ピクシブ百科事典

アスカロン

あすかろん

聖ゲオルギウスの剣。 ファルシオンの一種で、極上の金属からサイクロプスが鍛造して生み出した。 驚異の堅固さと無類の加護を秘めた「竜殺しの聖剣」。
目次[非表示]

アスカロンとは、聖ゲオルギオスの剣である。

概説

聖人列伝『黄金伝説』に登場する聖ゲオルギオスの持つ剣。

元は彼を拉致し、しかし精悍な青年へと成長した彼に心奪われた魔女・カリブから与えられたもの。
曰く――
一つ目巨人が匠の技で極上の金属から鍛え上げ、どんな硬い火打石でも鋼でさえあろうと断ち切り、柄頭に込められた加護によって剣を帯びる限り、如何なる裏切りにも、魔法にも、暴力にもさらされることはない。
……という。

魔女はこのアスカロンのほか、どんな武器をも弾き返す鎧「リディアの純鋼の甲冑、必勝の加護を持つ魔法の駿「ベイヤード」も与えている。

形状については言及されておらず、正確な大きさや装飾は分かっていない。
ただ「フォーション剣」――、つまりファルシオンであるとは触れられているため、片刃で厚みがあることは想像が付く。また別の記述では「普通の剣よりも長く、そしてかなり重い」ともされており、大剣クラスの業物であるような印象も受ける。

聖ゲオルギオスはこの剣で巨大なドラゴンを退治し、エジプト王の娘を救出している。
ちなみに甲冑はこのドラゴン退治において、ドラゴンからの猛攻とブレスにやられて砕けてしまった。流石に巨大なモンスターの攻撃までは想定していなかったようである。


創作での扱い

聖人の振るった剣であるため、『アーサー王伝説』の名剣エクスカリバーよりも明確に聖剣であることが特記出来る。加えて剣の加護も、如何にも聖剣らしい特性を有する。
何より北欧神話魔剣グラムと同じくドラゴンスレイヤーとしての特性を持つ。


……しかしこれだけの性能を持ちながら、日本においては聖ゲオルギオスの伝説そのものがマイナーであるため、エクスカリバーやグラム(派生系の「バルムンク」)と比べて、どうしてもインパクトが薄い。

関連タグ

武器
聖剣 大剣 ファルシオン
聖ゲオルギオス ドラゴンスレイヤー
グランブルーファンタジー

  • 後方のアックア
    • 霊装として本武器にその名を肖った大剣を操る。伝承に類似するように片刃で厚みの剣だが、その大きさは長身の自身をも上回る巨大さを誇る。
  • ゲオルギウス(Fate)
    • 宝具「力屠る祝福の剣(アスカロン)」として所持している。「無敵の剣」とされるが、「敵に必ず勝つ」からではなく「一切の悪意と害意から守られる鉄壁の加護」を理由とする。
    • この無敵の加護を反転させることで、あらゆるものを切り裂く。

  • アスカロン
    • ゲーム「グランブルーファンタジー」の登場キャラクターであるジークフリートが入手出来る専用武器。テキストには『翼を有する厄災の象徴を幾度と打ち滅ぼしてきた至高の一品。振り抜かれた一撃は天を飛ぶ巨躯を的確に切り裂いて、反撃の隙を与えず無に還す。』とある。
    • そこから派生し、二次創作ではジークフリートが所有している大剣の名前としてアスカロンの名が称されている場合もある。(大剣自体の名は不明)

pixivに投稿された作品 pixivで「アスカロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46741

コメント