ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゆっくり愛で

ゆっくりめで

(注意)このタグは一般的な「ゆっくりしていってね」などのイラストにつけるべきタグではない。あくまで、ゆっくり虐待用語の一つ。 「ゆ虐」設定のゆっくりを(主として真っ当な手段で)愛好するジャンルの事を指す。 名前から誤解されがちだがゆ虐用語の一つであり、愛で派はゆ虐民の一派である。
目次 [非表示]

はじめに


この記事はR-18Gジャンルの用語について扱っています。

前提としてゆっくり虐待というジャンルに属する事柄について解説しているため、そちらから先に閲覧することを強く推奨します。


概要

ゆっくり愛でという言葉にはいくつかの意味があり代表的なモノは二つある。


①虐待用設定のゆっくりを純粋に可愛がるケース

豆ゆっくりの飼い方 75

ゆっくり虐待では食事をし、赤ん坊を産んだり排泄するなど生物的な特徴を多く持ったゆっくりを作り上げていった。(これをゆ虐設定、虐待用設定と呼称されることが多い)

だが一方で、この虐待用ゆっくりを虐待、虐殺せず、愛玩動物として扱うジャンルがある。それがゆっくり愛でである。

概ね作中で愛される対象にのみではあるが、愛でにおいては通常ゆ虐設定でよく見られる「人間に対して有害な生態をしている/行動をする」という行為は見られない。或いは許容可能な範疇に収まっている。

一方で知能に関しては振れ幅があり、人間を認識しないほど低下しているものもあれば、大学卒業レベルで台詞文でも漢字を使うなど様々。最も多いのは「善良ではあるが抜けたところがある」ようなところ。



尚、これを愛好する者の事を「愛で派」と呼ぶ。

ゆっくり虐待に関しては親記事参照。ただしR-18G注意)


②虐待用設定のゆっくりだが幸せそうだったり可愛がられている姿を描いてはいるが「これから先虐待・虐殺されて地獄を見ますよ」と予告するケース

ゆっくりの家族がほのぼのと過ごしていたり、飼い主に可愛がられたり、幸せそうな姿を描く。

だがこれは虐待・虐殺での落差の為の前振りであり、下準備期間としてのものである。


愛で派とは

ゆっくり虐待(ゆっくり愛で)作品内における愛で派

上記のようにゆ虐世界は基本的にゆ虐が当たり前のように行われていて、そんな中でゆっくりをわざわざ可愛がる者を愛で派として扱う。

愛で「派」として派閥があるという事は、愛でるという事が当たり前ではないという逆説的な証明となっている故であり、虐待が正当化され日常茶飯事となっているゆ虐世界観を象徴した存在となっている。


また害獣を駆除の名目で虐待・虐殺することを正当化するゆ虐世界観故に、ゆ虐のゆっくりを可愛がる者は現実における害獣を保護する変わり者や、過激系環境保護団体として描写されることが多い。


ゆーシェパード(元ネタは国際エコテロリスト組織シーシェパード)やゆっくりんピース(元ネタは過激系環境保護団体グリーンピース)といった、有害生物に対して被害にあう民衆を無視して保護活動を行う愛護団体のオマージュであり、愛とも呼ばれる。


害獣設定であるゆっくりをあえて保護する敵対存在として描かれやすい。


ゆっくり虐待(ゆっくり愛で)ユーザーが現実で主張する愛で派

結論から言えば


ゆ虐民の一派である


愛で派は表面的にはゆっくり虐待とは真逆の存在のように思えるが実際にはゆっくり虐待の一種である。

……考えてみれば当然のことで、ゆ虐設定のゆっくりを態々愛でるのはそもそもゆっくり虐待界隈の愛好家しかいない。

「こんな可愛いゆっくりを虐待するなんて!」という愛で派は少数派であり、虐待派と愛で派を兼任している人物の方が多数派である。

愛で作品でふわふわのタオルに包まれながら眠るまりさを慈愛のこもった眼で見て、その一方で虐待作品で無残な姿となるまりさに興奮する。

このように結局のところゆっくりの扱いはそのゆ虐民(愛で派)の気分次第であり、気持ち一つで虐待にも愛でにも傾倒する。


だが犬猫で例えればわかりやすいが、どれだけ対象を可愛がろうと一度でも虐待したら「虐待する人」という扱いである。

現実世界の倫理観においては好きな生き物を健全に愛護する者を「愛で」等というものは存在しない。

その生き物が好きな人にとってはその対象を可愛がることが当たり前であり、わざわざ「派」等と付けない。


それゆえに虐愛で兼任を主張する人は、ゆ虐界隈外から傍から見れば普通にゆ虐民である。


その一方で生物的なゆっくり(赤ちゃんゆっくり等)は好きだがゆ虐世界観は嫌いorゆ虐は嫌いという人は非常に居場所がないという問題もある。

以前は生き物ゆっくりタグで住み分けしようとする動きもあったが、差別化に失敗し廃れた。


「ゆ虐作品内の愛で派」と「現実における愛で派」

上記のように「ゆ虐作品内の愛で派」は「害獣を保護する敵でありゆ虐民の敵」という扱われ方をする一方で、

「現実における愛で派」は「ゆ虐民の一派であり仲間」という非常にややこしい扱われ方となっている。


ゆっくり愛でタグへの注意

その成立の経緯上、ゆっくり愛では虐待用設定ではない一般的なゆっくり(ゆっくりしていってね)を扱う作品につけるべきではない(赤ん坊を産まない等生物的な設定ではない、妖精や妖怪的なゆっくりや不可思議な存在としてのゆっくり等といった一般的なゆっくりを可愛がったりほのぼのと過ごしているイラストなど)。

また、ゆっくり愛でタグを使用する場合は一般的なゆっくり好きへの検索避けとしてR-18Gゆっくり虐待タグをつけることが推奨される。

R-18Gジャンルから派生した作品であり、いかに「愛している」とはいえ、ゆ虐設定を好まない人も存在する。

特にゆ虐と関係ない場所で当項目の愛でを語ることは避けるべきである


関連項目

虐待描写なし:ゆ虐のゆっくりを用いているが虐待描写が無い作品に付けられるタグ。たまたまその作品内でゆ虐が行われていないだけで、作者内の同世界観では普通にゆ虐が行われているケースを示す。

生き物ゆっくり:ゆっくり虐待(及び愛で)設定のゆっくりとは別に健全に赤ちゃんゆっくり等の生物的にゆっくりを扱おうと考えられたジャンル。しかしゆ虐のゆっくりとの差別化に失敗し廃れている。

ゆっくり虐待:ゆっくり愛ではゆっくり虐待内の一派であり、広義の意味では仲間である。

虐待作品におけるゆっくりの設定

関連記事

親記事

ゆっくり虐待 ゆっくりぎゃくたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15864958

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました