ピクシブ百科事典

ちかなん

ちかなん

『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場する高海千歌と松浦果南のカップリング。
目次[非表示]

概要

ラブライブ!サンシャイン!!」に登場する高海千歌松浦果南によるカップリングタグ。長年の仲良しの気心の知れた幼馴染(果南談)、千歌からのスクールアイドル勧誘に対し、「かわいい幼馴染のためなら手伝う」という軽いノリで加入した。

公式

G's magazine

2015年6月号

「私、松浦果南はここ内浦の海で家業のダイビングショップを 手伝ってる高校3年生。内浦の自慢は、緑の山に青い海、広い空には肢しい太陽とぼっかり浮かぶ白い雲一そんなきれいな景色を見ているだけで、私は毎日十分幸せ。あっ、でもそこに加えて長年の仲良しの気心の知れた幼なじみの存在一っていうのも入れておかないとチカが怒るかな? くすくす。私の幼なじみのチカは、少し心配性で幼くて、でもすごく元気でいつも突飛な発想力だけは際立ってて最近、また何 か変なことを思いついたらしい。でも、青い波に揺られながら、 何も考えずにまっすぐ泳いでいると、なんだが頭の中が空っぽになってきて。とりあえずかわいい幼なじみの計画を手伝ってやらなくちゃっていう気分になるから不思議だね」

G'sに果南の自己紹介が掲載された。
全文を読むとお分かりかもしれないが、後半に関してはほとんど千歌についてしか述べていないことが分かる。

2015年07月号

千歌と果南の休日の過ごし方が掲載された。

千歌のスケジュール
7時半 起床
8時  朝食
9時  お弁当作り
10時  果南ちゃんちのある島に船でGO!
11時  家の手伝いをする果南ちゃんと海で遊ぶ
12時  果南ちゃんとお昼ごはん♪(でんぶのおにぎり!)
14時  帰宅 お姉ちゃんに捕まって無理やり宿題
15時  親のおつかいでお寺の花丸ちゃんちへ。遊びに来ていたルビィちゃんも一緒にアイドル話a&
17時  お寺の鐘が鳴ったら帰宅。テレビタイム~♪
19時  夕食
20時  お風呂!
21時  海辺を散歩。満月がきれいで歌っちゃった!
22時  就寝

果南のスケジュール
6時  起床
6時半 朝食
7時  天気予報チェック
8時  買い出し
9時  タンク等ダイビングギアのチェック
10時  チカが来た!
12時  昼食
13時  ダイビング
16時  入浴
18時  夕食
21時  チカと浜で会う
22時  就寝

二人のスケジュールを照らし合わせれば一目瞭然なのだが、小さい頃からの幼馴染というだけあってスケジュールの中に会うことが当たり前のように書かれている。
千歌はお弁当を作り、果南と遊んで作ってきたお弁当を昼食として一緒に食べているだけではなく、一度分かれたにもかかわらず夜に再び会っている描写がある。
少々齟齬がある為、同じ日の休日によるものとは言い難いものの、休日は頻繁に会っていることが窺い知れる。


えええ~、スクールアイドルになる?
もう、また変なこと言い出すんだから、チカは――。ほんっと、いつも変な事ばっかり考えてる子だよね。
小さい頃からよく知ってるけど本当に、いつもかわいい顔して突飛な事ばかり考えてた。
内浦の浜辺に星の砂を作る方法とか、私の住んでる島まで橋をかける方法とか――。
くすくす♪
浜に橋をかけて、いつでも私の住んでる向かいの淡島まで遊びに行けたらいいのにっていうその発想が――かわいくて私はちょっぴり嬉しかったけど。
でも、まあとにかくこの辺は子供もそんなに多くなかったから、1つ年下だけど、海で泳いだりスポーツが好きなチカとはなにかと一緒になることが多くて、 仲がいいっていうよりは、なんだかもうほとんど腐れ縁? みたいな感じでずっと一緒にいたんだよね。
だから、とりあえず、なんでも――相手がやることには付き合うって言う感じで今まできたの。
フフ。だから、あの子が大好きで私の苦手なカラオケに何度付き合わされたことか。
ふう――。
それが今度はスクールアイドル?
まあ、こんな田舎の浜辺の街で、アイドルもなにもないと思うけど――でもまあ、あの子がやりたいって言うなら、とりあえず付き合うしかないでしよ。
こんなところで、高校生がなにかやりたいってなったら――助け合わなきゃ。 私は家業のダイビングスクールの手伝いがあるし、島住まいだけど、その分、もともと部活はやってなかったから時間なくはないし。
唄ったり踊ったりは――柄じゃないけど。
コピーバンドぐらいならできる、んじゃないかな?
でも――。
ちょっと気になってるのは、チカは憧れの「μ's」目指して頑張る! って今から握りこぶし作って張り切ってるけど。
そもそも、私たちの通う浦の星女学院は、μ'sのいた音ノ木坂学院とは違って、もう廃校になることは完全に決定済なんだけどな。
大丈夫かな? あの子ホントに分かってるかな――。

