ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ボボボーボ・ボーボボ18巻の奥義191で行われた行為(?)の事。
兄であるべーべべを相手に本気を出せずにいたボーボボの理性を魚雷ガールらが崩壊させることで暴走状態となったボーボボがサングラスを逆にすると共に叫び出す。

「ボボボボボボッボボボボボボボッボーボボボボボーー」状態のボーボボ。
べーべべの言い放った「放送禁止級のブサイク顔」に激怒し天の助に襲い掛かり歌舞伎風にガネメを完了させる。
それを見た首領パッチは「ガネメが世界を飲み込もうとしている!」と焦るも時すでに遅くボーボボの思考、つまりはガネメの浸食を受け阿修羅のように腕が六本の姿へと変化、『第二のガネメ』となる。(それを見た田楽マンは「首領パッチが向こう側に行った!」と叫ぶ)
事態に困惑するベーベベを余所にボーボボが叫び、ガネメシステム37,78に移行しガネメ補完計画が発動する。
具現化されたボーボボらの過去の記憶にメガネを送り込みメガネキャラにする事でメガネ分のダメージを与える。
理屈っぽくなるOVER、黒節眼鏡を欲しがる田楽マン、バ・ビ・メガネソフトン、100億$メガネを放つハレクラニ。これにより四人がガネメ完了される。
「ボボボ(ry」が止まらないボーボボはガネメシステム20,54に移行。少しラーメンが混ざりつつ緊急警告発令。
『第二のガネメ』がガネメ度8倍をビュティヘッポコ丸の記憶に投入。メガネ5重掛けのツッコミによりベーベベの洗脳から解き放たれる。

メガネ多すぎだー!!


それと同時に全ての記憶に対してのガネメが完了し、ガネメーんと共に人類の叡智の産物ビッグメガネが誕生。
ベーベベの体にもメガネの浸食が始まる。ベーベベが自身にまとわりつくメガネを払いながらボーボボに対して「ヘタレ顔」と言う。その言葉に再度ボーボボは激怒し天の助に襲い掛かり次はメガネクリーナーにする。
『第二のガネメ』がメガネクリーナーを掴み開くことで現れたゴングを鳴らす。「『ファイナルガネメコミュニケーション』スタート!!」
ゴングと共にガネメシステムは最高潮へと達し、ボーボボはビッグメガネの右側(ライトメガネ・イン)に入ったまま突撃、左側(レフトメガネ・イン)にベーベベを押し込む。
予測のつかない行動に叫ぶベーベベに対しボーボボは「左のメガネはよく見える。メガネを回せば見えてくる。本当の真実見えてくる」と訳の分からない事を言う。
そうしてビッグメガネは勢いを落とすことなくベーベベの記憶、20年前の『ペルシャの日』にへと突入する。

道を歩いていた幼少期のボーボボ・軍艦破天荒そしてベーベベの目の前に突然『第二のガネメ』が現れ、「赤礫の怒り『ガネメサンダー』」を撃ち、それを喰らったベーベベがネコ化。
突然の事に子供ボーボボは涙を流し「兄さーーーーん!!」と叫んだ後に悪い顔でこっそりと『第二のガネメ』に10円を渡す。

これによりついにベーベベもガネメが完了した。
そうして『第二のガネメ』の乗るもう一つのビッグメガネをクロスボンバーを受けガネメ補完計画が完全完了。
ベーベベは戦意喪失した。

つまり、どういうことなのか。

おそらく誰も理解できていないのではないだろうか。
事実記事編集者ですら意味が分かっていない。

考えるな感じろとはよく言うが、これは人間の感性では感じる事すら不可能なのではないだろうか。

この回はエヴァンゲリオンのパロディが多いのだが、それを全て吹き飛ばすカオスっぷりに困惑した者も多い。

ガネメ自体はキバハゲデュエルの際に登場した用語なのだが、まさかこのような形でフラグとして回収されることになるとは誰も想定していなかったであろう(ってか想定出来てたまるか)

関連タグ

ボボボーボ・ボーボボボーボボ
ベベベーベ・ベーベベ

関連記事

親記事

キバハゲデュエル ぜんぜんわからん

pixivに投稿された作品 pixivで「ガネメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2649

コメント