ピクシブ百科事典

エスコラ・ゲッダ

えすこらげっだ

エスコラ・ゲッダとは、小説『機動戦士ガンダムUC』の追補小説『不死鳥狩り』およびそれを原作としたアニメ映画『機動戦士ガンダムNT』の登場人物
目次[非表示]

CV:広瀬彰勇

不死鳥狩り

地球連邦軍の准将。
グリプス戦役においてはティターンズに所属していたが、戦後に戦犯となることを恐れて過去を隠蔽したまま現在の地位にいる。

既婚者であり妻と二人の子供がいる。リタ・ベルナルの里親として彼女を引き取ったが、これはティターンズで行われていたニュータイプ研究所で扱う実験体を集めるための組織的な人間狩りであり、リタ以外にもたくさんの子供たちをニュータイプ研究所に送っていた。
しかしエスコラ自身は組織からの命令に従っているだけで、ニュータイプ研究所の実態は把握していなかった。
自身の過去を調べあげ、リタを研究所送りにした事を突き止めたヨナ・バシュタに脅されて彼をシェザール隊に加えるよう細工したが、ヨナは過去の罪の贖罪を望んでいたのではないかと見ている。

機動戦士ガンダムNT

こちらでは回想シーンにて登場。
ティターンズ士官時代にオーガスタ研究所の施設長を勤めていた。
サイコガンダムによるホンコンシティ破壊の落とし前としてルオ商会から奇跡の子供達の一人を求められたが、本命のリタは残してミシェル・ルオを差し出したものの結局はグリプス戦役後に他の所員共々戦役認定された。

関連項目

不死鳥狩り 機動戦士ガンダムNT

関連記事

親記事

機動戦士ガンダムNT きどうせんしがんだむならてぃぶ

兄弟記事

コメント