上記も同じ号に掲載された果南のモノローグである。
スクールアイドルに誘われた時の心境について綴られており、乗り気ではないものの、腐れ縁で「相手がやることには付き合う」という暗黙の了解じみたものでスクールアイドルに付き合うことを了承した経緯が書かれている。

2016年06月号

マルのヨンコマ DROP 5「幼なじみ。」では二人の生い立ちについて描かれた。生まれた頃から一緒に過ごしている様子と共に千歌が「いつか大きくなったら果南ちゃんに追いついて同じ年になる」という想いを持っていることが語られ、幼稚園の七夕の短冊に願い事として吊るしているコマまであった(短冊には「つぎはかなんちゃんとおなじくらすになりたい」と書かれている)。
ちなみに高二になった千歌曰く「中学に入学する頃には追いつけると思っていたけどなぁ~~! なんかやっぱりまだダメだったみたい☆」とのこと。
それに対し果南からは「じゃあ早く追いつくようにいつもおやつの大きい方は譲るね」と返されている。
仲の良さだけではなく、未だに一緒におやつを食べているということが判明した貴重な回でもあった。

2016年08月号

ファンからの果南への質問で「天体観測は望遠鏡を使って本格的に行っているのですか?」という問いに対して
「中学生の時にずっと貯めてたダイビングのバイト代をはたいて買ったビクセンのを持ってる。千歌ちゃんの命名で海南1号って名前がついてる」
と返している。千歌が命名した「海南1号」という名称をそのまま使っていることから果南自身もそれなりに気に入ってる様子が分かる。

2016年09月号

以前、千歌が言ってました。
アイドルの力は、みんなに笑顔と勇気と元気を届ける不思議な力。
だからいつも自分にできる最高の笑顔を届けるんだって。
もしか その力を1番最初に千歌からもらったのは私なのかもしれないです。
たから、私も――今日はその力を、何とか皆さんに伝えらるように。

G'sに限った話ではないが、果南はよく「千歌が言っていた」「千歌から聞いた」という言葉を多用しているがそれだけ千歌の言葉が果南の中に深く根付いているというこが窺える。

2017年01月号

ファンからの千歌への質問で「千歌ちゃんの特技である卓球の実力を知りたいです」という問いに対して
「そりゃーもちろん、オリンピックの水谷選手くらい――って言いたいとこだけど、やっぱりそれはちょっと無理があるかな――テヘへa& でもスマッシュは打てるし、なんと! 最近はあの果南ちゃんにいっつも勝つんだよ!!手加減なしで!! 年上の果南ちゃんには子供の頃はいつも負けてたもん。内浦の卓球王は千歌で決まりだね、きっとa&」
と返しており、少なくとも卓球の腕前は果南より上とのことから相当レベルが高いものだということが分かる。
果南に勝てるようになったことを本気で喜んでいる千歌のセリフが二人の仲の良さを表しているといってもいいだろう。

2017年02月号

千歌、果南、梨子による初詣イラストでの果南のモノローグにて、千歌のことを「仔犬みたい」と言って微笑ましく見つめる描写があった。

2017年03月号

千歌と果南による幼馴染のバレンタインの様子について千歌目線で語られている。

千歌の一番のお気に入りはピーナツ入りのハート形のチョコレートで、果南がそれを覚えていていつも沼津の街に行った時に千歌に買ってきてくれると書かれている。
同時に果南のお気に入りのチョコ(ふわふわのチョココーティングのマシュマロ)も紹介され、千歌には「むにむにフワフワしてるとこがいいんだって! 意外とそういうとこ、かわいいんだ一果南ちゃん」と称されており、バレンタインも微笑ましく過ごしている様子が描かれている。

