ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

サラ(クロノトリガー)

さら

サラ(クロノトリガー)とは、RPGソフト「クロノトリガー」の登場人物。続編「クロノクロス」にも登場している。
目次 [非表示]

我ら光の民も、もとはあなた達と同じ。

私達は、ラヴォスの力におどらされているにすぎないのですから……。


概要編集

古代(B.C.12000)に栄華を極めた魔法王国ジールの王女。親族には母・女王ジールと弟・王子ジャキがいる。非常に高い魔力の持ち主であり、その才能は母を超えるほど。そこに目をつけた母により、魔神器という装置を用いてラヴォスのエネルギーを引き出す役割を任じられ、利用されることとなる。

余談だが『王族』、『ポニーテール』、『ペンダントの所持者』などヒロインのマールと共通する点が多い。これらの要素は、続編のヒロインにも引き継がれている。


性格編集

王族であるものの、誰に対しても分け隔てなく接する優しい心の持ち主。ジールでは魔法の才能を持つ者は「光の民」として天空都市に住まい、ない者は「地の民」として極寒の地へ追いやられる風習がある。サラは、そんな地の民たちにも差別することなく接しているため慕われているようだ。またクロノたちがジールの手に囚われた時は秘密裏に救出している。



関連イラスト編集

サラセンシティブな作品

Zeal sorseressサラ



関連タグ編集

クロノトリガー クロノ マールディア ジール(クロノトリガー) ジャキ

クロノクロス セルジュ サラ・キッド・ジール

ゼノギアス:クロスにおけるサラのオマージュ元である「波動存在」が登場する。

????ゼノブレイド2の登場人物。波動存在とサラの要素を持つオマージュキャラ。存在そのものがネタバレのため閲覧注意。






※以下はサラに関するネタバレが含まれます※


























ジールの崩壊

クロノたちはがボッシュに代わって魔神器を破壊しようと赤きナイフを突き立てるが失敗。魔神器の暴走によってラヴォスが一時的に目覚め、絶大な力により天空都市は崩壊を起こし、ジールの繁栄は終わりを迎えた。その時に発した次元の渦に飲み込まれたサラは、クロノたちと離れ離れとなり行方不明となってしまう。


夢喰い

飲み込まれていく…

以降は登場しないが、DS版クロノトリガーでは隠しボス「夢喰い(ゆめくい)」としてクロノたちと戦うことに。サラは「魔王と協力したクロノたちに倒された並行世界のラヴォス」に取り込まれ、「自分を含めたすべての消滅」という負の感情に支配されていた(意識をラヴォスに飲み込まれつつあり、正気を失っていた)。激戦の末、クロノたちと「クロノたちに味方した並行世界の魔王)」は夢喰いの前に敗れる。なぜなら魔法とは、ラヴォスが人類に与えたもの(理由は後述)。「ラヴォスの力」ではラヴォスを完全には倒せない。一時的に正気を取り戻したサラはこれらのことを語った後、「すべての消滅を願ったのは、他ならぬ自分自身」「力に頼っている限り、世界の絶望と悲しみを癒すことはできない」と言葉を残し、倒れたクロノたちを別の時代へと転移させる。並行世界の魔王もまたどこかの時代へと流れ着いた。自らの無力さを呪った魔王は記憶を消し去り、今までの自分を捨て去る形で「何か」を探し求め、放浪の旅に出てしまう。

これらの展開は「クロス」を意識したことが窺える。



クロノクロスでのサラ

※以下はサラ及び続編クロノクロスに関する重大なネタバレが含まれます!


































ずっと待っていたわ……

この瞬間を……


時の水面で

ジールの崩壊の際、次元の渦に飲み込まれたサラは「自らを含めたすべての消滅」という負の感情に囚われていた。やがて主人公セルジュの泣き声に導かれ、その時間軸に接触。自らの分身たるキッドを誕生させ送り込んだ。ルッカが言うには、自分とは違う人生を歩んでほしくてキッドを生み出したのではないかとのこと。その証左として、キッドに「サラのペンダント(前作でマールが持っていた物)」を託したことを挙げている。


なお、次元の渦を漂っている最中に「クロノたちに倒されたラヴォス」に取り込まれ、ラヴォスが進化した「時を喰らうもの(時喰い)」の一部になってしまった。

しかし、サラの存在が判明するのがラストダンジョンクリア後のため、出番自体はラストバトルのみとなっている。ラスボスを浄化する真EDのみしゃべるが、セルジュに向けて「おまえ」と言ったりなど「トリガー」とは口調がまったく異なる。


ちなみに画像の金髪幼女が「クロス」でのサラの姿である。なぜ幼女化しているのかは不明。ユーザー間では「マールに対する憧れが反映された」と言われているが、アルティマニアには特にそれを匂わせる記述はない。


ちなみにクロノ、マール、ルッカの3人も幼児化しているが、これはこの次元では死亡していることを示唆したものである。


時を喰らうもの

クロノトリガー2ファイナルボス

クロノ・クロスのラストボス。

クロノたちに倒されたラヴォスが時の闇の彼方にて「様々な歴史の中で無念や負の感情を抱いて倒れていった生命体たち」を取り込み続け、進化した存在。サラもその一部として取り込まれている。ちなみに画像上部の金髪幼女が「クロス」におけるサラである。容姿がトリガーとは大分異なるため前作をプレイしている人でも困惑したことだろう。


今はまだ眠っている状態だが、目覚めた暁には時空を喰らい尽くし、時間を止めて歴史を滅ぼしてしまう。そうなればすべては無に帰り、歴はまた初めからやり直すこととなる。ラヴォスはそうすることで「クロノたちに倒される」という歴史を無くそうとしていた。

