ピクシブ百科事典

アストラポテリウム

あすとらぽてりうむ

雷獣目(輝獣目)アストラポテリウム科の古代哺乳類。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「輝獣(稲光の獣)」。
全長:2.5~3m。
食べ物は木の葉水生植物
生息年代:中新世前期~中期。
水辺に住む哺乳類で、姿は原始的なゾウのような姿としていたと言われているが、南米だけに生息していた独特の哺乳類。姿や生態は現生のカバとよく似ていたと想像されている。上下のには長い犬歯があるのが特徴で、南米特有の哺乳類としては際立った特徴である。犬歯は一生伸び続け、上顎の犬歯は長いが、下顎の犬歯は摩耗で短くなっており、頻繁に 使われたことを物語っている。おそらく下顎の犬歯で植物を根っこごと掘り起こして食べたと考えられている。

余談

名前の由来は鳴き声が落雷したような鳴き声(咆哮)である為。決して雷を出すって言わないように。

関連タグ

絶滅した哺乳類の分類の一覧  南米有蹄類

コメント