ピクシブ百科事典

まもりママはお喚びじゃないの!?

まもりままはおよびじゃないの

となりのヤングジャンプにて連載中の漫画作品。作者はリコシェ号。副題は「異世界息子反抗記」。
目次[非表示]

概要

集英社のWebサイト「となりのヤングジャンプ」にて2019年11月6日より連載スタートした異世界コメディー漫画。
異世界に転生した親子の冒険が描かれる。
2020年2月19日に書籍版1巻が発売された。

コミックはこちら → まもりママはお喚びじゃないの!?〜異世界息子反抗記〜


あらすじ

反抗期を迎えた中学二年生の間々田優斗は、母の日に母・間々田まもりと二人で出掛けている最中、不慮の事故に巻き込まれ異世界に転生してしまう。
来るべき冒険や魅力的な仲間との出会いに胸を膨らませる優斗だったが、何故か母も一緒に異世界にやってきてしまい、彼女と共に冒険する羽目に…?


登場人物

ここでは本作に登場する主なキャラクターを補足的な説明と共に記載する。

主要キャラクター

本作において物語の主体となるキャラクター。

  • 間々田優斗
「きっとこれから仲間を集め冒険の旅をして チート能力で無双するんだ!」

本作の主人公。反抗期真っ只中の中学二年生。中二病。ある事件をきっかけに母であるまもりを嫌っているが、息子として彼女を助ける事もある。マムスキーの元で剣術の修行をしている。まもり以外の女性に弱い。ノエル曰く「クッッソ生意気」。しかし意外と勘が鋭く、ファンタジー世界についての知識もそれなりにある。
上記の台詞から分かる通り、異世界転生・無双に憧れているが…


  • 間々田まもり (メイン画像の女性)
「ゆうくんを 全力で守る!」

本作のヒロイン。天然なシングルマザー。息子である優斗を「ゆうくん」と呼び溺愛する。とはいえその過保護な考えから彼からはあまり好かれていない。
不慮の事故に巻き込まれ優斗と共に異世界へと転生するが、どういう訳かチート能力を手に入れてしまう。優斗を守りつつ、日本に帰る術を探して日々奔走している。
優斗に危害が加えられると激怒する。その時に発揮される力は計り知れないが、現在はある呪いにより力を抑制されている。
大変立派なモノをお持ちだが酒に非常に弱く、酒癖もとても悪い(料理のソースに使われていた少量のワインでもすぐに酔っ払ってしまう)。


  • マムスキー
「憲兵に引き渡させてもらうぞ」

謹厳実直でクールな剣士。とあるトラブルにより店を燃やしてしまった優斗とまもりを拘束するが、二人が解放された後は彼らと共に旅に出る。
冷静沈着かつ聡明な人物で、日本に帰る方法が見つからず途方に暮れていたまもりに的確な答えを出している。一方で純粋な為に独特な考えや価値観を持つ人物で、ノエルが「母をぶん殴る」と宣言した時には「拳よりも魔法を使った方がより効果的ではないか?」と冷静に考えていた。大のマザコンで、血縁関係は無いもののまもりを「まもりママ」と呼んでいる。
実は貴族出身だがとある事情により実家とは距離を置いている。


  • ノエル
「ママを探しだしてぶん殴るのよ! グーで!」

際どい衣装に身を包んだエルフの魔術師。その華奢な見た目に反して年齢は80を超えている。ツンデレ。とあるトラブルの後、知り合いのマムスキーにより旅に付き合わされる事となる。
マムスキー曰く「魔術の天才」で、数少ない転送魔術を扱える者の一人。マムスキーに片想いしており、最終的には彼と結ばれる事を目標としているが全く気付いてもらえない。その為かマムスキーが慕うまもりをライバル視している。常にポジティブな性格で、魔術に関しては感覚派。
ダークエルフの母と里のエルフの父との間に生まれたハーフで、子供の頃から里のエルフ達から嫌われていた為彼女自身も里のエルフ達を嫌っている。また自分を捨てた母に対してはとても深い恨みを抱えている(父は途中で死亡)。


