ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要すげー!!

『EDENSZERO』の主人公
機械の住む星・グランベルにおいて、唯一の人間である少年。
人間・機械の区別なく誰とでも友達になる事を信条としている。
整備士の「役職」を付与されていたが、あまり得意ではなかった。

レベッカとの出会いを機に外の世界に飛び出し、
彼女と同じギルド・流星の灯の一員となる。
ファミリーネームのグランベルは、冒険者カード制作の際にレベッカが惑星グランベルから拝借したもの。

第1話ラストのナレーションで「後に大宇宙に名を残す男」と語られているが...


性格すげー!!

世間知らずで天然な面もある為、始めて見る物や出来事には「〇〇すげー!」と歓喜の叫び声を挙げたりするが、仲間を傷つけたり、侮辱したりする輩には激しい憤りを見せる仲間思いの熱血漢。

女性の身体に興味津々という年相応な面も見られる。

ギルドに関しては「家族のようなもの」と考えていた為、そのギャップに驚いていたが、この辺は、前作フェアリーテイルと対照的といえる。


じいちゃんが言ってたんだ

育ての親である魔王ジギーから色々な格言を教わっており、行動の指針としている。

おまえのために涙を流せる友達がいたら、一生大切しなさい。
第1話冒頭でジギーが幼少期のシキに語った言葉。
機械達との戦闘時にはこの言葉の後に「そして、その涙の為に戦え!」と続く。


助けを求める人に力を貸しなさい。それが心と心を繋ぐ始まりの一歩になる
第17話、傭兵集団ローグアウトの戦士・ジンに攫われそうになったラビリアの前でシキが語った言葉。
この言葉を聞いたラビリアは何やら心にズンと来たようだが…



エーテルギアすげー!!

重力をコントロールする事の出来る能力。
「魔械流重拳」を始めとする必殺技の発動が主な使い方だが、
重力のかかる方向を変える事で高速飛行を繰り出したり
相手を宙に浮かせたりなど、応用性も高い。

現時点で固有名称は無いが、第11話でワイズが「ドッスン・ボーイ」と名づけようとしていた。


余談すげー!!

外見及び名前は『モンスターハンターオラージュ』の主人公、シキ・リュウホウそのまんまである(性格はだいぶ違うが)。「RAVEハルFTナツモンスターソウルアキなら次の主人公は『フユ』じゃないのか」と期待していた読者も多かった。

関連項目すげー!!

EDENSZERO スターシステム 魔王
ナツ・ドラグニル:前作FAIRYTAILの主人公。外見や性格に加え、得意技はパンチであることも同じ。さらに、ナツは悪魔、シキは魔王、ダークな要素も似ている。
ハル・グローリー:前々作RAVEの主人公。育ての親(ハルの場合は姉)の教えが行動指針になっていることが似ている。
常盤ソウゴ:「魔王でもある主人公」
如月弦太朗:「宇宙がテーマの作品の主人公」「友情を重んじる点」等、似ているような気がしないでもない
天道総司:育ての親から学んだ格言が行動の指針になっている者同士。

関連記事

親記事

EDENSZERO えでんずぜろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シキ・グランベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35064

コメント