ピクシブ百科事典

やっぱりちゃんとアナルまで犯す必要があるわね

やっぱりちゃんとあなるまでおかすひつようがあるわね

やっぱりちゃんとアナルまで犯す必要があるわねとは一種の荒療治である。通称「やア犯必」。
目次[非表示]

概要

元々は遠藤良危氏の描くラブライブ!サンシャイン!!の同人誌「ヨハネとアナルックス」内の桜内梨子のセリフから。略称のやア犯必が使われることが多い。

梨子に騙された津島善子監禁されアナルセックスを受け続ける内容であるが、いくらアナルを責められ続けてても未練や理性を失わない善子に対しまさに養豚場の豚を見るような目

「やっぱりちゃんとアナルまで犯す必要があるわね」

と冷たく言い放ったことに由来する。
監禁から冷徹を貫き通していた梨子が善子の命乞いに一瞬普段の表情に戻った後にこの台詞なので実際は文字で書き起こすよりももっと怖い。

この一言のインパクトがよほど強かったのか一部ラブライバー界隈でこの台詞だけが独り歩きし、やたらと荒療治粛清の意味合いでネタ台詞として乱用されるようになってしまった。

当然二次創作内のセリフであり、実際の梨子はそんな事は言っていないので注意。
代わりにサイレントチェリーブロッサムナイトメアは飛んでくるかもしれないが。

ちなみに

この同人誌の初版が売られたのはC90夏コミ。つまりアニメ版第一期が始まって一月しか経っておらずサンシャインの設定も固まり切っていなかったタイミングである。「やっぱりちゃんと~」のコマで下半身だけ映る善子がニーソックスを履いていないのはこのため。

また、一部サイトではこの同人誌の物語のあらすじに「第二のμ'sを目指すAqoursの活動は芸能界にとって邪魔なものだった」とあたかもμ'sだけを肯定するためにAqoursを潰そうとしていると誤解されかねない表現を使っているが、当然作者はそんな意図でこの同人は描いてはいない。
実際は「この世界線ではアイドル需要を奪い去っていく『スクールアイドル』という概念自体が芸能界に利益的な意味で脅威である」事がきっかけの展開であるため、μ'sとAqoursの比較は全くの無関係である。というかμ'sの文字も出てこない。

そして多くの人がお察しであろう通り、同人誌の内容もかなり凄惨な展開の凌辱物なのでそこんとこも弁えるように。特によしりこ推しは絶対に読んじゃいけない。

関連タグ

R-18 凌辱 アナルセックス 浣腸 追い討ち

pixivに投稿された作品 pixivで「やっぱりちゃんとアナルまで犯す必要があるわね」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7564

コメント