ピクシブ百科事典

アンドロ仮面

すきすきまじょせんせい

TVドラマ『好き! すき!! 魔女先生』に登場する変身ヒロイン。
目次[非表示]

千の目先生

原作は石ノ森章太郎によるサイキックファンタジー千の目先生』で、少女向け週刊誌『ティーンルック』(主婦と生活社)で1968年に連載された。
主人公・千草カオルは白鳩女子学園の新任教師超能力の持ち主である(後に波丘高等学校に転任)。

好き! すき!! 魔女先生

好き! すき!! 魔女先生』は、1971年10月から1972年3月までTBS系列で毎週日曜18時から18時30分に放送された東映制作のTVドラマ。全26話。

内容は原作漫画とは大きく異なっており、アニメ界における『魔法少女』ものの実写ドラマ化を意識していたとされる。
後年の『東映不思議コメディーシリーズ』にも影響を及ぼしている。

主人公・月ひかる(菊容子)は東西学園(小学校)に赴任してきた教諭で、その正体はアンドロメダ星雲アルファ星プリンセスであり、地球人観察調査するためにやってきた平和監視員
地球では竹取夫妻が所有する離れを借りて暮らしており、『かぐや姫先生』とも呼ばれる。

左手の中指にはめているムーンライトリングを使用して様々な超能力を使用できるが、満月の夜に母船(衛星軌道上で待機中)からエネルギーを供給する必要がある。

アンドロ仮面

番組開始当初は学園コメディ路線だったが、同時期の『変身ブーム』を意識した路線変更が為され、第14話で上級平和監視員昇進するとともに変身コンパクトを供与された。
この結果生まれたのが、日本における『変身ヒロインの系譜』の開祖(とされるうちの一人)・アンドロ仮面である。

『好き! すき!! 魔女先生』のコミカライズ版は吾妻ひでおが担当しており、アンドロ仮面のデザインも彼によるものである。

実写特撮の分野には変身能力を持つ女性キャラクターが多数存在するが、多くは男女混成チームのメンバー(オレンジファイターモモレンジャー)であったり、主人公相棒ポジション(電波人間タックルダイアナレディ)であったり、あるいはパロディ色の強い単発ネタで、番組タイトルに起用される主人公格の変身ヒロインは(アニメの分野と較べて)稀少とされる。

アンドロ仮面は全26話の番組中で第14話からの活躍であること、『宇宙猿人ゴリ』のように番組タイトルそのものが変化したわけではないこと、そもそも番組自体の知名度が低いことから言及されることも少ないが、『変身ヒロイン』『バトルヒロイン』の系譜上で『キューティーハニー』に先んじて登場した主役級ヒロインであることは紛れもない事実である。

関連タグ

変身ヒロイン / 異星人 / 魔女

pixivに投稿された作品 pixivで「アンドロ仮面」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 920

コメント