ピクシブ百科事典

ジュア=ム・ダルービ

じゅあむだるーび

ジュア=ム・ダルービとは、『スーパーロボット大戦J』『スーパーロボット大戦OGムーン・デュエラーズ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:松風雅也

人物像

アル=ヴァン・ランクスに尊敬の念を懐き、彼に師事するフューリア聖騎士団の準騎士。
出世欲が強く、直情的かつ自己中心的な性格の持ち主であり、フューリーとして他種族を見下す傾向の強い種族至上主義者であるが、その一方で頭に血が登りやすく、単純な挑発に乗ってしまう等、精神的な未熟さを垣間見せる。
過去にアル=ヴァンと共にアシュアリー・クロイツェルに潜伏し、そこでテストパイロット候補という形でカルヴィナ・クーランジュから戦技指導を受けていたが、内心ではカルヴィナを卑下にしていた(地球側の企業で戦技を学んだ事に関しては、ジュア=ムなどの準騎士が過去の大戦で実戦を経験していなかった事も関係している)。

その後、師であるアル=ヴァンが騎士として失脚すると、その穴を埋める形で騎士に昇格。騎士として深紅のラフトクランズを駆る。しかし、アル=ヴァン失脚の直接的な原因となったカルヴィナ、そして紫雲統夜に対して強い憎悪を向け、彼女達を執拗に追いかけるようになる。

スーパーロボット大戦J

アル=ヴァンを慕っていた反動から精神を崩壊させ、凶暴化。ラースエイレムを使い無抵抗化した敵対勢力を殲滅するなど、騎士に有るまじき戦いを繰り広げる。
しかし、ラースエイレムに頼った戦い方が目立った事もあり、その能力に胡座をかいた感は否めない。
最終的にはガウ・ラ=フューリア内部に侵攻して来た特務分艦隊を迎撃する為、艦内で戦闘を繰り広げるが、力及ばず撃破され、死への恐怖を口走りながら戦死した。

スーパーロボット大戦OGムーン・デュエラーズ

騎士としての初陣でアル=ヴァンが失脚する原因となったカルヴィナと交戦。彼女に追い詰められた際に窮地を脱する為とは言え、皇族の許可無く使用する事が禁じられていたラースエイレムを無意識の内に起動させてしまい、これによって騎士の身分を剥奪された。
その後、カロ=ラン・ヴイの奸計によって諜士へ転身。クストウェル・ブラキウムを新たな乗機としてアル=ヴァンの失脚、そして自身を間接的にとは言え陥れたカルヴィナに対して強い執着心を以って追い詰めるが、最終的に師と仰いでいたアル=ヴァンと剣を交える事になり、そのショックに対してついに発狂。カルヴィナとアル=ヴァンに憎悪を剥き出しにするものの、撃破された。

フューリー至上主義を掲げながらも過去に弟のアドゥ=ムが人工冬眠中の事故で命を落とした事から家族を強く思う一面を覗かせており、彼の出世欲の強さもそこに起因していた。しかし、騎士からの転落は、彼が歪む原因を作るには十分な物であると言える。

関連項目

スーパーロボット大戦J スーパーロボット大戦OGムーン・デュエラーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュア=ム・ダルービ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4853

コメント