ピクシブ百科事典

カルタゴ

かるたご

現在のチュニジア共和国の首都チュニスに程近い湖であるチュニス湖東岸にあった古代都市国家。

概要

カルタゴとは、紀元前800年代~紀元後698年ごろまで存在した、現在のチュニジア共和国の首都チュニスに程近い湖であるチュニス湖東岸にあった古代都市国家。人身御供の悪習もあったと伝えられる。
現在のシリアパレスチナを根拠地とするフェニキアの移民によって築きあげられた。古代ギリシャ民族と地中海を二分し、カルタゴは西地球海の覇者となった。
やがて、チュニジアとは対岸のイタリア半島に勃興してきた古代ローマ(共和政ローマ)と対立し、1~3次のポエニ戦争(ポエニはフェニキアの訛り)で滅亡した。
第二次ポエニ戦争の武将(というか首謀者)のハンニバル・バルカの名声は高い。

関連タグ

チュニジア

関連記事

親記事

チュニジア ちゅにじあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カルタゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13347

コメント