2017年07月号

千歌と果南のデュオ衣装が初公開され、千歌目線で果南について語られている文章も掲載された。
果南の事を「千歌よりも年上のお姉さん」と称し、
身の回りに虫が出てみんながキャーってなった時に――ヤレヤレって一番最初に立ち上がって、ポイって指でつまんでお外に退治してくれるのは――果南ちゃんの役目だったんだよ~♪
と子供の頃のエピソードが披露された。
「どんな時も頼りになる、チカの自慢の幼なじみの果南ちゃん」と力強く言い、セミプロのダイバーで海の中の生物について詳しい事についても自慢気に語っている。更に、18歳の誕生日がきたら果南からダイビングを教えてもらう約束までしているとのことで、果南に対する千歌の信頼度もかなりのものである事が伝わるのではないだろうか。

「もっと聞きたいAqoursのこと」のコーナーで「小さい頃のこどもの日の思い出はあるか」という果南への質問に対して「本当に小さい頃にはよくチカの家に預けられてたっけ。しょうぶ湯に入ったのが思い出」と答えている。
「冬至の日は柚子湯ではなく、みかん湯なのか」という千歌に対する質問への回答では果南の名前は出てきてはいないが「冬至の日はもちろん柚子湯だよ!(一部省略)柚子湯にしょうぶ湯、ハッカ湯やショウガ湯もあるよ~♪」と答えており、見事に内容が繋がっていた事は明記しておきたい。

2017年09月号

千歌と果南がG's magazineの表紙を大きく飾った。HAPPY PARTY TRAINの衣装に身を包み、背中合わせで笑顔で腕を組んでいる姿が描かれていた。
マルのヨンコマの漫画版ではDROP5「幼なじみ。」が掲載された。四コマでは描かれなかった、コルクボードに千歌の写真が張り付けられていたり(ぼやけて分かりにくいがシルエットで千歌と果南だと判別できるものもある)、千歌が短冊にお願いごとを書いて笹に飾るまでの描写が少し加筆されており、自信満々で笹を見上げる千歌の顔が確認できる。

漫画版

G's magazineで連載されている漫画版は基本的にG'sの設定で話が描かれている。

1話

1話冒頭で千歌がスクールアイドルになると決意し、一番最初に誘ったメンバーが果南だった。
その他に千歌の自室で一緒にさも当たり前のようにご飯を食べていたり、μ’sのライブ動画を見る果南を優しいまなざしで見ながら隣に寄り添う描写がある。
果南がスクールアイドルに興味が無く話を聞いていないことに千歌が怒っても果南はすぐに謝り「教えてくれたらちゃんと聞く」と千歌には甘い。(その後指切りをして千歌の機嫌は戻っている)

3話

十千万のお食事処で果南が料理を担当し、千歌が給仕をしている描写がある。

4話

淡島から水上バイクでやってきた果南と合流し千歌と一緒に登校し、その道中でも千歌はずっとスクールアイドルの話をしている。

5話

梨子が音ノ木坂から転校してきたことに運命を感じた千歌がスクールアイドルへの勧誘を決めた際に、真っ先に果南の元に行って話をしにいっている。

6話

スクールアイドルへの勧誘をするもののうまくいかず落ち込む千歌の肩を抱き、手を握って優しく諭している。
その後千歌が梨子へのアプローチを変えて「まずは仲良くなるところからスタートする」と結論を出した時も果南は笑顔で同意していた。

スクフェス

7章4話

年末年始のストーリーでは、千歌が言い放った「大きな神社より先に行きたいところがある」という発言に対して「あ……千歌、それって、もしかして!」と言いたい事を瞬時に理解するなど、長い時間を共に過ごしてきた幼なじみ特有の以心伝心ぶりを発揮してくれる

その行きたい場所というのも、千歌と果南が小さい頃からずっと一緒にお参りしている神社なのだそうだ

11章3話

Aqoursカフェのメニューを考えるというストーリーで各メンバーの好きな食べ物で構成し、それぞれに個性的な名前がついている中で千歌のメニューだけ「みかんジュース」というごく普通の名前になっていることに不満を覚える。そんな千歌の為にネーミングを考えるのだが果南が「Aqoursの元気の源☆太陽ジュース……っていうのはどう? 千歌をイメージしてみたんだ」と提案したところ「それ、いい!」と千歌が即答し、果南の案で千歌のメニューが決定した。

2016年 千歌の誕生日祝福メッセージ

こうしちゃいられない! 千歌の誕生日だから今日だけ部活は休み。盛大にお祝いしようよっ

千歌の誕生日を祝わない訳がないだろうと暗に言っているかのような幼馴染の果南らしい台詞。
今まで千歌の誕生日を祝ってきた果南にとっては何よりも優先すべき事柄だということが伝わる。

2017年 果南の誕生日祝福メッセージ

果南ちゃんは海の事も私のこともなーんでも知ってて。あはは……お姉ちゃんみたいな存在です!

