ピクシブ百科事典

概要

ハリポタのキャラ。
ハリーより一個上。
チョウ・チャンケイティ・ベルと同学年。

体格の良いグリフィンドール生の男子。
映画版ではジョック然としたイケメン。

マクラーゲン家は魔法界の中でも影響力があるらしく、おじのチベリウスはルーファス・スクリムジョールの友人であり、コーマックはホラス・スラグホーンにも目をかけられてパーティに招待された。
『ファンタスティックビース』トシリーズニュート・スキャマンダーが卒業した後にマクラーゲンというグリフィンドールの男子が登場している。
ダンブルドアをトーキル・トラバースから勇敢な少年であったが、媒体によってはマクラーゲンの綴りが違うため祖先かどうかは不明。

クィディッチをやっており、キーパーの選抜に登場。
ロン・ウィーズリーと対決したが、ハーマイオニー・グレンジャーの配慮によりロンに敗北。
正キーパーの座を逃す。

傲慢とも言えるほど自信家であり、映画版ではハーマイオニーを狙っており、原作でも陰でロンやジニーの悪口を叩いていたためハーマイオニーに選抜中に錯乱呪文をかけられた。

ロンが毒で倒れた時は代わりにキーパーとして参戦したが、キャプテンのハリーを差し置いて皆に大声で指示するため、ハリーにキレられていた。

オリバー・ウッドが引退した時になぜすぐにキーパーに立候補しなかったかと言えば、賭けに負けてドクシーの卵を食って倒れていたかららしい。

ロンへの当て付けでハーマイオニー・グレンジャーに誘われてデートしたが、キスしようとするたびハーマイオニーには終始逃げられていた。

グリフィンドール生だが、特にダンブルドア軍団やホグワーツの戦いに参加する記述はない。
しかし、映画版でホグワーツ特急を止める死喰い人に食ってかかるというシーンが追加された。
映画版ではチョウと同じくハリーらと同学年設定か、留年らしい。

関連記事

親記事

兄世代 あにせだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コーマック・マクラーゲン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62

コメント