの身は凍りついた。
自分を「くるくるちゃん」と呼ぶ存在はアイツ……あのフルーツ泥棒の少女しかいないからだ。
その後間を置かずに放たれるフルーツ語尾によるマシンガントーク。恐怖のフルーツ語尾に混じって聞こえる「ダヴィンチ」という語尾………!
その語尾を聞いた瞬間ひびきはようやく理解した。

あじみ先生&フルーツ泥棒ちゃん


……電話の相手があじみであり、あじみは語尾まみれ少女であり、語尾まみれ少女は電話の相手であり…。
ひびきは一気に恐怖の表情を浮かべ叫ぶのだった。

あんどおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
「バリケードを築けぇ!黄木あじみを近づけさせるな!絶対…絶対に…!」
「あんなやつ!僕には用無しだぁぁぁぁぁぁ!!!!」

プリパラまとめ





…というのが、ひびきを巡る一連の過去である。
詳細は紫京院ひびきの項も参照してほしいが、彼女の過去は凄まじい人間不信と語尾のトラウマに覆われていた。
ここからプリパラの2ndシーズンは佳境に入る事となる。


関連タグ

プリパラ 紫京院ひびき
黄木あじみ ロリ シリアスブレイカー
哀しき悪役 悲劇のヒロイン なにこれ切ない
ひびきこれせつない

pixivに投稿された作品 pixivで「くるくるちゃん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 277198

コメント