ピクシブ百科事典

みくは自分を曲げないよ!

みくにゃんのつよいいし

前川みくの強い意志を示した言葉。
目次[非表示]

みくは概要を曲げないよ!

 『アイドルマスターシンデレラガールズ』のCDシリーズ「CINDERELLA_MASTER」の第2弾に選ばれた前川みく。そのドラマパートでみくにゃんが放った名言。
 みくと言えばキャラだが、嫌いであること(その後ネズミも苦手であると判明)、さらにプライベートでは語尾の「にゃ」が減るということから、「猫キャラを演じている」と思われているのを察したのか、この名言(迷言?)が生まれた。
 ちなみにこのドラマパートでは


なども生まれている。

みくは公式を曲げないよ!

シンデレラガールズ劇場

第53話「にゃんにゃんにゃん!」

 この回にて、洋画の吹き替えに挑戦することになったみく。しかしいつもの癖か語尾の「にゃ」が漏れてしまう。我慢できなくなったみくはPに対し、

Pチャン!みくネコの吹き替えだけやりたいにゃ!

と同時に、

みくは自分を曲げないよ!

と放った。偶然だがこの回は『シンデレラガールズ劇場』の連載1周年回であり、アニメ化決定PVでも登場している(2回も)。

TVアニメ

第16話「The light shines in my heart.」

 この回にて、みくたちは会社の方針によりアイドルたちのバラエティ出演縮小とキャラの見直しを迫られていることを知る。
 そんな最中、彼女が目標としていた安部菜々が「ウサミン」キャラを封印したことを知りショックを受ける。自身も猫キャラを続けるか悩んでいたみくだが、P李衣菜の思いを受け、落ち込む菜々を1人コールで盛り上げる。それに応えたのか、菜々はウサミンとして息を吹き返した。
 みくはPに提案し、CINDERELLA PROJECTは他の部署のバラドルたちを繋ぎパワーアップ。みくも自身のキャラを貫くことを決め、

みくは自分を曲げないよ!

と李衣菜に高々に宣言したのだった。

第26話(DVDBlu-ray限定)

 劇中劇『アイドルマスターシン選組ガールズ』予告編にて、(おそらく)芹沢鴨役を演じるみくのセリフが、

局中法度なんて認めないにゃ!みくは自分を曲げないよ!

であった。しかしみく演じる鴨は、相方落とし物のせいで主役に追い込まれることに。

みくは関連タグを曲げないよ!

アイドルマスターシンデレラガールズ
前川みく おねだり Shall We〜?
失みフ辞 みくにゃんは不憫

シンデレラガールズ劇場
吹き替え

アイドルマスターシンデレラガールズ(アニメ)
安部菜々 多田李衣菜 武内P
アイドルマスターシン選組ガールズ 芹沢鴨

もしかして:星空凛

pixivに投稿された作品 pixivで「みくは自分を曲げないよ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5189

コメント