負の感情で構成された時喰いを倒す方法はただ一つ。調停者セルジュがクロノ・クロスを用いてその無念を晴らすしかない。

お世辞にも余り強いとは言えず、「ストーリーのラスボス」であるが「ラスボスとしての強さ」はこの前に戦う龍神の方が上である。そもそも時喰いは倒すボスではない


凍てついた炎

凍てついた炎

あらゆる願いを叶えると言われる輝石。その正体は、鉱物生命体ラヴォスの一部。これに触れた者はラヴォスとのリンクが可能となり、絶大な力を得、後述の「調停者」となりうる。

グランドリオンの元になった「ドリストーン」もラヴォスの一部(凍てついた炎と同種)とされているが、これ自体はラヴォスが天空に浮かぶ星だった頃から地上に存在していた。なお、凍てついた炎は意思を持っており、炎が選んだ者でなければ触れることは叶わない。


太古の昔、猿がこのラヴォスの欠片に触れたことで進化(変化)し、手に入れたのが「魔法」である。その末に建国されたのが古代王国ジールであった。このためアルティマニアには、「ラヴォスは人類の母」と記載されている。この設定はDS版クロノトリガーにも反映されており、前述のようにサラは「魔法=ラヴォスの力」と語っている。

ちなみにミゲルの回想にて、ワヅキとミゲルの二人に謎の声が語り掛けてきているが、これはサラではなく凍てついた炎の思考を二人が言語化したもの。この時点で炎はセルジュを選んだのだ。


調停者

「ラヴォスと星の生命の争いを調停する(争いを止める)者」を指す。作中ではセルジュのみが調停者と呼ばれているが、アルティマニアによれば魔神器(ドリストーン。つまりラヴォスの欠片)を使用したサラもまた調停者に近い存在だったことが語られている。なお、調停者になるにはラヴォスの一部である「凍てついた炎」と接触し、本体であるラヴォスとのリンクが行えることが条件となっている。


サラのペンダント

The Other Side (of her)

グランドリオン(になる前の「赤きナイフ」)や魔神器と同じく、これもドリストーンを用いて創られたものである(アルティマニアより)。キッドの身に危険が迫ると時間を巻き戻し、安全な場所へと移動させる。このため怪我を負っても完治しており、キッドもなにがあったのかは覚えていない。ただし、「気がついたら知らない場所にいてケガが治っている」など何かが起きたという自覚はある模様。前述の通り、このペンダントはサラがキッドを誕生させた際に託した物である。アルティマニアによれば、サラの手から離れた後、13000年もの間他者の手を渡り歩き、ガルディア王国の秘宝となったという。前述の通り、「トリガー」の終了時点ではマールの所有物となっており、クロノ達が死なない限り彼らの所有物であり続ける為、仮に彼らが生きている次元が存在した場合、その世界ではサラの手からキッドに託す事はできなくなる。この為、「クロス」の物語とクロノ達の死は不可分であり、サラの手からキッドにペンダントが託され世界が救われる為には、クロノ達が死亡している事が絶対条件となる。


プロジェクト・キッド

理の賢者ガッシュは流れ着いたA.D.2300にて時喰いに歴史が滅ぼされることを知る。そこでセルジュをクロノ・クロスの使い手として覚醒させ、時喰いを浄化しサラを解放するための計画を発動。それがプロジェクト・キッドである。


セルジュとの関係

時限の渦を漂っていたサラは、ヒョウ鬼の毒に苦しむセルジュの泣き声に惹かれ、その時代へと干渉。分身たるキッドを送り込んだ。この行為が海で溺れていたセルジュをキッドが助けるというものへと繋がり、二つの世界が生み出されることとなった。ちなみに本来の歴史(トリガーでの歴史)ではエルニド諸島は存在しておらず、当然セルジュもそこにはいない。

ならばなぜセルジュが生まれたのかと言うと、ガッシュによる歴史改変の影響が大きい。セルジュが生まれたからこそサラはキッドを誕生させ、自身の解放へと繋がったのだ。


最期

クロノ・クロス 23周年

分かたれた時は、いま一度ひとつになる。

別れの時がきた……。

おまえはこの旅の記憶を失い、自分の時間に帰るんだ。

今度こそ、自分の生を生きろ。


クロノ・クロスを用いたセルジュによって憎しみと悲しみは癒され、サラたちは時喰いと共に一つの夢へと還元された。最期にサラは、セルジュに向けて「今度こそ、自分の生を生きろ」と言葉を送った。

セルジュと仲間たちは時間を遡り、それぞれあるべき場所へと帰って行く。そして、サラの言葉の通り今度はガッシュの「計画」が関与しない、セルジュだけの本当の物語が始まる。


これはクロノ・クロスを用いて倒した場合の真エンディングだが、通常攻撃で倒した場合は時喰いに逃げられてしまい、後日談が描かれないバッドエンディングとなる。サラが救われるかどうかはセルジュ(プレイヤー)の行動次第となっている。


余談

夢の終わりしとき(捏造)

アルティマニアのインタビューにて、シナリオライターの加藤は、クロノクロスで「サラのその後を描きたかった」とついて語っている。クロスのコンセプトとしては「セルジュとキッド、サラのボーイ・ミーツ・ガール」とのこと。セルジュとキッドの出会いと冒険はサラの解放という形で終わるが、もしかしたら違う次元、違う時代ではもっと違う生き方をしているかもしれない。そんなプレイヤーに対する問い掛けを描くエンディングにしたと述べている。


セルジュもサラも「稀有な才能を持っていたため第三者に利用される」「他者に対する優しさを持っていたため好かれている」「ラヴォスが原因で豹変した親に利用される」など共通点がある。

そんな二人だが辿った結末は対照的でもあった。

関連記事

親記事

クロノトリガー くろのとりがー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 92471

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました