ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

3DS版「ルイージマンション」で初登場したオヤ・マー博士の発明品。
緑色のスライムで出来たルイージの姿をしており、主にシリーズにおける2Pキャラクターとして活躍する。
ルイージマンション3」では2Pの他、ルイージの探索の相棒として登場する。
Nintendo Directにて初めて紹介された際は全身緑色のキャラクターと呼ばれていた。

誕生経緯

博士がオバケから抽出した液体エネルギーを研究中、飲んでいた「ルノマングリーニーコーヒー」と偶発的に混ざった事で「グー」という粘性の新物質に変化したのが始まり。

その後ルイージの生体データを電気信号として印加することで、奇妙なルイージ型物体に変化した。
ルイージの行動パターンを学習させることで、ルイージと同等の運動能力や自らの一部をオバキュームに変形し、その操作能力を身に着けている。

誕生は「ルイージマンション2」よりも後の時代であるが、実証実験と別の地域のオバケの収集をするためゴーゴーカメラ…もといGCを改良して「ルイージマンション」の冒頭時点に送り込まれ、当時のルイージたちの戦いを助けることとなった。(タイムマシンでなくても容易に時間移動出来るのか…)

その後、持ち帰った屋敷のオバケから獲られた液体エネルギーをもとに、オヤ・マー博士がさらなる改良と試行錯誤を重ねたことで(二度も死にかけたが)、下記の能力とグーイージを意のままに操作できる能力を獲得した。

能力

上記のグーの改良によって力を込めることで狭いところや排水溝をすり抜けたり、人型を保ったまま鉄格子をくぐることができる絶妙な粘度の肉体をもつ。

その反面、ドアノブは力んだことですり抜けてしまうため回すことができず、ハシゴも手をかけられずすり抜けてしまうため、登ることができない。
その代わりにハシゴをすり抜けて裏側に行けるというルイージにはできない事ができる。

ルイージには通れない所の謎解きをしたり、閉じ込められている時に代わりをしたりできる。

ただし火や水には非常に弱く、「水を浴びる」「水たまりに触れる」等ですぐに溶けてしまう(この弱点だけは改良しても克服できないものであり、皮肉にもこれが二度も死にかけたオヤ・マーを救った要因だった)。
また体力も低いが、何度やられても蘇る不死身の肉体を持っている。

一応知能はあるが、擬似的なものであるため気の利いた行動は出来ず、オヤ・マー博士は新型オバキュームと連動させることで装着者の意識をグーイージに乗り移らせることでそれを補った(この間、装着者の肉体は眠っている状態になるが、自由に切り替えができる)。

ルイージマンション3では

ルイージの新たな相棒として本格的にプレイアブル化。震えるような高い声でルイージと同じセリフをしゃべるのが特徴。

本作では一人プレイならグーイージとルイージの操作を切り替えながら、協力プレイなら二人でそれぞれを操作しながら謎解きや戦闘を行って進んでいく。

3DSの時と同じく体力がルイージの4分の1ほどしかないが、やられても何度でも復活できる。鉄格子や金網をすり抜けたり、細いパイプの中を移動してルイージでは行けないところに行くことができる。

一人でプレイする際は、吸い込みや吹き出しをしながらルイージと交代することで、その状態を維持しながら交代できる。(ルイージからグーイージの交代でもできる)
これを利用して二人で大きなものを動かしたり、一人では吸い込めないオバケを吸い込むことができる。

関連タグ

ルイージマンション ルイージ オヤ・マー博士 不死身
インクリング…同じく「金網や鉄格子をすり抜けるが水には弱い」キャラクター。
マネック ニセマリオ-兄の方のニセもの。

外部リンク

オヤ・マー博士の研究日誌

関連記事

親記事

ルイージ るいーじ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グーイージ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「グーイージ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120149

コメント