ピクシブ百科事典

概要

植物の青色系の色を呈するもとになる一群の色素「アントシアン」の一種である「アントシアニジン」が、と結びついたことで出来る成分。色の色素として、染料や食品の着色料として利用されている。

抗酸化作用、視機能改善作用のほか、血液をサラサラにしたり、体脂肪減少を促したりする作用も働く。
食べ物ではブルーベリーに含まれているのが有名で、他にはカシス、黒大豆(皮の部分)、ムラサキイモにもアントシアニンの成分が入っている。

関連タグ

ブルーベリーアイ:健康食品(サプリメント)

関連記事

親記事

ブルーベリー ぶるーべりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アントシアニン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20802

コメント