魔王軍


  • バラム・バエル
「お前が無事ならば 我はそれで十分だ」

魔王軍最高幹部「原初の六魔人」の一人。自身と接触した敵に呪いをかける能力を持ち、現在はまもりにかけられている。
作中でも最高クラスの強さを誇り、まもりやマムスキー、ノエルの全力の攻撃を受けても全く通じなかった(それ所かまもりに対しては流血させるほどの怪我を負わせている)。
一方で上に立つ者として相応しく仲間想いな人物でもある。仲間のサリルに対し恋心を抱いている。
まもりと戦った時に見せた戦闘スタイルから、目撃した部下からは「ぱんイチ魔人」というあだ名を付けられたり、マムスキーとノエルの攻撃により服を焼かれて全裸にされた事により「モロだし魔人」とあだ名を付けられたりと扱いは良くない。


  • マヤー・サリル
「また会いましょうね ユウトさん」

魔王軍最高幹部「原初の六魔人」の一人。猫の獣人。優斗を「器」と呼び狙っている。とあるクエストにて人間に変装し、まもり達と接触していた。
戦闘シーンは描かれていない為その実力は謎に包まれているが、作中の台詞からバエルと肩を並べる程の実力者と推測される。
自由奔放な性格。仲間のバエルに恋心を抱いている(つまり両片想い)。
彼女も大変立派なモノを持つ。


シャズナブル家

マムスキーの実家。優秀な魔術師を数多く輩出している軍事貴族。

  • キャスレム・シャズナブル
「元を言えば貴様が! 母上を死なせなかったら! 父上が心を病むことは無かったのだ!」

マムスキーの兄。冠位(グランド)の階位を持つ自他共に認める天才魔術師。とある事情により弟のマムスキーとは仲が悪い。彼と同じくマザコン。モンスター(♂)にしか興味がない。
マムスキーと一触即発の状態に陥った所を間一髪まもりに止められるが、彼女の優しさと強さを実感したキャスレムはマムスキーに彼女と結婚し、貴族に復帰するよう迫る。


  • ジオイク・シャズナブル
「これで理解したか! アライアは生き返ったのだ!」

マムスキーとキャスレムの父。妻アライアを亡くしたストレスによりやつれてしまっている長身痩躯の男性。キャスレム以上の実力を持つ。
生き返った彼女を脅したマムスキーに激昂し、キャスレムと共に彼に襲いかかる。


  • アライア・シャズナブル
「これからはずっとお母さんと一緒よ」

マムスキーとキャスレムの母、ジオイクの妻。マムスキーを産むと同時に重い病を患ってしまい、そのまま亡くなってしまうが、マジデの協力と努力の結果、蘇った…が、実際は蘇ってなどおらず、その正体はマジデによって作られた土人形。蘇った彼女の体や記憶などはとても精巧に再現されている為キャスレムやジオイクをあっさりと欺くが、一度も会った事のないマムスキーにより一瞬で正体を見抜かれてしまう。


その他


  • まもりの夫
優斗の父。物語開始時点では既に故人で、天国からまもり達を見守っている。


  • ポルトフ
「なぁに 困ったときはお互い様よ」

優斗達が最初に訪れる町「チャータン」にて食堂を営む男性。マムスキーの知り合い。
まもりが炎魔術を試してみた所、店を燃やされてしまう。


  • リル
「ユウトさん… 何だかいい匂いしますね……」

とあるクエストにて優斗達と行動を共にする事になった半獣人の女性。ロングヘアと長い前髪が特徴。身長は190cm。
クエスト後、優斗達とは別れて別行動に移るが…


  • マジデ・ワ・ルーイ5世
「君を逃がすわけにはいかないからね」

名前からして怪しいヤツ。黒髪にタレ目の胡散臭そうな見た目の男性。新興宗教「マジデ教」の教祖で、妻アライアを亡くした旧友ジオイクの依頼を受けて無事にアライアを蘇らせる…が、実際はアライアに似せた人形を作っただけであり、更には彼女を殺した張本人でもある。
自分を振った彼女及びその結婚相手であるジオイクを非常に恨んでおり、アライアを想うジオイク達の気持ちを利用して彼らに「復讐」を目論む。
彼もまた、優斗を狙っている。


関連タグ

異世界転生 となりのヤングジャンプ 親子

関連記事

親記事

となりのヤングジャンプ となりのやんぐじゃんぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「まもりママはお喚びじゃないの!?」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 406

コメント