他のメンバーが海中から祝っていたりする中で、千歌だけが一切海中には触れておらず、真っ当に果南の誕生日を祝っているのが印象的である。

職業編UR松浦果南覚醒メッセージ

面倒見がいい? ……そうかな?
小さい頃から千歌の面倒みてたからかも
なんとなく放っておけなかったんだよね~

面倒見のよさは千歌の面倒をずっと見てきていたからだと、猫に囲まれている果南本人が発した言葉である。

イベント

2017年7月5日~15日に「ハッピーエンドをくださいな」というタイトルのイベントが開催された。
覚醒後の二人の衣装は七夕を意識した織姫と彦星モチーフのものだった。
特技名も「いつだって果南ちゃん(千歌)」「目が離せない子(果南)」と互いを意識したものになっている。
待機ボイス(千歌SIDE)
「果南ちゃーん! 七夕の日、覚えてる? ホントに覚えてる? えへへ、絶対約束だからねっ」
「果南ちゃんにはいつまでも私の好きな果南ちゃんでいてほしいなあっ!」

待機ボイス(果南SIDE)
「七夕の日は千歌と約束してるんだ。ふふふ、千歌ったら私が忘れてないかすごく心配してるんだよ」
「これからもずっと一緒だよ、千歌」

千歌のサイドストーリー『いつも変わらず』
七夕だから果南ちゃんと星を見に来たという千歌。星を見て変わらずに綺麗だと呟いた後、私にとってずっと変わらないものって言ったら空の星と果南ちゃんなんだよ、と発言。実の姉がいるにも関わらず果南の事を「ずっと私のお姉さんみたいな存在」や「私のこと、いつも応援してるれるんだ」と信頼を寄せていることがセリフから窺うことができる。
転んだりしても、すぐに手を差し伸べるんじゃなくて千歌が起き上がるのを待っててくれる果南に対して「この感じ、分かるかなぁ? すごく安心するんだよ……?」と嬉しさを滲ませている。
そして最後に「変わらない果南ちゃんの優しさは、いつも空にキラキラしてる、お星様みたいだ~って思うんだ。うふふ。つまり私は、果南ちゃんがだーいすき!ってことだよ♪」と、とてつもない破壊力を秘めたセリフでストーリーが締めくくられている。

果南のサイドストーリー『今までも、これからも』
千歌のサイドストーリーと連動しており、七夕だから千歌と一緒に星を見に来ているところから始まる。小さい頃から千歌とよく星を見に来ていたことを懐かしそうに語り始める。千歌は昔から目が離せない子(面倒を起こすという意味ではなく)で元気いっぱいでキラキラしてて、ずっと見ていたくなる感じだという。いつも果南の後を「果南ちゃん、どこ行くの?」「果南ちゃんおいていかないで~」とついてくるのが可愛いと懐かしそうに言いながら「高校生になっても千歌の可愛いところはずっと残ってる気がするなぁ」と昔と今の千歌を比較し、「いつの間にかしっかりした考えも身につけてとってもチャーミングなお姉さんになってきたかな」と成長している所を挙げていた。
「たまにね、いつも私の後をついてきた千歌が私の前を歩いてるのかなって思うんだ ってどっちが前とか後ろとか、そんなのは別にいいんだけどね…これからも、一緒に歩んでいけたらいいなって思う♪
もし千歌が困ったときは、私が助けにいくよ。今までも、これからも、それはずーっと変わらないな♪
千歌とこれからもずっと一緒にいるという意思表示をしたのは公式では初であり、想いの強さが伝わってくるサイドストーリーであったのは間違いない。

ナンバリングシングル

HAPPY PARTY TRAIN

総選挙で一位になった果南のセンター曲。
MVでは果南が神妙な顔で電車に乗って帰ってきた時に最初に声をかけて出迎えたのは千歌だった。二人で笑い合うシーンは千歌と果南が幼馴染だと深く印象付けられた。(その後、他のメンバー全員いたことが判明する)

少女以上の恋がしたい

HAPPY PARTY TRAINのカップリング。曲中の歌詞では掛け合う部分があり、その組み合わせはデュオトリオシングルと同じである。つまり、千歌と果南の掛け合い部分はある意味意図されたものであるともいえる。

デュオシングル

Aqours 1st Live2日目にてデュオトリオシングルの制作について発表され、千歌と果南がデュオを組むということが判明し大きな衝撃を与えた。

20174月27日、電撃G's magazine公式サイトおよび電撃G's magazine6月号にデュオトリオコレクションCD衣装テーマ決定投票の結果が掲載された。
投票の結果、千歌と果南の衣装テーマは「トワイライトタイガー」に決定。
衣装デザインの発表は今後発表していくとのこと。

掲載された煽り文は以下。
『幼なじみコンビが、朝日を浴びて輝く虎になる――!』

2017年07月号にトワイライトタイガーの衣装デザインが公開された。
白と黒を基調として、アクセントとして自分のイメージカラーが要所に施されているデザインで、千歌と果南の頭には虎耳が付けられていた。(ただし千歌の方は虎耳のついた白いベレー帽)
そして千歌はベレー帽、果南は胸部分に虎の輪郭をしたバッジも付けていた。
その後、コラボカフェのメニューにもこの千歌&果南にちなんだドリンクが登場した。

ジャケット
公開されたジャケットでは立ち位置がデュオトリオで固められ、千歌と果南は隣同士でお互いの体に腕を回して密着させていた。

曲名「夏の終わりの雨音が」
2017/07/14に曲の視聴動画が公開。
1曲目かと思いきや4曲目に収録されており、曲調はEDM系でどことなく切ないメロディから始まるという予想外のものであった。
曲の出だしは「なにか始まるってことが終わりに繋がるだなんて、考えてもみなかった……いや考えたくなかったんだ」という果南の語りから始まり、歌詞も所々切なさを感じさせる内容になっている。

ドラマパート「南天の白き千歌と果南」
二人のやりとりが繰り広げられるものと思われる。
※内容はまだ不明。

アニメ

本編での絡み

1話で果南の家へ行き、「またみかんでしょ」と言われるほどみかんをお裾分けしている事から家同士が親しいこと、お互いに「千歌」「果南ちゃん」と呼び合っている事はG's共に変わらない様子。
しかし果南がかつて高校1年の時にスクールアイドルをやっていたことを知らなかったりと、9話での「小さい頃は一緒に遊んでいた」という発言から昔ほど交流が盛んではない模様。
しかしAqours加入をきっかけに再び交流が増えたであろうことは喜ばしいことである。

細かい点ではあるが、未熟DREAMERでは2人でみかん色の衣装を身に纏ったり、想いよひとつになれではお揃いの大きいリボンを付けたりと、衣装をどこか似せたがる傾向が伺える。

Blu-ray5巻特装限定版の封入特典小説

果南sideの話は内浦での生活の事と、千歌について語られている。
幼い頃から千歌が果南の元に遊びに来ており(千歌が小2の時点では毎週のように訪れている)、千歌の訪問を嬉しく思っている旨が綴られており、仕方なしに遊びに付き合っているわけではないことが文面から読み取れる。
二人きりで砂だらけになるまで浜辺で遊び、母親に怒られるとべそをかく千歌の手を取って海に飛び込み、「私のせいで転んじゃったって言えばいいよ」と大雑把ながらも千歌へのフォローをする描写もある。

そして千歌に対する想いが明確に書かれている箇所がある。(以下抜粋)
そんな時、私はいつも――ヒマそうに千歌の横にいたから、なんだかいつも――2番目に入れられてた。
面と向かって誘われたことは、あんまりない気がする。
いつも――いつのまにか。
千歌の仲間にされてた。
うぅん――仲間になってた。
野球に水遊び、鬼ごっこにドッジボール。
千歌のやりたいことにはいつも――仲間が必要で。
こんなに子どもの少ない町に生まれた千歌には、それがいつも不満そうだった。
辛そうに――諦めた顔を、私は見たくなくて。
それでいつも――どんな時も。
断らずに一緒に遊んでいた気がする。
千歌の笑顔が――見たかったから。

「千歌の辛そうな顔を見たくない、千歌の笑顔が見たいから」という理由から千歌の誘いは断らずにいるという公式による描写はとても重要な文献と言っても過言ではない。


関連タグ

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 高海千歌 松浦果南 百合

pixivに投稿された作品 pixivで「ちかなん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 400857

コメント