ピクシブ百科事典

アドミラル・シェーア

あどみらるしぇーあ

第一次世界大戦時のドイツ大洋艦隊の司令長官のラインハルト・シェーア提督。またはそれに由来する艦名。
目次[非表示]

ドイッチュラント級装甲艦2番艦「アドミラル・シェーア」

1934年、ドイツ海軍で就役。
建造時の艦橋は搭状の重厚なものであったがトップヘビーで、1940年2月から9月にかけての改装で、「ドイッチュラントリュッツォウ)」に似たマスト状のものに変更された。
艦名は、第一次世界大戦時のドイツ大洋艦隊司令長官のラインハルト・シェーア提督に由来する。
“アドミラル・シェーア”は英語読みであり、ドイツ語の発音では“アトミラール・シェーア”となる。
船舶は女性名詞で呼ばれる(例:Die Bismarck)が「アドミラル・シェーア」はなぜか男性名詞で表記される(Der Admiral Scheer)慣習があった。

艦これが流行っているそうなので





スペイン内戦(1936年7月17日~1939年4月1日)で地中海に派遣された。
1937年5月、4回目のスペイン派遣では姉妹艦「ドイッチュラント」がイビサ島で空襲を受け、31名が死亡、101名が負傷した。報復として共和国派根拠地の一つであったアルメリア市を砲撃し、民間人19名を殺害、建物35戸を破壊した。
 
第二次世界大戦では、姉妹艦の中で最も活躍した。
1939年9月4日、ヴィルヘルムスハーフェンで空襲を受け、500ポンド爆弾3発が命中するが不発弾だった。

1940年10月、艦長テオドール・クランケ海軍大佐の指揮のもと出撃し、大西洋・インド洋で通商破壊を行った。撃沈・捕獲した船舶はイギリス海軍補助巡洋艦ジャービス・ベイ」をはじめ16隻にのぼり、仮装巡洋艦を除けば第二次世界大戦中のドイツ海軍最大の戦果である。
クランケ大佐は捕虜を丁重に扱った。

食糧を大量に積んだ船を捕獲し、僚艦にも大盤振る舞いした。



大戦中期には北極海を航行する援ソ船団への通商破壊作戦を行った。
 
大戦末期にはドイツに迫るソ連軍に艦砲射撃を行ったが、1945年4月、RAFの空襲により造船所内で横転・沈没した。
残骸は戦後、ドックごと埋め立てられた。

艦名は西ドイツ海軍の138型教育フリゲートシェーア」(イギリス海軍から供与された改ブラックスワン級スループハート」)に引き継がれた。

戦艦少女の「アドミラル・シェーア」

ゲーム戦艦少女に「アドミラル・シェーア」の擬人化キャラ、舍尔海军上将が登場する。外部リンク
私はポケット戦艦アドミラル・シェーアです。私はもう待てません!長官、私を戦闘に投入して下さい!

関連タグ

ドイツ海軍 ドイッチュラント級装甲艦 重巡洋艦 ポケット戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「アドミラル・シェーア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90049

コメント