ピクシブ百科事典

ソル・ゾス・ガルヴァス

がれまーるしょだいこうてい

ソル・ゾス・ガルヴァスとは、ファイナルファンタジー14に登場するNPCである。
目次[非表示]

概要

ガレマール帝国の初代皇帝。
二代目皇帝ヴァリス・ゾス・ガルヴァスは彼の孫にあたる。
第七星暦に入り、崩御したと思われたが……




関連タグ

ファイナルファンタジー14 ファイナルファンタジー14:新生エオルゼア ガレマール帝国 紅蓮のリベレーター








4.4「狂乱の前奏曲」のネタバレ

















「殺せよ、戦争でもなんでも使って。
 ……そのために大きくした国だぞ?」

「この私……初代皇帝「ソル」がな。」

ソルの動きぃ……理解したか?


何と若い姿で登場し、その正体がアシエンであることが判明。
この時、ガレマール帝国そのものがアシエンの本懐を遂げる為に打った布石の一つである事が、彼の口から明かされた(同時に、アラグ帝国とも何らかの繋がりを持っていた事が示唆されている)。
本人曰く「ラハブレアの爺さんが死んだから呼び出された」らしく、どうやら崩御は役目を演じきった後に眠りにつくための名目に過ぎなかったらしい。突如の「崩御」を受けた帝国領は、二大勢力を中心とした皇位継承を巡っての内乱に巻き込まれる事になったが、それも彼の織り込み済みだったようだ。

「孫」のヴァリスからは「化物」と呼ばれるほど嫌われている。

実は現在の肉体は量産されたものであり、若き日のソル帝の容貌をしている点については、跡を継いだヴァリス帝がアラグ帝国時代の生体複製技術を試す際に、国父であり祖父であるソル帝を実験体に選んだためである。

























漆黒のヴィランズ」のネタバレ















第一世界へと渡った光の戦士たちの前に現れ、自身をオリジナルのアシエンの1人、「アシエン・エメトセルク」と明かした上で接触する。その様子は、光の戦士の行く末を見定めているようにも取れるが……?

関連記事

親記事

ガレマール帝国 がれまーるていこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソル・ゾス・ガルヴァス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11393

コメント