ピクシブ百科事典

スカッとLINE

すかっとらいん

スカッとLINEはYouTubeチャンネル。この記事ではサブチャンネル『ひろしの靴下』も掲載する。
目次[非表示]

概要

スカッとLINE

実話(浮気制裁 がメイン)を参考にしてオリジナルストーリーをLINE状に台詞が流れるアニメーション動画にして投稿しているYouTubeチャンネル。表現力とリアル感を出す目的で2人以上の声優が一つの動画に出演している。当初は動画によって主人公は違ったが、現在はスターシステム型で看板キャラクター『ひろし』が毎回、主人公を務めており、あの手この手で彼を陥れ入れようとする悪役達との戦いをコミカルに描いている。視聴者からキ●ガイと言われる程の常軌を逸した性格をした浮気(連続殺人犯含む)が登場している。基本的に一話完結型だが、メタフィクションの要素が存在しており、別の動画の事をひろしが言う事もある。その場合はひろし自身の虚憶(早い話が、そのキャラクターがスターシステム等で別の作品に登場した時の記憶)と言っても良いだろう。

ひろしの靴下

スカッとLINEの看板キャラクター『ひろし』と彼の親友である『テンマ』と『ムサシ』を主人公に雑学を題材としたギャグ動画を配信している公式サブチャンネル。

登場人物

ひろし
主人公。フルネームは『大平洋(おおひらひろし)』。名前の元ネタは埼玉県在住の某サラリーマンで彼同様に足が非常に臭い。普通のサラリーマンという設定だが、『スカッとLINE』では動画によって職業は違い、ある時は大企業の社長だったり、ある時は外国でクーデターに巻き込まれ数週間も日本に帰れなくなったりする事がある。『ひろしの靴下』では会社をクビになってテンマの紹介で様々な職業に就職している。不幸体質で特に女運が非常に悪い「離婚の神」であり、離婚が多すぎるので結婚詐欺の疑いを掛けられた事もある。結婚詐欺師として冤罪で収監された際の囚人番号は×6。女運は悪いが、友人には恵まれている。あと年配の女性にやたらとモテる。決め台詞は「ちょっとなに言っているか分からない」。テンマとムサシとは高校時代からの親友である。
某国民的長寿アニメに出てくる一家のような暖かい家庭を築くという夢を持っているが、その為にもまずは絶対に浮気しない奥さんを見つける事を当面の目的にしている。とはいえ彼自身も無類の女好きであり、合コンやナンパに余念がなく割とモテる方なのだが、派手で軽めの女性を好んで付き合う傾向にあるためすぐに浮気されてしまうという悪循環に陥っている。
スカッとLINE』では、家族構成も話によって違う。ひろしが浮気されないで良縁に恵まれるエピソードもあったりする。
また、最近では浮気被害よりも陰キャ扱いされて同級生にいじめられたり(参照動画1)アレルギー持ちの子供が担任にアレルゲンを食べる事を強要される話(参照動画3)が多い。

ムサシ
フルネームは『宮本武蔵』。左眼の下に傷がある強面と筋骨隆々とした体躯をした偉丈夫。日本一の剣豪になる事を目指して日々修行に邁進しており、剣術を始めとした格闘技を得意とする肉体派で、ひろし曰く「喧嘩なら最強」。日本刀を所持しており、何でも真っ二つにできる腕前の持ち主(必殺の一撃を放つ際の掛け声は「卍解)だが、銃刀法違反で逮捕された事もある。漢気あふれるハードボイルドであり、の生き方に感銘を受けており、武士道を重んじる。学生時代は名うての不良だった。根は優しく女子力が高い。どうもひろしに友情以上の好意を持っている(単なる天然ボケ、自分の言ってることがどういう意味を持っているのか分かっていないだけなのかもしれないが)ような描写が散見される。

テンマ
フルネームは『財前天舞』。並外れた財力と権力を誇る財前一族の御曹司で派手な容姿をしたイケメン。友人想いで優しい性格。当初は無職でお菓子ばかり食べていてお腹が出ていたが、後述の金子大地とのボクシング対決のためにムサシの指導の下でトレーニングと減量に打ち込んた結果、スマートな体形になった。その後は好奇心からひろしと武蔵を巻き込んで様々な職業に挑戦するようになり、現在では様々な事業を立ち上げて青年事業家として世間から注目されるようになった。実は改名している

金子大地
財前一族のライバルである金子一族の御曹司。ボクシング世界チャンピオン。青い短髪と筋肉質な体躯をしたチャラ男。無類の女好きで傲慢な性格をしているが、清掃員のおっちゃんとゴルフに行ったり、会社に清掃員として潜入したムサシに気さくに接する等といった敵と見做した人間以外には寛容なタイプな様である。
初登場時にはダイエット食品である「痩せ汁」をヒットさせて巨万の富を稼いでいたが、テンマとのボクシング対決で敗れた後にダイエット効果がないことがバレてしまい大量の返品の山を抱える事となり、破産して地下帝国送りとなった。
その後、ひろしの足の激臭をヒントに体臭予防薬「アシクサ」を開発して、大ヒットさせて富豪に返り咲くなど、新しい事業のアイデアを思いつく事にかけては優れている。


ヒロイン。ひろしが主人公になって以来、久しぶりに登場した新主人公。当初はショートヘアにした黒髪の女性で『小日向凛』という名前だった。『小日向凛』が主役をしている動画にはひろしが登場する場合は喋らない。決め台詞はひろし同様に「ちょっとなに言っているか分からない」。モナ・リザの戯言で有名な有村蓮氏が担当している。この動画以降は『相澤凛』というピンク髪で顔付きも違うキャラクターになっている。『相澤凛』の特徴は元ヤンで『スカッと連合』という日本最大のレディースの総長だったという過去を持っている事である。
この動画ではひろしとは夫婦関係になっており、大輔というひろしによく似た息子がいる。

吉田ヨシヤ
現時点ではこの動画のみにしか登場していない。
ただし、高校時代にはひろしに恐喝や暴行を繰り返した挙句ひろし宅の前で仲間を連れてたむろし、抜け出そうとするひろしのスマホを破壊し当時の彼女だったアリサ(病気で先が長くない)との連絡手段を断ってしまった挙句、8年後に社会人になったひろしの先輩になった後もパワハラを繰り返したり、横領の罪をひろしに押し付けようとしたり、証拠隠滅の為に職場のパソコンにウイルスを仕掛け使用不可にする等の数多くの悪行を働いている為に一話限りの登場にもかかわらず本チャンネル一のヒール役と言われている。
最終的にはひろしが集めていた横領の証拠を元に刑事告訴され、刑務所に送られた

ブン太
スカッとLINEで登場するキャラクター。ひろしの友人であり、主に会社の同僚役が多い。
茶髪のマッシュルームカットでクリクリ目。子供並みの身長をしているが、れっきとした成人男性であり、べらんめぇ口調で話す。趣味はキャバクラ通い。
ムサシやテンマのような親友ではなく、ひろしとは気の合う飲み友達レベルの関係にある。
既婚者であるが、話によっては彼も奥さんから浮気されてひろしと共闘したりする。

関連タグ

YouTube 

外部リンク

スカッとLINE
ひろしの靴下
ひろしのツイッター

関連記事

親記事

YouTube ゆーちゅーぶ

兄弟記事

コメント